X

機能制限という機能は、iPhone、iPad、iPod touchで特定のアプリや機能を使えないように制限できるものです。最近、iPhoneを使っている子供が増えていきます。機能制限を利用すれば、課金したり、悪質なサイトにアクセスしたりすることが制限できますので、親・保護者にとって、実用な機能だと思います。


機能制限を有効にするのは簡単です。まず「設定」>「一般」>「機能制限」をタップします。そして「機能制限を設定」をタップし、四桁のパスコードを作成すれば、機能制限を設定できます。一度機能制限を設定した後、内容を変更するもしくは解除するときには、パスコードが必要です。でも、パスコードを忘れた場合もあります。そんなん時、どうすればいいでしょうか。この問題を解決するために、忘れたパスコートをリセットする方法を紹介します。


iPhone機能制限パスワード

    iPhoneの機能制限パスコードをリセットする手順


パスコードを忘れて、リセットしようには、デバイスを初期化するしかありません。そして、初期化したあと、デバイスにあるすべてのデータが消えます。ですから、初期化する前に、iTunesやiCloudでデータをバックアップするように注意ください。


ステップ1.Windows PCまたはMacでiTunesを起動し、USBケーブルでiPhoneを接続します。


ステップ2.iPhoneで「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが出ますと、「信頼」をクリックします。


ステップ3.iTunesでデバイスのアイコンをクリックします。


ステップ4.「概要」というカテゴリで、「iPhoneを復元する」ボタンをクリックします。

「iPhoneを復元する」ボタンをクリック


ステップ5. iPhoneを初期化したあと、新しいデバイスとして機能制限パスコードをリセットします。

「新しいiPhoneとして設定」を選択


注意:iPhoneでようこそ画面が現れる時、「新しいiPhoneとして設定」を選択してください。「iCloudバックアップから復元」「iTunesバックアップから復元」選択する場合、機能制限のパスコードが削除されません。


その他:
万が一、初期化したあと、「互換性がない」などの原因で、バックアップが復元できなくなったとき、「FonePaw iPhoneデータ復元」を利用して、データを復元することもできます。プログラムに「iCloudバックアップから復元」モードと「iTunesバックアップから復元」モードがあります。もしiCloudやiTunesでバックアップしたことがあるなら、ソフトでそこからデータを取り出せます。もしくは事前でデータをPCに保存して、あとで「FonePaw iOS転送」でデータをパソコンからiPhoneに移行するもできます。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   15   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ