動画編集ソフトのカラーフィルター効果を通じては、印象的な雰囲気を生み出して動画画面の色合いを鮮やかにすることができます。ここでは「PawEditor」の「色効果」から豊富なフィルターを素材に追加して動画の魅力を引き出す方法を解説します。

「PawEditor」関連記事:
「PawEditor」で動画に字幕・文字・透かしを入れる方法
「PawEditor」の操作画面の構成と素材の入れ方
【PawEditor】動画にトランジション(切り替え効果)を追加する方法

PawEditorで動画を編集したい場合、まずは本ソフトの無料体験版を試用して、編集機能を試してください。動画編集ソフトの操作画面と編集機能をうまく把握しておけば、動画編集作業の効率も上げます。

「PawEditor」の無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

動画 編集 メイン画面

「PawEditor」で動画や画像にフィルターを追加する方法


素材にフィルターをかけたい場合、まずは素材を「PawEditor」にインポートする必要があります。

動画 インポート

次には、ライブラリからインポートされた素材をトラックに入れてください。

動画 ドラッグ

素材にフィルターをかけたい場合、トラック上に用意した素材を選択してから、「PawEditor」操作画面の「色」をクリックしてください。豊富なフィルター効果が表示されます。

フィルター 画面

利用したいフィルターを「色」一覧画面から動画や画像にドラッグすれば、フィルターが追加されます。

フィルター ドラッグ

フィルターをかけた後、動画や画像の「編集効果」アイコンを押せば、追加されたフィルター効果の微調整ができます。

フィルター 編集効果

左側の特殊効果の一覧画面では、フィルターのチェックボックスをオン・オフにすることで、フィルター効果を有効・無効にすることができます。

フィルター テンプレート

右上のプレビュー画面でフィルターの効果を確認しながら、効果を調整して想像通りの画面効果を作り出してみましょう。

フィルター 画面 確認

もしカラーフィルター効果だけでは足りないと考えているなら、「PawEditor」はトランジション・エフェクト効果も提供していますので、各種の特殊効果を活かして素敵な動画を作成することはお勧めします。

フトランジション 切り替え効果

ほとんどすべての編集機能が利用可能な「PawEditor」体験版は無料ダウンロードできます。動画編集初心者でも快適に使える動画編集ソフトですので、今すぐダウンロードして、試用してはどうですか?

「PawEditor」の無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾