X
年始年末セール

AppleのiCloudアクティベーションロックはとても役に立つもので、iOSデバイスがなくなったとき、他人がこのデバイスを使えないので、個人的なプライバシーがきちんと保護されます。


iOSデバイスが盗まれると、持ち主は「iPhoneを探す」という機能によって、自分のApple IDアカウントでiPhone /iPad/iPodをロックすることができます。そうすると、他の人がそのデバイスを使おうとすると、必ず元のApple IDとパスワードを入力しなければなりません。


しかし、運が悪くて、ネットやフリーマーケットで購入したデバイスが使えない場合もあります。もし、そういう目に遭ったら、これから紹介するいくつのiCioudアクティベーションロックを回避する方法が、必ず役に立つと思います。もちろん、デバイスを返したいなら、この方法を従って元の持ち主に連絡を取るのもできます。

iPhoneアクティベーションロック


    モード1.素早くiCloud アクティベーションロックを回避する


マーケットで購入したiPhoneがApple IDとパスワードでアクティベートする必要とするなら、それは贓物かもしれません。残念ながら、デバイスの状態は手に入らないとわかりませんが、以下の手順を従って、iCloudアクティベーションロックを回避することができます。


注意:

この方法はただ一時的にiCloudアクティベーションロックを回避して、iOSデバイスの操作を使えるようになるだけです。
 また、この方法はiOS8からiOS9.2までに使えますが、他のiOSシステムにも試すことができます。


ステップ1.ホームボタンをタップし、「Wi-Fi 設定」を選択します。そして、もう接続したWi-Fi の右側にある「i」ボタンをタップします。


ステップ2.詳細画面に入ってから、現在のDNSを変更し、地域によって、新たなDNSを入力します。
アメリカのユーザー、新たなDNSは 104.154.51.7
ヨーロッパのユーザー、新たなDNSは 104.155.28.90
アジアのユーザー、新たなDNSは104.155.220.58
ほかの地域のユーザー、新たなDNSは78.109.17.60


ステップ3.正しいDNSを入力したあと、「アクティベーション ヘルプ」をタップします。

DNSを変更


上記の操作が成功すると、閑連成功というメールが届きます。つまり、このデバイスはもうアクティベートされましたから、設定機能はもちろん、ほどんとの機能も使えるようになります。


    モード2.長期的にiCloudアクティベーションロックを回避する方法


注意しなければならないのは、上記のは臨時の解決方法しかないので、iOSデバイスを元の持ち主に返したい場合は、これからのステップをスキップしてください。しかし、デバイスを使っていきたい場合は、以下のステップをやったほうがいいと思います。この方法は、長期的にアクティベーションロックを回避できます。


ステップ1.「メニュー」→「アプリケーション」→「クラッシュ」をタップしますと、デバイスが再起動になります。


ステップ2.デバイスが再起動した後、言語と地域を選択します。それから、ホームボタンをタップし、「Wi-Fi設定」をタップします。


ステップ3.先と同じ、接続したWi-Fiの右側の「i]ボタンをタップします。次の画面に「HTTP プロキシ」の詳細画面を見つけます。

HTTP プロキシ


ステップ4.アドレスを消してから、キーボードで地球儀のアイコンをタップします。「ポート」の詳細画面に15から30まで、好きな数字を入力してから、「b」へ入ります。そして、「戻る」をタップして、「次へ」を選択します。


ステップ5.それから、ロック画面と言語選択は何度も現れます。ホーム画面が現れるまでロックの解けと言語の選択を繰り返します。

言語の選択を繰り返し


終わったら、iOSデバイス上での機能がたいてい使えます。しかし、「Newsstand 」「Face Time」などのアプリを利用しようとすると、全部やり直しなければなりません。だから、iCloudアクティベーションロックを回避したでも、デバイスを通常に使えるというわけではないです。


もしiCloudアクティベーションロックを解除したいなら、ネットでたくさん解除方法がありますので、好きなやり方を選んで試してください。

モード3.お勧めできるiCloudアクティベーション バイパスツール三つ


1 iCloud generator

このツールはiCloudバイパスツールの中で一番使われているツールです。iCloudアクティベーショバイパス、iCloudアカウントの削除、さらにiCloudロックの強制解除に有効です。

iCloud generator

良いところ
・機能が整備されて、いろんな状況で使えます
・ユーザー満足度が高い
・ほぼ全てのiOSデバイスに対応します

悪いところ
・一部ダウンロードスピードについてのクレームがあります
・実際使用した人のほとんどが満足しているが、全体評価は3.5と比較的に低いです

サポートデバイス
・iPhone 6S Plus, iPhone 6, iPhone 6 and iPhone 6, iPhone 5, iPhone 5C, iPhone 5, iPhone 4S, iPhone 4, iPad Air, iPad Mini, iPad 4/3, iPad 2

対応iOSバージョン
・iOS 9.0 iOS 8.1, iOS 8.0.2 / 1, iOS 8 iOS 7.1.1, iOS 7.1, iOS 7.0.6, iOS 7.0.5

ダウンロードURL:http://icloud-generator.software.informer.com/3.1/


2 iCloudin
 
これはもう一つのiCloudバイパスツールで、iCloudのロック解除にとても便利です。このツールは全てのアップルデバイスに対応でき、使いやすい上で100%無料です。使った人たちがこのツールの効果を証明できます。さらにウェブサイトにあるチュートリアルを従っば使い方を簡単に把握できます。

iCloudin

良いところ
・無料で使えます
・使い方が簡単です
・チュートリアルがあなたを初めからプロセスが終わるまでガイドします
・ほとんどのiOSデバイスで使えます

悪いところ
・ウェブサイトツールは少し複雑な為、もし問題が起きた場合、解決法を探すには時間が掛かるかもしれません。
・但し、このツールは使った人々によって分類されるので、明確な正式分類はないです。

サポートデバイス
・iPhone 6s Plus, iPhone 6s, iPhone 6 and iPhone 6, iPhone 5, iPhone 5C, iPhone 5, iPhone 4S, iPhone 4, iPad Air, iPad Mini, iPad 4/3, iPad 2

対応iOSバージョン
・iOS 9.0 iOS 8.1, iOS 8.0.2 / 1, iOS 8 iOS 7.1.1, iOS 7.1, iOS 7.0.6, iOS 7.0.5

ダウンロードURL:https://idevice.me/icloudin-1-0-free-software/


3 iCloud easy tool release
Open my iCloud - iCloudロック解除ツールは広く使われており、iCloudのアクティベーションロック解除と予防に有効です。使いやすく、動作も軽いですし、有効に使えるため、使い方が分かるようにチュートリアルも付いています。

iCloud easy tool release

良いところ
・10分内でiCloudをアンロック、あるいはバイパスできます
・全てのiOSとiOSデバイスに対応します
・IMEIコードで携帯からiPhoneをアンロックすることが可能

悪いところ
・Windowsでしかダウンロードできません

サポートデバイス
・iPhone 6S Plus, iPhone 6, iPhone 6 and iPhone 6, iPhone 5, iPhone 5C, iPhone 5, iPhone 4S, iPhone 4, iPad Air, iPad Mini, iPad 4/3, iPad 2

対応iOSバージョン
・iOS 9.0 iOS 8.1, iOS 8.0.2 / 1, iOS 8 iOS 7.1.1, iOS 7.1, iOS 7.0.6, iOS 7.0.5

ダウンロードURL:https://appleiphoneios.blogspot.it/2015/07/open-my-icloud-easy-unlck-tool.html

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   73   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾