動画編集作業を行う場合、動画の再生速度を遅くする「スロー」機能と再生速度を速くする「早送り」機能はよく利用されます。動画シーンを遅くすると面白い瞬間をハイライト表示して強調することができます。その一方、動画シーンを速くすると、元々余計なシーンをスキップしたりくだらないシーンを面白くさせたりする効果があります。動画の長さを調整する時、再生速度の設定も重要です。

動画編集関連記事:
豊富かつ多彩なAVI動画編集方法
【YouTube】動画編集解説・全OSツール推薦
【2019年最新】無料MP4動画編集ソフトおすすめ

そのため、ここでは強力な動画編集ソフトPawEditorで動画やオーディオの再生速度を変更する方法を説明します。まずは「PawEditor」の無料体験版をダウンロードして、パソコンにインストールしてください。

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

「PawEditor」で動画の再生速度を変更するやり方


パソコンにインストールした「PawEditor」を起動すれば、下記画像のように、ソフトのメイン画面が表示されます。

動画 編集 メイン画面

本ソフトは回転・トリミング・分割などの多くの動画編集機能を搭載しています。動画の再生速度を調整したい場合には、まず再生対象の動画を素材ライブラリに入れてから、下部のタイムラインに追加してください。

頂部の「インポート」ボタンを押して素材を選択し、ソフトの「ライブラリ」に入れます。

インポート 動画 ファイル

そして「ライブラリ」の素材をタイムラインにドラッグして追加します。

追加した動画素材を右クリックして、「編集」>「プロパティを編集」>「再生速度」の順で再生速度を変更できます。デフォルト値の1は標準速度という意味です。ビデオを速くするには、値を大きくします。ビデオを遅くするには、値を小さくしてください。

再生速度 編集

最後には再生速度を変更した動画をチェックします。右上のプレビュー画面で調整された動画画面や音声を確認してください。

再生速度 プレビュー

動画の一部分だけ再生速度を変更する場合には、「PawEditor」の「カット」機能でタイムライン上の動画素材を分割して、調整したいパートだけ取り出してから、上記と同じ操作手順で再生速度を調整してください。

動画 素材 分割

「PawEditor」は再生速度設定のほかに、エフェクト・フィルター・トランジションなどの特殊効果を動画につけることで、ビデオの魅力を一層高めることができます。興味があれば、「PawEditor」の無料体験版を試用して、本格的な動画編集を始めましょう。

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾