X
年始年末セール

より多くの写真、ビデオなどのデータを保存するために、容量を増やせるCF(コンパクトフラッシュ)カードは沢山の電子製品に付けられています。

従って、CFカードに保存したデータをジャンクファイルと間違えって削除したり、不意にデバイスのフォーマットボタンを押したりすることでデータを消去したことも時々発生します。

それ以外、不明な原因でCFカードを開けない場合、フォーマットした後再利用することができるという言い方もあります。でもフォーマットする同時に、コンパクトフラッシュカードのデータも全て消去れてしまいますね。

筆者もこの前、あるユーザから「消えたCFカードのデータを復元する方法はありますか」って聞かれました。そうですね、パソコンでのデータを復元する方法なら、皆さんも多少耳に聞いたことあるでしょう。実は、CFカードに対してのデータを復元する方法もあります。

弊社の「FonePaw データ復元」を使うなら、更に気軽くコンパクトフラッシュカードから消去されたらデータを復旧・復元することが可能です。

目録:

一、CFカードとは?
二、CFカードとSDカードの違い
三、コンパクトフラッシュカードのデータを復元する方法

一、CFカードとは?


CFカートの正式な名前はコンパクトフラッシュメモリカードで、英語はCompact Flash Cardと書かれます。大容量でありながらも小型で、非常に便利な持ち運びツールです。

ですから、よくカメラ、ビデオカメラ、一眼レフカメラなどの携帯用電子機器に付けられて、デバイスの容量を拡大するするために使われています。

二、CFカードとSDカードの違い


二つども立派な記憶装置として、電子製品に愛用されています。強いて言えば、やはり使う場合が違っていると思います。

普通はそれほど大容量の記憶装置を使う機会がないので、小型のSDカードで十分です。でもCFは静電気に弱いSDより、耐久性も高いですし、書き込みスピードを速いですし、それに容量もより大きです。最近では256GBもののデータを保存できるCFカードが出てきたようです。そのため、もし数10、数百時間以上ものの時間のビデオを撮影する必要があるなら、CFカードはいい選択です。

CF SDカード

(左側はコンパクトフラッシュカードで、右側はSDカードです)

三、コンパクトフラッシュカードのデータを復元する方法


もしコンパクトフラッシュカードでのデータが消えたら、「FonePaw データ復元」を利用して、復元しましょう。パソコンでのデータ復旧・復元はもちろん、外付けの記憶装置のデータ復元も対応しています。

例えば、CFカードデータの復元、SDカードのデータの復元USBメモリのデータの復元など、色々対応できます。このソフトを通じて、一切複雑な手順はなし、たった4つか5つのステップだけで気軽く失ったデータを復元することが可能ですので、ユーザもきっと楽になれると思います。

1、下部のアイコンで「FonePaw データ復元」をパソコンにダウンロードしましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、復元したいデータのカテゴリと復元したいドライブを選択します。コンパクトフラッシュカードの場合、リムーバブルハードディスクでCFカードにチェックを入れてください。そして「スキャン」をクリックします。

データ 選択

3、CFカードをスキャンした後、ソフトの左側のカテゴリによって復元したいデータを探しましょう。復元したいデータにチェックを入れて、「リカバリー」をクリックすることでCFカードのデータを復旧します。

ファイル レビュー

4、CFカードに保存したデータを復元しました。

データ 復元完了

「FonePaw データ復元」で簡単にCFカードのデータを復元できました。もちろん、実際のところ、誰でもデータを失いたくないと思います。ですから、常にデバイスにつけたCFカードのデータをバックアップすることも大事です。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾