X
平成新春セール

せっかく自ら手間をかけて作成した動画なのに、共有サイトにアップロードするとあっという間に他人から無断転載されたことはありませんか?こんなことに悩んでいる方には、本記事で一つ手軽に動画に消せない透かしを入れるソフトを紹介させてください。このソフトを使えば、動画に文字を入れるだけではなく、好きな画像をウォーターマークとして動画に付くことも可能です。自らの著作権は、透かしでちゃんと示しましょう!

1.ウォーターマークとは?
2.ウォーターマークを動画に入れる手順

ウォーターマークとは?


ウォーターマークとは、動画や画像等の盗用予防をする為に使うもので、動画における場合では、画面上の半透明なロゴや文字等の著作権所有者を示すものです。この記事では、動画にウォーターマークを入れたい方の為に、一つのメディア処理ソフトを紹介したいと思います。

ウォーターマークを動画に入れる手順


まずはFonePaw スーパーメディア変換をダウンロードして、パソコンにインストールしてください。起動したソフトのメイン画面から「ファイルを追加」ボタンによって、ウォーターマーク入れたい動画ファイルをソフトに追加してください。それからは「編集」ボタンを押して、編集手順に入ります。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.「編集」ウインドウを開けば、「回転」「3D」「クロップ」等の色々な機能タブが見えます。その中に一番右にある「ウォーターマーク」をクリックしてください。そして、右側の上、「ウォーターマークを有効にする」を選択してください。

ウォーターマークを有効にする

2.テキストの透かしを入れる方法から紹介しましょう。「テキスト」を選んだら、入力ボックスにウォーターマークとして動画に入れたいテキストを入力できます。その下にある選択ボタンを利用すればウォーターマークの大きさや位置、透明度を好きなように調整できます。勿論、出力プレビュー画面上に映すウォーターマークの枠にポインタで移動、大きさを調整等のことも可能です。

テキストウォーターマーク

3.位置、大きさと透明度以外、テキストウォーターマークの色とフォントをカスタマイズすることも可能です。入力ボックス隣にある二つのボタンを利用して、自分の好きなフォントと色を選んでください。

テキスト 設定

4.テキストウォーターマークと同じ、画像ウォーターマークも自由にサイズや透明度等の数値を変更できます。どの位置にウォーターマークを付けるのも自由です。現在の透かし消すツールでは、通常には透過性のいいウォーターマークしか消せません。もし自分のウォーターマークを誰かが消されるのが心配するならば、透明度を低めに設定する方がおすすめです。

画像のウォーターマーク

以上では、ウォーターマークを動画ファイルに入れる方法の説明でした。どうぞ手順に沿えて自分のロゴ等を透かしとして動画ファイルに入れてみてください。今回紹介された「FonePaw スーパーメディア変換」によれば、動画にウォーターマークを入れるだけでなく、共有サイトにアップロードする為に動画を適切な形式に変換することも簡単ですよ。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾