X
年始年末セール

iPhoneには写真ファイルやビデオファイルなどを大量に保存されています。しかもその中で大事なデータも含まれているかもしれません。もし誤ってiPhone内のファイルを消したり、脱獄失敗で故障を起こしたり、iPhoneを無くしたりなどのことでバックアップしたことのない大事なファイルを紛失したら、悩みを増やすだけです。

ですから、このようなことを避けるために定期的にiPhone内のファイルを他のところに保存して、iPhoneに何かトラブルが起きたことで大事な写真、動画を含めて全部のファイルを紛失するより増しだと思います。また、事前にiPhoneのファイルをバックアップしておけば、そのファイルを他のデバイスに移動するのも便利です。

でもiPhoneのファイルを保存することを難しすぎるから分からないと考えて、ファイルをバックアップしない人も少なくないようですが、実際に、簡単にiPhoneのファイルを他の端末にバックアップできる方法がいくつあります。

ここで、Wi-Fi経由で保存する方法と、パソコンに接続することで手軽くiPhoneのファイルをバックアップする方法を紹介します。では、下の説明を見ながらiPhoneファイルの保存する方法を勉強しましょう。

一、Wi-Fiを利用してiPhoneのファイルを保存する方法
二、一部のiPhoneのファイルのみ保存する方法
三、iPhone全体のファイルを保存する方法
四、三つの方法の比較

一、Wi-Fiを利用してiPhoneのファイルを保存する方法


iCloudでiPhoneのファイルをPCに保存する場合、iCloudアカウントとWi-Fi環境が必要です。

1、「設定」アイコンで設定画面に入ります。

2、設定画面の「iCloud」選択肢をタップします。

3、iCloudに保存したいファイルの隣のスイッチをオンに設定します。

iPhone ファイル クラウド

4、「バックアップ」>「今すぐバックアップを作成」の順序でタップして、iPhoneのファイルをiCloudに保存します。

iPhone ファイル 設定

うっかりしてiPhoneのデータを削除した場合、iPhoneを初期化した後iCloudを利用して復元することができます。

再起動したiPhoneに「こんにちは」の画面が表示されます。下の「スライドで設定」で他の設定をしてから、「Appとデータ」画面の「iCloud バックアップから復元」で復元したいバージョンを選択して復元します。

iPhone ファイル バックアップ 画面

以下紹介する二つの方法はパソコンさえあれば、Wi-Fiがなくてもファイルをパソコンに保存できます。

二、一部のファイルのみ保存できる方法


FonePaw iOSデータバックアップ・復元は多くの種類のファイルの保存に対応できます。それに、一部だけのファイルをバックアップすることもできます。

1、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をダウンロード・インストールします。

Windows Version DownloadMac Version Download


2、ホーム画面>「iOSデータバックアップ・復元」の順でクリックして、この画面で「iOSデータバックアップ」ボタンを押します。

iPhone モード 選択

3、iPhoneをパソコンに接続して、「スタート」ボタンを押します。

iPhone デバイス  接続

4、保存したいファイルを選択して、「次へ」ボタンを押します。

バックアップ データ 選択

5、すると、バックアップが始まります。バックアップが完成するまでお待ちください。

iPhone バックアップ 完了

保存したファイルをiPhoneに復元する場合、ソフトを起動して、「iOSデータバックアップ・復元」>「iOSデータ復元」の順序でクリックすることで復元の画面に入ります。復元したいファイルを選んでiPhoneに復元します。

iPhone 画像 復元

三、iPhone全体のファイルを保存する方法


iTunesはワンクリックでiPhone全体のファイルをパソコンに保存できます。面倒な手順を略したい方と全体のデータを保存したい方に向いていると思います。

1、iTunesをパソコンにダウンロードして、起動します。

2、iPhoneをパソコンに接続します。パソコンがiPhoneを認識するまで待ちます。

3、iPhoneが認識されたら、iTunes画面の左側にスマホのアイコンが表示されます。

4、右側の「今すぐバックアップ」アイコンでiPhone全体のファイルをパソコンに保存します。

iTunes バックアップ中

iTunesに保存したファイルをiPhoneに復元する方法について:

iTunes画面の右側側の「バックアップ復元」を押すと、このポップアップが表示されます。「復元」アイコンを押します。そしてiTunesに保存されたファイルは再起動した後のiPhoneに同期します。

iTunes バックアップ 復元

四、三つの方法の比較


1.保存できるファイルの種類:

どの方法も多種類のファイルの保存にサポートしています。

2.利用する条件:

iCloudはiCloudアカウントとWi-Fi環境だけが必要です。「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」とiTunesでiPhoneのファイルを保存する時、パソコンだけが必要です。

3.保存する速度:

iCloudの保存する速度はWi-Fi次第ですから、Wi-Fiの信号が弱いほど保存する速度も遅いです。iTunesは直接パソコンに接続しますので、iCloudより速いですが、iPhone全体のファイルが大量の場合、相当の時間も掛かります。「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」は大量のファイルでも迅速にパソコンに保存できます。

4.プレービュ:

iCloudとiTunesは保存したファイルを直接確認することができません。でも「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」はパソコンに保存したファイルをプレービュできます。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾