X
年始年末セール

スマホの使用に伴い、スマホ本体のストレージ容量が足りなくなる可能性があります。その結果、アプリの動作がカクカクして、メールの受信もできなくなります。その状況を解決するために、スマホ本体の内部ストレージから写真や動画などのデータをSDカードに移動することは一つの方法です。

スマホの内部ストレージからデータをSDカードに移動したい時、スマホに搭載される設定機能を利用してください。

アンドロイド設定でデータを本体からSDカードに移動


ステップ1.Androidスマホのホーム画面で「設定」アイコンをタップして表示された項目の中に「ストレージ」をタップします。

設定 ストレージ

ステップ2.「ストレージ」の画面で「SDカードへデータ転送」を選択します。
こうやって、スマホは自動的に本体のストレージに保存されている画像、動画、音楽の各々の項目数と占有している容量を計算して画面で表示します。SDカード上の空き容量も同時に表示されます。

SDカードへデータ転送

ステップ3. SDカードで十分な空き容量があることを確認してください。その後、画像、動画、音楽三種類のデータから転送したいタイプのチェックを入れ、「転送」をタップします。転送が完了するまでお待ちください。

計算中チェックを入れる

ステップ4.転送が完了したら、「SDカードへデータ転送」を再びタップすると、現在スマホ本体のデータ容量が計算されます。結果から見ると、先ほどチェックを入れた項目がほとんど内部ストレージに残らなくなり、SDカードの空き容量も減りました。

空き容量

注意:スマホ本体がいつも十分な容量を持つことを確保するために、データをSDカードに転送する必要があるかどうかを時々確認してください。

ファイル管理アプリを利用してデータをSDカードに移動


上記の方法はAndroid 5.0以降のバージョンで使いできますが、Android4.4以前のバージョンはSDカードへの書き込み制限があるので、その方法を使用できません。こういう場合、「File Commander」、「StorageAgent」、「ESファイルエクスプローラー」などのアプリを使用してSDカードへの書き込み制限を回避することができます。

下記は「File Commander(ファイルコマンダー)」を使用してデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動する手順を紹介します。

ステップ1. 無料でスマホに「File Commander」アプリをダウンロードして、アプリを開きます。
ステップ2. 「内部ストレージ」と「SDカード」がホーム画面で表示されます。「内部ストレージ」という項目を選択します。移動したいファイル或いはフォルダを見つけてそれを長押しして選択し、画面の頂部の切り取り(切り取り)またはコピー(コピー)をタップします。

一般的に、カメラアプリで撮影した画像と動画は「DCIM」フォルダに保存されます。スクリーンショットは「Pictures」 >「 Screenshots」フォルダにあります。ネットからダウンロードした画像は主に「Download」フォルダで見つけることができます。

内部ストレージ画像選択

ステップ3.画面の左上をタップして、メニューから「SDカード」を選択します。ファイル移動先のフォルダを選択し、右上のアイコンをタップしてデータを貼り付けます。こうすれば、移動が完了します。

SDカード貼り付け

データを移動した後、ファイルの保存場所を忘れてファイルを探したい場合、アプリの検索機能を通じてファイルの名前で検索することができます。もし、名前も忘れた場合はアプリホーム画面にある「写真」、「ミュージック」、「ビデオ」、「ダウンロード」四つのタイプのボタンを通じて手動でファイルを探してください。それぞれのボタンをタップすると、保存されている対応フォルダがリストで表示されます。

リスト表示

このアプリを使用してデータを内部ストレージからSDカードに移動できるほか、逆に、データをSDカードからスマホ本体の内部ストレージに移動することも可能です。

ちなみに、Android 5.0以降のスマホの場合、スマホ自体の「設定」機能を利用する以外、「アストロファイルマネージャー」、「Yahoo!ファイルマネージャー」などのアプリを使用することもデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動できます。



アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   13   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾