YouTubeではたくさんの素晴らしい音楽があります。多くのYouTube使用者の中では、パーティーでも自分の好きな音楽を楽しむことができるために、あるいは自由にお気に入りの音楽を堪能するために、YouTubeから選ばれた数曲をCDに焼こうと思う人が多く見られます。

YouTube音楽をCDに焼くには、通常2つのステップがあります。

・まず、YouTube音楽のコピーを手に入れます。
・次に、手に入れたYouTube音楽ファイルをCDに焼きます。

この記事では、以上の2つのステップを完了させるための2つの方法についてご紹介いたします。どちらの方法も実行可能で、簡単操作でYouTube音楽をCDに焼くことができます。

関連記事:
Windows/MacでDVDの音声をMP3として抽出できるツールを紹介
【超簡単】ベストなYouTubeの動画をDVDに焼く手順書
MacでDVDを焼く・作成する方法

目次:
一、YouTubeから音楽を入手する(ダウンロード・録音)
二、Windows Media PlayerでYouTube音楽をCDに焼く
三、iTunesでYoutube音楽をCDに焼く

一、YouTubeから音楽を入手する(ダウンロード・録音)


YouTubeの音楽をCDとして焼くには、まずはYouTubeから音源を手に入れる必要があります。YouTubeの音楽を入手するには、音楽をダウンロードするか、あるいは録音ソフトを使って録音しておく必要があります。

1. YouTubeから音楽をダウンロードする


FonePaw スーパーメディア変換」を使えば、YouTubeから音楽をダウンロードすることができます。「FonePaw スーパーメディア変換」は動画・音声のダウンローダーで、YouTubeの動画から音声だけを抽出して、色々な品質でMP3形式に変換することができます。

お気に入りのYouTube音楽をダウンロードしたら、音楽をCDに焼くことができます。「FonePaw スーパーメディア変換」の無料試用版ダウンロードはこちら:

Windows Version DownloadMac Version Download

YouTubeから音楽をダウンロードしたい場合は次の操作手順を参考にしてください。

ステップ1 YouTubeでお気に入りの曲または音楽を開きます。ページを開いたら、音楽のリンクをコピーします。

youtube url コピー

ステップ2 「FonePaw スーパーメディア変換」を起動します。「ダウンロード」をクリックして、コピーしたYouTubeリンクを輸入欄に貼り付けて、「分析」をクリックします。 解析結果に動画の品質を選択することができます。品質が高いほど、ファイルサイズは大きくなります。チェックを入れて「確認」をクリックすればダウンロードは始まります。

オーディオ フォーマット 普通

ステップ3 ダウンロードしたファイルが動画ファイルであることも多いため、動画を音楽ファイルに変換します。「ファイルを追加」でダウンロードしたファイルをリストに追加し、プロフィールで好きなオーディオ形式を選択します。

FLACファイル 追加

設定完了後、「変換」をクリックして、音楽ファイルとして変換します。

2. YouTubeから音楽を録音する


FonePaw PC画面録画」を使えば、YouTubeビデオやYouTube Musicストリーミングサービスからの音楽やプレイリストを録音し、その音楽をMP3、WMA、AAC、M4Aファイルに保存することができます。この録音ソフトはYouTubeからの音楽を高品質、さらに損失のない品質にリッピングすることができます。その上、YouTube音楽を録音した後は、「FonePaw PC画面録画」でその音楽ファイルを編集することができます。

オーディオ 編集

YouTube音楽の録音が完了したあと、Windows Media Playerなどのソフトの書き込み機能を使って、YouTubeからの音楽をCDに焼いて、自分の音楽CDを作成することができます。

ステップ1 お使いのパソコンにFonePaw PC画面録画をダウンロードし、インストールします。インストールが完了したら、FonePaw PC画面録画を開き、システムサウンドをオンにし、マイクをオフにして、パソコンのオーディオデバイスを使ってYouTubeから音楽を取得する準備を整えます。

Windows Version DownloadMac Version Download

画面録画 メイン画面

ステップ2 YouTubeでお気に入りの音楽を再生し、同時に「REC」ボタンをクリックして録音を開始します。また、音楽の長さに応じて、音楽の再生が終了すると自動的に録音を停止するように録音の長さを設定することもできます。

音声 録音

ヒント:FonePaw PC画面録画の環境設定から「出力」設定に移動すれば、YouTube音楽を録音するための形式と品質を設定することができます。

出力形式 設定

Windows Media PlayerでYouTube音楽をCDに焼く


一つ目の方法は、YouTubeの音楽を録音してから、Windows Media Playerを使って音楽をCDに書き込むことです。

以上の手順が完了したら、お使いのパソコンに空のCDをに挿入して、録音したYouTube音楽をCDに書き込むことができます。注意すべきなのは、ここで挿入したCDが書き込み可能のCD-RWまたはDVD-RWであることを確認することです。

ステップ1 お使いのパソコンでWindows Media Playerを開きます。Windows Media Playerが見つからなかった場合は、タスクバーの検索バーまたは「スタート」ボタンの「すべてのアプリ」リストから検索してください。

ステップ2 「書き込み」タブをクリックします。すると、挿入されたCDが表示されます。 CDに焼きたいYouTube音楽のファイルを書き込みリストにドラッグします。CDに書き込めるファイルの形式については、MP3、AACなどのファイル形式が対応されています。一枚の空CDには80分の再生時間制限があります。

ステップ3 CDに焼きたいYouTube音楽をすべて書き込みリストに追加したら、右上隅にある「書き込みオプション」ボタンをクリックして、メニューから「オーディオCD」を選択します。

windows media player

ステップ4 「書き込み開始」をクリックして、お気に入りのYouTube音楽でCDを作成しましょう。

iTunesでYoutube音楽をCDに焼く


もう1つの方法は、iTunesでCDを焼くことです。この方法は、Windowsだけではなく、Macで使えます。

テップ1 お使いのパソコンに空のCDを挿入します。
ステップ2  PCまたはMacでiTunesを起動します。「ファイル」一欄をクリックし、「新規」>「プレイリスト」をクリックして新しいプレイリストを追加します。

iTunes プレイリスト

ステップ3 ダウンロードしたYouTube音楽を新しいプレイリストに追加します。アフィるメニュー、あるいは新しいプレイリストを右クリックし、「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。

iTunes ディスクを作成

ステップ4 新しく開いたウィンドウで、「ディスクフォーマット」に「オーディオCD」を選択します。ここで、音楽の再生速度や曲の間隔を選択することもできます。調整が必要な選択肢をすべて選択したら、「ディスクを作成」をクリックします。

これによって、選択したYouTube音楽がiTunesを通じてCDに書き込まれます。iTunes画面上部のプログレスバーでその進行状況を見ることができます。

以上でYouTubeの音楽をCDに焼くための2つの方法をご紹介いたしました。もちろん、2つの方法を組み合わて使用することもできます。たとえば、お使いのパソコンがMacである場合は、YouTubeから音楽を録音してからiTunesを使用してCDを作成することができます。または、YouTubeの音楽をダウンロードしてから、Windows Media Playerでその音楽をCDに焼き付けることができます。需要に合わせて、ご自身に最適な方法を選びましょう。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾