プロ並みの素敵なスライドショー動画を作成しようとしますが、どんなソフトを利用すればいいか分からない方のために、ここではスライドショー作成できるソフトをいくつまとめて紹介します。友達或いは家族との様々のイベント向けのスライドショーを作りたいなら、次のお勧めソフトを活用してみてはどうですか?

おすすめ記事:
パワーポイントで動画を作成する方法

一、専門的なスライドショー動画を作成できるソフト:PawEditor


ただ写真を切り替えるスライドショーならば、作成できるツールがいっぱいあります、ですがそれ以上の素晴らしいスライドショーを出すためには、いろいろなエフェクトやフィルダーなど特殊効果を活用する必要があります。そのほか、個性的な文字とBGMをスライドショーに入れることも、映像のテーマを効果的に伝えるコツです。

表現が豊かなスライドショーを作り出したい場合、ここで紹介する特殊効果が豊富で専門的な動画編集ソフト「PawEditor」をお勧めします。

動画 編集 メイン画面

PawEditorの多彩な特殊効果(エフェクト、フィルター、切り替え効果)をうまく利用すれば、スライドショーの写真をよりも綺麗にして雰囲気を引き出すことが可能です。

カラー フィルター

スライドショー動画の画面を更に美しくするだけではなく、PawEditorのテキストとBGM音楽の挿入・編集機能も備わっていますので、スライドショーの表現力を一層盛り上げて自作スライドショーのスタイルを伝えることには最適です。

テキスト スタイル

もちろん、動画編集ソフトとしての基本的な編集機能、例えば動画の分割機能と動画画面をカットする機能も揃っています。写真スライドショー作成のほかに、MP4動画などの微調整にも大きな役割を果たします。

動画 分割

「PawEditor」は動画編集初心者向けのシンプルなデザインを持ち、初めてスライドショーを作る方でも安心に試用できます。本ソフトでスライドショーを作ってみたいなら、今「PawEditor」の無料体験版をダウンロードしてください。

「PawEditor」の無料体験版はこちら:

Windows Version Download

「PawEditor」の活用記事はこちら:

「PawEditor」関連チュートリアル

二、Windows ムービーメーカー/フォト


Windowsでスライドショーを作りたい場合に一番便利な解決方法は、PCの初期搭載したソフトでスライドショーを作成するのではないでしょうか。実はWindowsはユーザーのビデオ編集のために、「Windows ムービーメーカー」というソフトを開発しました。

Windows ムービーメーカー アイコン

無料のWindows初期搭載機能ですので、Windowsユーザーは「Windows ムービーメーカー」を通じて簡単にスライドショーを作成できます。しかし、初期搭載したツールとして、搭載した編集機能と実現可能な特殊効果は専門的な動画編集機能と比べると多少足りないのです。そして、有名なビデオ編集ツールですが、今開発が中止した状態で、Microsoftからのダウンロードとサポートが不可能になりました。

Windows ムービーメーカー 画面

その代わりとして、Windows 10ユーザーはビデオ編集ツール「Microsoft フォト」でスライドショー動画を作ってみてください。新しいWindows初期標準ツールとして、「Microsoft フォト」はBGM・文字・画像・動画などの素材を組み合わせてスライドショーを作成できます。家庭用のスライドショー作成ソフトとしては無料かつ便利です。

Windows 10 フォト

三、Microsoft Photo Story


Windows フォトストーリーPhoto Story)もMicrosoftの開発したソフトで、最新版のWindows フォトストーリー3はWindows 10ユーザーにも対応しています。「Windows ムービーメーカー」や「フォト」と比較すれば、より本格的なスライドショー動画作成ツールとも言えます。静止画にエフェクトとBGMをつけることができるし、切り替え効果やアニメーション効果の追加機能も搭載しています。自作スライドショー用ソフトとしては適任と感じます。しかし、出力動画形式はWMV(Windows標準動画形式)形式しかありません。

Windows フォトストーリー

四、Mac「iPhoto」


「iPhoto」とはMac用の写真管理アプリであり、Macに保存した写真を整理するほかに、写真をスライドショーにする機能も搭載しています。撮影した写真をグループにまとめてから、メニューの「書き出す」を選択して「スライドショー」を指定すれば、スライドショー動画が作成されます。再生用Appleデバイスに合わせてスライドショー動画のサイズを設定することも可能ですので、撮影した写真を記録するためのスライドショーを作成したい方にはお勧めします。

iPhoto Mac

五、Mac「iMovie」


Macの初期搭載した無料動画編集ソフトとして、「iMovie」はダウンロードする必要がないし、操作が簡単ですので、スライドショーを作成する経験がなくても安心に使用できます。字幕の追加も可能で、スライドショー動画を作成した後は「共有」ボタンを押してFacebookやYouTubeにシェアできます。Macユーザーなら今パソコンの「iMovie」を開いて、「Finder」から写真や音楽の素材をドラッグしてから、写真の表示時間を設定すれば、スライドショー動画を簡単に作成できます。

iMoive Mac

スライドショー用の素材を集めよう


iPhoneで撮った写真や動画をパソコンに移してスライドショー素材として利用したい場合、専門的なiOS移行ソフトFonePaw iOS転送iPhoneからPCへ写真を転送してはどうですか?撮影した素材だけでは足りないなら、便利なWindows・Mac画面録画ソフトFonePaw PC画面録画で、パソコンのスクリーンからスライドショー用の素材をキャプチャーすることもいいです。誰でも感動する綺麗なスライドショーを作るためにがんばりましょう。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾