オンラインツール

油断した一瞬でスマホを紛失したり、泥棒に盗まれたりすることがあります。それは金銭的な損害だけでなく、携帯内に保存されたクレジットカード情報や連絡先、または写真などの個人情報が漏洩する可能性もありますので、スマホを失った場合は心配で心配でたまらないでしょう。

実は、ほとんどのAndroidスマホにGPS機能が搭載されています。それがあれば、対応のGPS追跡アプリを利用して失ったスマホを探すことが可能になります。ここでよく使われるGPS追跡アプリをいくつか紹介します。

・GPSでAndroidスマホを追跡する条件
「端末を探す」を設定してAndroidスマホを追跡するには
・サードパーティ製のAndroid追跡アプリおすすめ
1. 電話発見
2. AirDroid
3. ファミリートラッカー
4. Lookout

Google会社が「端末を探す」というサービスを提供します。その機能を利用してGPSを使ってAndroidスマホの現在地を確認できるほか、スマホの音を鳴らし、捜索を助けることやスマホに発信して拾った人と話すこともできます。たとえ万が一、以上の手段でスマホが見つからなかったとしても、スマホのデータを遠隔で削除するという手もあります。

Google 端末を探す

おすすめ記事:
Xperiaのデータバックアップする三つの方法
簡単にSDカードのデータを復元するソフト

GPSでAndroidスマホを追跡する条件


この「端末を探す」アプリを利用するには、いくつの条件があります。

1.先ずは、紛失したスマホの電源が入れっていることが前提です。そうでなければ、スマホの位置を捜索できません。
2.スマホがモバイル回線やWiFiにアクセスしていることも一つの条件です。
3. 「端末を探す」を利用して紛失したスマホの位置を表示するために、手元にもう一つのスマホ或いはパソコンが必要です。

以上の3つの条件を同時に満たしたら、「端末を探す」機能を利用できます。下記の具体的な方法をご覧下さい。

「端末を探す」を設定してAndroidスマホを追跡するには


1.Googleアカウントをスマホに登録します

端末を探す」アプリはGoogleが提供しているサービスなので、Googleアカウントが必要です。だから、Googleアカウントを新規作成しておきましょう。Androidスマホで「設定」で、Googleアカウントを作成できます。機種によってタップ順が違いますが、エクスペリアの場合、>「Google」>「アカウント」でアカウントを追加可能です。新しいGoogleアカウントを作成、または設定したメールアドレスとパスワードを入力することでGoogleアカウントをスマホに追加します。

Googleアカウント スマホ 追加

2.「端末を探す」アプリをインストールします。

その後、Google Play Storeから「端末を探す」(「Find My Device」)アプリをスマホにインストールします。

Google 端末を探す インストール

3.位置情報をオンにします。

インストールが完了したら、スマホの画面から上から下にスワイプして、メニューから「現在地」をオンにします。あるいは「設定」アプリを開き、「位置情報」に関連する設定で横にあるスイッチをオンにします。

Google 端末を探す 位置情報

次に、「設定」>「Google」>「位置情報」の順にタップし、「位置情報」の画面で「ON」のスイッチを右にスライドします。こういう場合、下部の「最近の位置情報要求」のセクションに「端末を探す」という項目が表示されていることを確認してください。

Google 端末を探す 位置情報 オン

4.セキュリティで「端末を探す」を許可する

最後に、「Google」の画面に戻って「セキュリティ」>「端末を探す」で「ON」のスイッチを右にスライドすれば、「端末を探す」機能が利用可能になります。他のスマホを利用して紛失したスマホを追跡して探しましょう。そのスマホで「端末を探す」アプリをインストールして上記の手順で設定します。

Google 端末を探す セキュリティー 設定

紛失したスマホのGoogleアカウントでこのスマホにログインし、「許可」または「承認」をタップして位置情報の要求を許可した後、利用規約を閲覧して「同意する」をタップします。こうすると、紛失したスマホの現在地はスマホマークが付いている緑の丸で画面に表示されます。矢印が付いている青い円のマークはあなたの現在地です。これらの情報を利用して紛失したスマホを探すことができます。

Google 端末を探す 位置情報 地図

そのほか、地図の下にいくつかの項目があります。「音を鳴らす」をタップすると、紛失したスマホの警報音を鳴らして盗難を防止することができます。「ロック」を選択してスマホを拾った人にメッセージを発信することも可能です。もしスマホが見つからない場合、個人情報を保護するために、「データを消去」を選択して紛失したスマホのデータを遠隔で削除することができます。

Google 端末を探す 音を鳴らす ロック データを消去

たとえ他のスマホがなくても、パソコンがあれば、「端末を探す」を使って紛失したスマホを追跡することも可能です。

ブラウザで「端末を探す– Google」の公式サイトにアクセスしてください。次は「Googleアカウントの入力」>「紛失したスマホのGoogleアカウントとパスワードを入力」の順にクリックすることで紛失したスマホの現在地を表示します。もし現在地が表示できない場合、前述の三つの条件を同時に満たしていないことが原因かもしれません。

端末を探す」アプリはよく使われるGPS追跡アプリですが、このようなアプリはほかにもたくさんあります。

サードパーティ製のAndroid追跡アプリおすすめ


1. 電話発見


電話発見」(「Find My Lost Phone」)を使って紛失したAndroidスマホの現在地を地図に表示できるほか、スマホの置いてあった時間も確認できます。このアプリであなたの携帯が何時間前からあそこに置いていることが確認できるので、誰かに自分のスマホを盗まれたことが大体推測できるかもしれません。

電話発見 アプリ

2. AirDroid


AirDroid」アプリを利用して紛失したスマホの現在地をGPSで追跡してパソコン画面に表示することができます。「端末を探す」アプリと同じ、「音を鳴らす」、「ロック」または「データを消去」機能を搭載しています。そのほか、「AirDroid」を使ってスマホ内のファイルを遠隔で閲覧或いは移動することができます。スマホのカメラを遠隔操作できるので、泥棒の顔をこっそり撮ることもできます。泥棒の写真を警察に提供すると、泥棒を捉えやすくなるでしょう。
   

AirDroid アプリ

3. ファミリートラッカー


ファミリートラッカーはユーザー間に位置情報を共有できます。たとえ電話やメールが届かない場合も利用できます。なかなか便利です。

4. Lookout


Lookout」の正体はセキュリティアプリなので、紛失したスマホをGPSで追跡して音を鳴らすことができるほか、ウィルスからスマホを保護することもできます。それ以外、「Lookout」でスマホ内の写真や連絡先などの大切なファイルを事前にバックアップすることも可能です。

Lookout アプリ

GPS追跡アプリはたくさんありますが、それぞれの特性によって適切なアプリを選択してください。大部のGPS追跡アプリはスマホやパソコンから紛失した携帯の現在地を地図で表示できます。「電話発見」の場合は場所だけではなく携帯の置いてあった時間も確認できますが、英語のアプリなので、英語が苦手な人にとっては使いにくいと感じるだろう。「ファミリートラッカー」は電話やメールが届かない時も利用できますが、紛失したスマホの場所を表示するではなく、アプリをインストールしたユーザー間に現在地を共有します。その結果、相手の警戒心を引き起こすかもしれません。「Lookout」はセキュリティアプリです。ファイルをバックアップしたり、ウィルスを検出したり、スマホをGPSで追跡して探したりすることができるので、とても便利です。ただし、データを遠隔で消去する機能は搭載されていないようです。

スマホGPS追跡アプリの特性の面から考えて選択しましょう。もちろん、スマホGPS追跡機能を悪用するのはダメです。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾