X

Appleとユーザーにとって、プライバシー安全はとても重要です。だから、Appleはずっとこの領域での技術を上げています。2 ファクタ認証を搭載するiOS 9の発表に伴って、たとえパスワードが流出したとしても、アカウントをアクセスできる唯一の人はユーザー自身になります。2 ファクタ認証が対応できる状況:


ウェブページでApple IDアカウントにサインインする
iCloud.comまたは新しいデバイスでiCloudをサインインする
iMessage またはFaceTimeにサインインする
新しいデバイスでiTunes、iBooks、或いはApp Storeからアイテムを購入
AppleからApple IDに関連するサポートを得る


しかし、iCloud からデータを復元することなどの場合、iCloudにアクセスできない可能性があります。そういう時、2 ファクタ認証を一時解除するひつようがあります。下記の手順をお試し下さい。


目次:
2 ファクタ認証と2ステップ認証の違い
2 ファクタ認証を使う時の注意事項
Apple ID の2 ファクタ認証を解除する方法


2 ファクタ認証と2ステップ認証の違い


2ステップ認証は2 ファクタ認証の前にリリースされました。具体的に言うと、2 ファクタ認証は2015年に発表され、iOS 9とそれ以降のシステムで利用できます。


2 ファクタ認証はより高い効能性と安全性を持つので、だんだん2ステップ認証を取って代わります。

2 ファクタ認証


2 ファクタ認証を使う時の注意事項


2 ファクタ認証はプライバシー安全に一層の保護を追加します。2 ファクタ認証を起動すれば、信頼できるiOSデバイスで受信した 6桁のコードを提供する要求が表示されます。この機能にロックアウトさせないように、下記のことを覚えてください。


Apple IDとパスポートを覚える
あなたの全てのデバイスでパスコードを使う
信頼できる電話番号が最新のことを確認
物理面で、信頼できるデバイスの安全を確保
設定した安全問題の答えを覚える


Apple ID の2 ファクタ認証を解除する方法


上述のとおり、2 ファクタ認証は2ステップ認証の代替です。だから、この二つの機能を起動と解除する方法は同じです。もし2 ファクタ認証を解除したいなら、続けて読んでください。


ステップ1.ブラウザでApple IDサイトを訪問します。


ステップ2. あなたのApple IDを入力してサインインします。

Apple IDを入力してサインイン


ステップ3.信頼できるデバイスで表示されるポップアップで「許可する」をタップします。

ステップ4. 信頼できるデバイスで受信した6桁のコードをウェブページに入力します。

ステップ5. 「セキュリティ」部分にスクロールダウンし、右の「完了」オプションをクリックします。

オプションをクリック


ステップ6.「2 ファクタ認証を無効にする」を選択して再確認します。

ステップ7.安全問題を答えて身分を証明した後、「続ける」をクリックします。

ステップ8.誕生日情報とリカバリーメールを正確に入力すれば、この機能を解除できます。

安全問題を答え


これで、2 ファクタ認証が解除され、自由にApple IDにアクセスできます。しかし、安全のため、2ファクタ認証を使ってApple IDを保護することがお勧めです。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ