X

iPhone XとSamsung Galaxy S8、
一体どっちがいい?

iphonex

先月、Apple社はiPhoneシリーズの最新機種、iPhone Xを発表しました。
正式発売は11月になりますが、機能やサイズなど一部情報は既に公開されました。
OSデバイスの最新鋭機種としてのiPhone XとSamsungスマートフォンフラグシップ機のGalaxy S8と比べて、
一体どっちがいいですか?今回はこの二つのスマホを比較してみた。

サイズ

iPhone Xのサイズは143.6*70.9*7.7mmで、Galaxy S8の149*68*8.0mmと比べて、
横幅が少し長いが、高さと奥行きも見れば、全体的にはS8より少し小さい。
S8+の160*73*8.1mmと比べれば明らかに一段小さく見える。ただ重さから見れば、
この中に一番重いのは一番小さいiPhone Xです、重さは174g。
Galaxy S8は155gで、S8+は173gです。
しかしこの程度の重量差が日常使用での影響は小さいと思います。
そしてiPhone XもS8/S8+もガラス背面を採用した、これにより無線充電が実現可能になる。

iphonex

ディスプレイ

iPhone XとSamsung Galaxy S8のディスプレイサイズも5.8インチで、S8+は6.2インチです。
どっちもディスプレイを大きくするため、縁部分をなくした全面ディスプレイデザインを採用しましたが、
外観から見るとGalaxy S8の方が徹底的です、iPhone Xには画面の周辺に黒い線が見えます。
解像度についてもiPhone Xが一番低いです。詳しくは以下をご参考ください

iPhone X2436*1135 458ppi
Samsung Galaxy S82960*1440 570ppi
Samsung Galaxy S8 Plus2960*1440 529ppi

S8とS8+のディスプレイはSamsung従来のSuper AMOLEDを採用しました。
iPhone Xはシリーズ初でSuper Retina OLEDというOLEDディスプレイを搭載、過去機種より鮮やかな色彩表現を期待できます。

iphonex

防水性能

iPhone Xの防水性能はIP67で、深さ1メートルの水中で30分正常動作できるとのことです。
Samsung Galaxy S8とS8+の防水性能はIP68、最大1.5メートルまで耐えるので、防水性能の面ではS8シリーズが優秀です。
ただiPhone XとS8もスウィミングが対応しませんので、水中使用はおすすめしません。

iphonex

プロセッサとRAM

S8シリーズのプロセッサはクアルコムのスナップドラゴン835を採用します。
iPhone Xが搭載するのはApple自社設計のA11 Bionic、
前代のA10よりも30%高速なグラフィックス性能を備えたアップル独自の3コアGPUが組み込まれているため 、
ゲームやビデオ性能が大きく増強されるでしょう。
RAMから見ると、AppleはまだiPhone XのRAM情報を公開してないので、まだ正確に比較できません。
ただ最近iPhone XのRAMが3GBという噂があります、もしこれが本当なら、RAM面はS8/S8+の4GBが優勝です。

iphonex

ストレージ

S8/S8+のストレージは64GBのみ、iPhone Xは64GBと256GBの二機種があります。
ただ256GB機種は64GB機種より、価格が150ドルほど高い。S8シリーズの内蔵ストレージは64GBだけですが、
最大256GBのMicroSDカードが対応なので、ユーザーの需要によってストレージを拡張可能。
iPhone Xは依然SDカードが対応しません。

iphonex

ストレージ

S8/S8+のストレージは64GBのみ、iPhone Xは64GBと256GBの二機種があります。
ただ256GB機種は64GB機種より、価格が150ドルほど高い。S8シリーズの内蔵ストレージは64GBだけですが、
最大256GBのMicroSDカードが対応なので、ユーザーの需要によってストレージを拡張可能。
iPhone Xは依然SDカードが対応しません。

iphonex

バッテリー

iPhone Xの電池容量についてはまだ確定な情報がありません。
一部の噂によれば、iPhone Xのバッテリーは2700mAhがあるという、iPhone 8の1821mAhよりはるかに高い。
S8の3000mAhやS8+の3500mAhと比べばればやや低いですが、iPhone Xのサイズが一番小さいので、
このバッテリー容量も妥当と言えるでしょう。
そして今回のiPhone Xもワイヤレス充電機能を導入しました。
Androidデバイスにとっては新鮮な機能ではなく、Galaxy S8とS8+ももちろん搭載していますが、
iPhoneシリーズでは今年のiPhone 8/8+とiPhone Xで初めて追加する機能です。
それからAppleは近い将来で自社の純正ワイヤレス充電器「AirPower」を発売する情報もあります。

iphonex

カメラ

カメラについて、iPhone XとS8/S8+の背面カメラの画素の1200万です。
ただiPhone X背面カメラレンズはF1.7で、S8シリーズのはF1.8。
暗い環境での撮影なら、S8の方がすこし優秀です。
前面カメラでは、iPhone Xのは700万画素、S8/S8+のは800画素。
画素の方ではS8/S8+より低いが、iPhone Xが搭載する「TureDepthカメラ」は3Dスキャン性能が大きく向上して、
顔認識の正確さや速度などを大きく増強できると言われます。
このカメラほライバル写真の顔認識システムよりがあまりも複雑なため、
量産が遅れてiPhone Xが9月で発売できなくなったという情報もあります。どうやら新機能の「Face ID」は期待できそうですね。

iphonex

システム

iPhone XはiOSの最新バージョン、iOS 11を搭載します。
iOS 11は以前のバージョンに比べて、Siriやコントロールセンター、Live Photoを改良し、AR(拡張現実)などの新機能を追加した。
Galaxy S8シリーズはAndroid 7 Nougatをインストールしていますが、最新のAndroid Oreoにアップデートできます。

iphonex

発売日と価格

Samsung Galaxy S8/S8+は6月から日本で発売されました。
iPhone Xの正式発売は11月から始めます(予約受付は10月27日から)。
価格の面では、Galaxy S8はおよそ9万4千円、S8+はおよそ11万8千円になります。
iPhone XがApple公式サイトでの価格は64GB版11万2800円、256GB版12万9800円です。
S8と比べると高いと感じるかもしれませんが、S8+と比べれば同じ64GB版の場合は少し安い。

iphonex
iPhone XGalaxy S8Galaxy S8 Plus
スクリーン5.8インチSuper Retina OLED5.8インチSuper AMOLED6.2インチSuper AMOLED
解像度2436*1135ピクセル (458ppi)2,960 × 1,440ピクセル (570ppi)2,960 × 1,440ピクセル (529ppi)
プロセッサA11 Bionicチップ 6コア
(2× Monsoon + 4× Mistral)
Samsung Exynos 2.3GHzオクタコア
(2.3GHzクアッドコア + 1.7GHzクアッドコア)
RAM不明4GB (LPDDR4)
ストレージ容量64GB / 256GB64GB (UFS 2.1)
外部メディア非対応microSD (最大256GBまで)
メインカメラ1,200万画素 / f1.81,200万画素 / f1.8
インカメラTureDepthカメラ、700万画素800万画素
認証機能顔認識(Face ID)顔認証 / 指紋認証
ワイヤレス
充電機能
ありあり
防水性能IP67IP68
重量174g152g173g
バッテリー
持続時間
連続通話時間
最大21時間
インターネット利用
最大12時間

ビデオ再生
13時間

オーディオ再生
最大60時間
連続通話時間
20時間
インターネット利用
Wi-Fi:14時間
3G:11時間
4G LTE:12時間

ビデオ再生
16時間

オーディオ再生
Always On Displayオン時:44時間
連続通話時間
24時間
インターネット利用
Wi-Fi:15時間
3G:13時間
4G LTE:15時間

ビデオ再生
18時間

オーディオ再生
Always On Displayオン時:50時間