動画や画像のシーンからシーンへ滑らかに切り替えるために、フェードイン・フェードアウトなどのトランジション(切り替え効果)がよく利用されます。PawEditorの切り替え効果は「トランジション」画面をクリックすれば一覧画面に表示されます。動画編集をする時、フェードイン・フェードアウトなどのトランジション効果を使えばシーンの切り替えを簡単にできます。操作手順については下記をご覧ください。

「PawEditor」チュートリアル:
「PawEditor」で動画に字幕・文字・透かしを入れる方法
「PawEditor」の操作画面の構成と素材の入れ方
「PawEditor」のトラック素材を編集とプロジェクトを出力するやり方

動画にトランジション(切り替え効果)を設定する方法


まずは専門的な動画編集ソフト「PawEditor」をインストールする必要があります。本ソフトは無料体験版がありますので、動画編集したい方はぜひ試用してみてください。

「PawEditor」無料体験版:

Windows Version Download

次には「PawEditor」を開いて、新規プロジェクトを作成し、動画編集作業を始めます。

動画 編集 メイン画面

まずは編集したい動画を全てソフトのライブラリにインポートして、トラック・タイムラインに追加してください。

動画 インポート

トラック上の動画を選定してから、「トランジション」画面を開いて、切り替え効果の「+」ボタンを押せば、「上から下へ」や「左から右へ」などの切り替え効果のローテーション選択画面が表示されます。お好みに合わせて選択すれば、トランジションが指定した位置に追加されます。

切り替え効果 ローテーション 選択

トランジションをシーンとシーンの間にドラッグして追加することも可能です。

トランジション ドラッグ

切り替え効果を追加した場合、ほかの切り替え効果をドラッグして上書きすることができます。

トランジション 変更

切り替え効果をダブルクリックしてプロパティを編集することができます。

トランジション プロパティ 編集

切り替え効果の端を延ばすことでトランジションの長さを調整できます。

トランジション 長さ 調整

トランジションを追加した後、プレビュー画面で切り替え効果をチェックしてください。

切り替え効果 確認

雰囲気がある動画を作るためにはトランジションだけでは足りないかもしれません。それなら字幕を入れて、動画や音声のエフェクトを追加して、動画に彩りを添えましょう。

エフェクト プレビュー

本記事を読み終えた後、上記の操作手順に従って「PawEditor」の無料体験版でトランジション効果を動画に追加してみてはどうですか?

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾