X
年始年末セール

iPhoneはすばらしいカメラを搭載しているので、デジタルビデオカメラがなしでもiPhoneだけで見事な動画を撮影することも可能です。更にデジタルビデオカメラのサイズにはiPhoneと比べればちょっと大きいで、iPhoneをカメラの代わりに動画を撮影する方も増えています。

iPhoneで撮影した動画を親友とシェアしようとするなら、動画をDVDに焼くことは最適だと思います。なぜなら、iPhoneで撮った動画は高画質なので、サイズが小さいわけではありません。この故、ネットワークでメールとかLineとかで送信するのは実に便利ではありません。

またパソコンを持っていない方もいるかもしれないので、親友とiPhoneで撮影した動画をシェアしたいならDVDに焼くのは一番オススメです。では今回は実用なiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法を用意して、皆さんに詳しく紹介しよう。

パート1、iPhoneの動画をパソコンに転送する


iPhoneで撮影した動画をDVDに焼したいなら、まずはiPhone中に保存している動画をパソコンに転送することです。iPhoneのデータ転送ツールと言えば、まず思い出すのはiTunesでしょう。しかしiTunesの操作が複雑で、特に初心者にとって万が一操作不当ならばデータは削除されてしまった場合もよくあります。

だから、ここで誰でも手軽に使える「FonePaw iOS転送」がオススメです。名前の通り、これはiPhoneのデータをパソコンに転送する専用のソフトで、分かりやすいインタフェースを搭載してるので、誰でも手軽に使えます。では、詳しいやり方を紹介します。


Windows Version DownloadMac Version Download

 1、iPhoneをパソコンと接続する
まず、「FonePaw iOS転送」をパソコンにダウンロード・インストールしてから、ソフトを起動します。それから、iPhone専用のケーブルでiPhoneをパソコンと接続します。成功したら、ソフトはiPhoneのタイプ、容量などの情報を表示します。

iPhone 接続

2、動画をパソコンに転送する
そして、左にある機能メニューから、「写真」→「ビデオ」の順でクリックすれば、ソフトはiPhoneに保存している撮影された動画を表示します。転送したい動画にチェックを入れて、「エクスポート」ボタンそして「PCへエクスポート」をクリックすれば、手軽ににパソコンに保存できます。

動画 エクスポート

どうでしょう、2ステップだけでiPhoneの動画をパソコンに転送でき、「FonePaw iOS転送」は実に便利・実用なソフトだと思いませんか?動画の他、写真、ブック、連絡先なども対応です。


Windows Version DownloadMac Version Download

パート2、iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く


次は動画をDVDディスクに焼くパートに入ります。動画をDVDディスクに書き込みたいなら、DVD作成専用のソフトが必要です。ネットで検索したら、これらのソフトがたくさんありますが、タイトルの言った通りこの記事は初心者向けなのですが、ここで使い勝手がいいソフトを紹介します。

VideoSolo DVD 作成」というのは最近大人気の初心者向けのDVD焼きの専用のソフトです。このソフトを使えば、無劣化尚且つ高速でiPhoneで撮影した動画をDVDディスクに焼くことができます。またDVDメニューの追加、字幕・音声なども追加することも可能です。ここでiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法を簡単に説明します。

動画追加

1、「VideoSolo DVD 作成」をインストールした後実行する
2、焼き用のDVDディスクをR/W対応のDVDドライブに入れる
3、「メディアファイルを追加」ボタンで動画を追加する
4、ディスクのタイプ、需要の画質と解像度を下にあるメニューから選択する
5、DVDメニューを需要によって作成する
6、動画をDVDディスクに焼く

以上です。もし詳しいやり方を知りたいなら、ここをクリックして「VideoSolo DVD 作成」でのiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法をご参考ください。以上紹介した「FonePaw iOS転送」と「VideoSolo DVD 作成」二つも簡単・実用で、また最大30日間無料試用を提供してので、需要があればぜひダウンロードしてやってみましょう~

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   30   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾