iPhoneの着信履歴をすぐ復元できる方法

編集者:桃沢 詩帆, 2014.11.18 月曜日

時々忘れられがちですが、着信履歴もiPhoneの中の大切なデータ。重要な通話相手とのやりとり、それとも登録し忘れた番号などの記録が、全て着信履歴に記録されています。連絡の記録を遡るのに一番分かりやすく簡単な手段です。もし着信履歴・トーク履歴が何らかの原因で消えたら、どうしても復元して取り戻したいデータも数々あります。

手動で削除した通話履歴も、iPhoneのトラブルで消えた着信履歴も、復元ソフト「FonePaw iPhoneデータ復元」を使えば復元できます。強力な復元機能と簡単な操作ですぐさま復元できます。プレビュー機能が備えているため、復元前に履歴を確認することもできます。ぜひ無料の体験版で試してみてください。


iPhoneの発着信履歴を簡単に復活する手順

モード1:iPhoneからすぐに通話履歴を復元
モード2:iTunesのバックアップからすぐに通話履歴を復元
モード3:iCloudのバックアップからすぐに通話履歴を復元

Windows Version DownloadMac Version Download

モード1:iPhoneからすぐに通話履歴を復元


ステップ1.「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動し、iPhoneをパソコンと接続しましょう。上一番の「iOSデバイスから復元」を選択した後、スキャンを開始してください。

iPhoneを接続

ステップ2.そしたら「FonePaw iPhoneデータ復元」は自動的に復元できる着信履歴を検出して、プレビュー画面で表示します。復元したい履歴を選択して、復元ボタンを押してください。

iPhoneの着信履歴を復元

モード2:iTunesのバックアップからすぐに通話履歴を復元


ステップ1.「iTunesバックアップファイルからリカバリー」を選択してください。「FonePaw iPhoneデータ復元」は自動的に読み取れるiTunesバックアップデータを検出します。復元に使いたいバックアップデータを選択して、「スキャン開始」ボタンでスキャンを始めます。

iTunesから発着信履歴を復元

ステップ2.そしてモード1と同様に、プレビュー画面で復元したい通話履歴を選択し、「復元」ボタンで復元を始めます。

iPhoneの発着信履歴を復活

モード3:iCloudのバックアップからすぐに通話履歴を復元


ステップ1.「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を押せば、アップルIDとパスワードの入力画面が出ます。IDとパスワードを書き入れてください。

iCloudから復元

ステップ2.入力が終わったら、ダウンロードできるバックアップが検出されます。復元に使いたいバックアップファイルをDLし、スキャンさせましょう。

iCloudバックアップを保存

ステップ3.スキャンで出てきたトーク履歴を選択し、復元しましょう。復元したいものだけを復元するのも可能です。

iCloudからアイフォン通話履歴を復元

FonePaw iPhoneデータ復元」を使えば、バックアップファイルの中身を確認することもできます。バックアップに不安がある時にもぜひ活用してください。


Windows Version DownloadMac Version Download