専門的な動画編集ソフトPawEditorのキーフレーム機能は様々なの特殊効果に適用します。キーフレームを設定すると、エフェクトとフィルターなどの効果をアニメーション化して、動画のテーマを効果的に表現できます。

キーフレームを設定する前に、まずは「PawEditor」の無料体験版でエフェクトとフィルター効果を試用することがおすすめです。

具体的な操作はこちらをご参考ください:
「PawEditor」で動画・音声にエフェクト(特殊効果)をかける方法
「PawEditor」で動画にフィルターをかける方法

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

フィルター 画面

キーフレームを設定できるエフェクトやフィルターの右上には時計アイコンが付きます。次はキーフレームの設定方法について紹介します。

キーフレーム 設定

動画にキーフレームを追加するやり方


まずは編集したい動画素材にエフェクト(特殊効果)或いはフィルターをかけてください。そして動画の「編集効果」をクリックすれば、編集画面が表示されます。

キーフレーム 編集画面

プロパティ編集画面とエフェクトのテンプレート編集画面のほかに、キーフレームの編集画面も表示されます。

キーフレーム 編集

ここでキーフレームの設定について説明します。エフェクトやフィルターのキーフレームを追加したい時、編集画面の「キーフレームを追加」アイコンを押してください。これで特殊効果のキーフレームを編集できるようになります。

キーフレーム 追加

カーソルを指定した位置に移動してから、キーフレーム編集画面の「+」をクリックすればキーフレームが指定した位置に追加されます。

「<」や「>」を押せば、キーフレームの間に切り替えることができます。

「ゴミ箱」アイコンで追加されたキーフレームを削除できます。

次にはキーフレームの編集画面でプロパティやテンプレートをそれぞれ設定してください。選定されたキーフレームは青くなり、選定されないキーフレームは灰色になります。

キーフレーム 選択

キーフレームの特殊効果のテンプレートをそれぞれ編集すれば、キーフレームの間の変化が自動的に補完されて滑らかなアニメーションが作成されます。

PawEditorのキーフレーム機能を活かせば手元の動画をより魅力的な作品に編集できます。キーフレームで動画を編集したいなら、今すぐPawEditorの無料体験版を試用してください。

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾