X
年始年末セール

・あなたのiPhone 7/6s/6/5が使用できない理由はたくさんあります。 ほとんどの場合、この3つの状況が一般的です。
・iPhoneのパスコードを忘れて、間違ったパスコードを6回以上入力しました。 あなたはわからないかもしれませんが、間違ったパスコードを連続6回入力すると、iPhoneが使用できなくなります。
・iPhoneは子供に預けられ、子供にロック画面のボタンをランダムに押されました。この場合も、iPhoneやiPadで「iPhone(iPad)は使用できません、iTunesに接続してください」と表示します。
・友人や家族は認めないないかもしれませんが、あなたのiPhoneロック解除を試して間違えたパスコードを何回も入力したかもしれません。

iPhoneを使用できません

どのような状況にあっても、あなたはきっと使用できないiPhoneを復元する方法が欲しいでしょう。 使用できないiPhoneのロックを解除する方法の一つは、最後同期したコンピューターを使ってiPhoneを復元することです。 これによりパスコードのリセット、バックアップからデータの復元などができます。 デバイスと同期されたことのないコンピューターで復元すると、パスコードが削除され、デバイスのロックを解除できますが、iPhoneの全てのデータを無くしてしまいます。 したがって、定期的にiPhoneをバックアップしたほうがいいというのは、これが原因なのです。
 
ここには四つ、使用不能iPhoneを復元する方法があります。あなたの状況に適切な方法を選んでください。
 
解決案1:iPhone は以前Mac/PCと同期したことがある場合
解決案2:iPhoneは以前iCloudでバックアップしたことがあり、iPhoneを探す機能が有効になっている場合
解決案3:iPhoneは同期、バックアップしたことがない場合
解決案4:iOSシステム修復で使用できないiPhoneを復元します

解決案1:iPhone は以前Mac/PCと同期したことがある場合


以前、MacまたはWindowsパソコンでiPhone SE/6s/6/5sとiTunesを同期させたことがある場合、パスコードを入力せずにiPhoneを同じパソコンに接続してバックアップすることができます。バックアップ後、iPhoneのロックを解除するためにiPhoneを復元すればいいです。 詳細は下記となります。

ステップ1.デバイスをパソコン(以前デバイスを同期させたことあるもの)に接続し、iTunesを開きます。

ステップ2.iPhoneのアイコンをクリックし、左側の「概要」を選びます。

ステップ3.「iPhoneを復元」をクリックします。 画面の指示に従って、復元を完成させましょう。

iPhoneを復元

ステップ4.復元を選択した後、デバイスのデータ内容は消され、新しいデバイスとして復元されます。あとはiOS設定アシスタントからiPhoneのセットアップを聞いてきたら、「iTunesのバックアップから復元」を選択しましょう。iTunesでデバイスを選択し、あなたのiPhoneの最近のバックアップを選択するだけです。

iTunesのバックアップから復元

解決案2:iPhoneは以前iCloudでバックアップしされたことがあり、iPhoneを探す機能が有効になっている場合


iPhoneの「iPhoneを探す」が有効になっている場合は、「リモートワイプ(遠隔消去)」を使用してデバイスの内容とパスコードを消去できます。それから、またiPhoneを最新のiCloudバックアップに復元すればいいです。

ステップ1.Apple IDとパスコード(覚えていないiPhoneのパスコードではなく、iCloudサインインで使用しているパスコード)を使用してicloud.comにアクセスします。

ステップ2.ブラウザ画面の上部にある「iPhoneを探す」をクリックし、「全てのデバイス」をクリックします。そして、消去したいデバイスを選択します。

ステップ3.「iPhoneの消去」をクリックし、デバイスとそのパスコードを遠隔消去します。

iPhoneの消去

ステップ4.iPhoneのiOS設定アシスタントがiPhoneのセットアップについて聞いてきたら、「iCloudのバックアップから復元」または「iTunesのバックアップから復元」を選択します。

注意:もしあなたは使用できないiPhone 6/6s/7からデータを復元したいのなら、 iPhoneデータ復元を使用して、iCloud / iTunesのバックアップから削除したデータと既存のファイルを取り戻すことができます。

解決案3:iPhoneは同期、バックアップしたことがない場合


あなたのデバイスはiTunesと同期させたことがない、または「iPhoneを探す」の設定もしたことがない場合、唯一の選択肢はiPhoneを新品と同じように復元することです。しかしそうすると、あなたはiPhoneの全てのデータを失えます。

注意:iPhoneをiTunesと同期させたことがない場合、デバイスをiTunesにコネクトしたら、「パスコードが適用された為、iTunesはデバイスに接続できません。パスコードを入力してからiTunesに接続してください」というエラーが表示されます。その為、この場合ではiTunesで直接iPhoneを復元することができません。然しながら、まだ方法があります: iPhoneをリカバリーモードに入れます。下記の手順に従ってください。

ステップ1、 iPhoneは何にも接続していないことを確認してから、「スライドで電源オフ」の画面が表示されるまで電源ボタンを長押しします。そしてiPhoneをオフにしてください。

ステップ2、USBケーブルをiPhoneに繋ぎます。ただし、まだパソコンに接続させないでください。次に、iTunesを起動します。

ステップ3、ホームボタンを長押ししながら、デバイスをパソコンに接続します。(iTunesが開いている状態で)

ステップ4、「iTunesに接続」の画面が表示されるまで、ホームボタンを長押しします。
   iTunesに接続

ステップ5、復元またはアップデートのオプションが表示されたら、復元を選択します。

解決案4:iOSシステム修復で使用できないiPhoneを修復します


上記の方法が適用できない場合、iPhone / iPadのエラーに安全に対処できるiOSシステム修復をお試しください。

注意:この方法はデバイスのコンテンツを消去する可能性があるため、データを必要としない人のみに適用します。従って、使うか使わないかあなた次第です。

1.PCにiOSシステムをダウンロードします
下記のボタンをクリックし、ソフトをパソコンにダウンロードします。それから「iOSシステム修復」のインターフェースに行きます。
Windows Version DownloadMac Version Download

2.iPhone / iPadを検出します
デバイスをPCに接続したら、プログラムはデバイスを簡単に検出できます。そして、「高級モード」をクリックし、使用できないiPhoneを修復しましょう。

iPhone / iPadを検出

3.デバイスをDFUモードにします
この方法を使い始めるには、iPhoneをDFUモードにする必要があります。その後、プログラムは引き続き修復を進めます。

デバイスをDFUモードに

4.デバイスの情報を選択します
検出後、プログラムはあなたのデバイス情報を表示します。その詳細は正しいかどうかを再度確認してください。 間違った情報が表示されたら、手動で選択してください。

デバイスをDFUモードに

TIP:「デバイスモデル」の横にあるハテナマークをクリックすると、モデル詳細を確認するガイドがあります。


5.iPhoneを正常な状態に戻します
このステップでは、携帯をパソコンに接続したままにしておく必要があります。画面に修復のプロセスも表示されます。「修復完了」が表示されたら、iOSデバイスは正常に使用できるように戻ります。

iPhoneを正常な状態に

TIP:デバイスにiCloudのアクティベーションロックが設定されている場合は、このガイドでは対処できません。その時はiCloudのアクティベーションロックを回避する方法を参考してください。

iPhoneは使用できるようになりました!
こうして、iPhoneのロックが解除されました。しかし、iPhoneのパスコードを忘れた後に、iPhoneが使用できないようにしたくないなら、次のいくつ方法をお勧めします。(1)次回適切な解決案が分かるように、この文章をブックマークすること(2) 代わりにiPhone SE/6s/6/5sの指紋を使うTouch IDを使うこと、または(3)iTunesまたはiCloudでiPhoneのバックアップを取ることです。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   55   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾