X

iPhoneユーザーにとって、リンゴループは恐ろしい言葉です。iOSデバイスを再起動しようと思ったが、アップルのロゴ(リンゴマーク)が画面に出たまま起動せず、リンゴマークがずっと繰り返します。こういう状態になったことはありますか。これがリンゴループと呼ばれている状態です。


リンゴループに入ると、操作画面に入らないため、何等かの操作もできなくなります。最悪の事態と言われても過言ではないと思います。リンゴループになったら、初期化して復元できますが、それはあくまでも最後の手段としての方法です。復元するには、他の方法直し方もあります。それを紹介する前に、リンゴループについて話しようと思います。実際、そんなに怖いものではないのです。

リンゴループ


    リンゴループとは?


簡単に言えば、リンゴループとは、iOSデバイスが起動できなくて、画面にずっとアップルロゴが表示されていてしまう状態のことです。とはいっても、実際にはいくつのパターンがあります。例えば、「リンゴマークが数分間表示された後電源が切れて再起動…」と繰り返すパターンや、「リンゴマークが表示されたり、消えたりして…」と繰り返すパターンなどです。


しかし、どれパターンにも共通点があります。それはリンゴマークが表示されたまま正常に起動できないという点です。


    原因は?


リンゴループを起こす原因は使用していた環境や状況によって様々ですが、主な原因は:

1. Wi-Fiや電源が切れてしまって、或はゲーブルが外れてしまうことで、デバイスのアップデートが失敗しまいました。
2.何等かの原因で、iOSシステムに起動するために必要なファイルがが破損してしまいました。
3. インストールした脱獄アプリの影響で起動することができなくなりました。
4. また、強制終了を繰り返しても発生することがあるようです。


    解決方法・対処方法のまとめ


リンゴループになってしまうと、初期化するしかできないのか。いいえ。初期化する前に、下記の方法を試みた方がいいと思います。


1.セーフモードで再起動してみる
一度デバイスの電源を切り、ボリューム上げボタン(音量ボタン+)を押したまま、電源をオンにします。こうすると、セーフモードに入ることが可能です。入れない場合は、もう一度手順に従って試してください。


2. iTunesと同期してみる
セーフモードで起動できない場合、デバイスがパソコンに認識されることができれば、iTunesと同期したあと起動できるケースがあります。


3.iOSをバックアップしてみる
同期しても駄目であれば、iOSをバックアップしてみてください。Wi-Fiや電源を切れないように注意します。


4.上記の方法で解決できない場合は、残念ながら復元(初期化)しかありません。
まず、電源を切って、PCでiTunesを起動します。そして、ホームボタンを押したままデバイスをPCに接続します。するとiTunesとケーブルのアイコンが表示されて、リカバリーモードに入ります。その後、iTunesでデバイスを復元します。


この方法を使った後、デバイスは工場出荷状態になってしましますから、ギリギリまでしない方がお勧めです。


リンゴループになるのは困ったことだと思います。そして、一つ一つの方法を試すのもちょっと面倒くさいかもしれません。そこで、もっと簡単な復元方法があります。それは、FonePaw iOSシステム修復ソフトです。

Windows Version DownloadMac Version Download


ステップ1.ソフトをインストールして、起動します。
まず、ソフトをインストールし、起動します。デバイスをパソコンに接続してから、プログラムの左側にある「その他のツール」を選択します。
それから、「iOSシステム修復」をクリックしてください。次の画面に入ると、「スタート」をクリックします。

「スタート」をクリック


ステップ2.デバイスの状態や情報を確認します。
このステップで、デバイスの問題が自動的に検出されますので、「確認」ボタンをクリックし、次の画面に入ります。
そして、デバイスのタイプやバージョンなどの情報を確認してください。そのあと、「修復」をクリックします。

「修復」をクリック


ステップ3. ファームウェアパッケージをダウンローとし、修復を開始します。
リンゴループに対応するファームウェアパッケージのダウンロードが開始します。それが終わったら、デバイスの修復が始まります。これで、リンゴループになる問題を解決できます。

修復を開始


注意:
FonePaw iOSシステム修復で修復したあと、iOSバージョンが最新版になります。でも、データは消えていませんから、心配することはないと思います。

そして、すべてのiPhone機種に対応できますので、iPhone 7/6sまたはiPhone 5/4などのデバイスも修復可能です。


リンゴループに対処する方法の紹介は以上です。一つずつを試してください。それでも駄目だとしたら、専門の修理業者に修理をもらった方が勧めです。また、修復したあと、データが消えてしまった場合、FonePaw iOSシステム修復で簡単に復元したいデータだけを復元することができます。必要になったら、ぜひ試みてください。

Windows Version DownloadMac Version Download



アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ