ここではPawEditorで動画編集をする時に字幕や透かしをビデオに追加して編集するやり方を紹介します。本記事を参考にして文字や字幕を動画に入れる前に、「PawEditor」をパソコンにダウンロードしてインストールする必要があります。

Windows Version Download

「PawEditor」関連記事:
「PawEditor」で新規プロジェクトを作成する方法
「PawEditor」の操作画面の構成と素材の入れ方
豊富かつ多彩なAVI動画編集方法

「PawEditor」を起動した後、動画編集を行う前にはまず新規プロジェクトを作成して、ソフトの操作画面を確認し、編集機能の位置を把握してください。

動画 編集 メイン画面

「PawEditor」で動画に文字・字幕を入れる方法


文字を動画に入れる前に、まずは頂部の「インポート」>「動画をインポート」を押して、編集対象の動画をライブラリに追加してください。

動画 インポート

次には、動画をトラックにドラッグして、「PawEditor」のタイムラインに追加します。

ドラッグ タイムライン 動画

タイムラインの素材の位置は表示優先度を決めつけます。上位トラックにある素材のほうが上に表示されますので、字幕を正常に表示させるために、文字トラックを動画トラックの上置く必要があります。

ドラッグ タイムライン 動画

対象のトラックを選択し、頂部の「テキスト」ボタンをクリックしてから、「+」をクリックするか「静的テキスト」を直接トラックにドラッグすると、テキストがトラックに追加されます。

トラック テキスト 追加

トラック上の文字をダブルクリックするとテキスト内容・位置・不透明度・サイズ・回転・色などのエフェクトのテンプレートを調整できます。文字を透かしとして画面に入れたい場合も、これらの設定を使用できます。

トラック 文字 追加

そして、タイムラインで字幕の端を左右にドラッグすることで字幕の表示時間を調整できます。

字幕 表示時間 変更

「スタイルを編集」ボタンを押せば、テキストのスタイル編集画面に入り、お好みに合わせて字幕のスタイルを変更できます。

字幕 スタイル 変更

字幕を編集した場合、エフェクトの変更は「PawEditor」のプレビュー画面ですぐ確認できます。

プレビュー 字幕

「プロパティを編集」を押せば、字幕のスタイル設定をフォントプリセットとして保存できます。

フォントプリセット

保存されたフォントプリセットは「テキスト」>「おすすめの字幕リソース」>「マイプリセット」で確認できます。

字幕 マイプリセット

「PawEditor」はテキストのほかに、トランジション、エフェクトと色の追加も可能です。本ソフトの無料体験版はほとんどすべての編集機能が利用できますので、簡単かつ便利なソフトで動画を編集してみたい場合にはぜひ使ってみてください。

Windows Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾