動画の画面サイズ(解像度)は動画の画素を表す言葉です。画面を作る画素が多いほど、画面がよりきれいに表示される。普通の画面サイズは360p(640×360)、480p(720×480)、720p(1280×720、ハイビジョン画質、HDとも呼ばれ)、1080p(1920×1080、フルハイビジョン画質、フルHDとも呼ばれ)などがあります。今欧米で大人気の4K映画は2160p (3840×2160)極高い解像度のある映画のことです。

解像度が高いと、画質がいいですが、データのサイズが大きすぎるため、データ運送が遅くなったり、スマホのデータ通信が足りなくなったりするかもしれません。だから、場合によって解像度を変更して動画をリサイズする必要があります。

1.パソコンで動画の画面サイズを変更する
2.スマホで動画の画面サイズを変更する

パソコンで動画の画面サイズを変更する


スマホで動画の画面サイズを変更するのは便利です。ただし、アプリの機能に限られて好きな効果にならないこともあります。よりいい効果になるように、パソコンで動画の画面サイズを変更するほうがいいと思います。パソコンで動画の画面サイズを変更するなら、簡単に動画と音声を編集、作成する機能を含める一つ便利なソフトウェアFonePaw スーパーメディア変換をおすすめします。

Windows Version DownloadMac Version Download

1,FonePaw スーパーメディア変換をインストールして、起動したら、上にある二番目の「ファイルを追加」をクリックし、青い「設定」アイコンをクリックします。

メディア変換 ファイル 追加

2. 画面が下図のように表示されます。ビデオ設定の「解像度」をクリックして、変更したい解像度を選択して、「確認」をクリックすればいいです。

解像度 設定

このように動画の画面サイズ(解像度)を変更しました。「FonePawスーパーメディア変換」ほかの多くの機能も含んでいるので、ぜひダウンロードして、体験してください。

Windows Version DownloadMac Version Download

スマホで動画の画面サイズを変更する


次は、スマホで動画の画面サイズを変更するアプリをいくつかお勧めします。

InShot


InShotは写真やビデオが気軽に加工、編集できる有名なアプリです。絵文字、ステッカーや音楽などを動画につけて、気に入る動画を編集して、直ちにInstagramにシェアすることができます。保存する時の画面には動画のサイズを選択する項目があるので、動画を編集し終わったら画面サイズを選択すればいいです。

サイズ 編集 InShot

動画のトリミングとズーム


動画のトリミングとズームはiPhoneで撮った動画を簡単に加工することができるアプリです。1:1や4:3、16:9など複数の比率を選んで動画をトリミングのが可能です。動画トリミング時の画像を取り出して写真として写真アプリに直接エクスポートすることもできます。

動画のトリミングとズーム

ビデオスミス(Video Smith)


ビデオスミス(Video Smith)は動画の読み込み、動画切り抜き、字幕追加、BGM挿入、再生時間のトリミング、および音声録音など多くの機能を含める動画編集アプリです。動画を保存する場合は、綺麗、普通、粗め三つのサイズを提供され、しかも形式もMOVとMP4二つの形式を用意されます。

ビデオスミス 動画 編集

皆さん、お役に立ったら、この記事をシェアしてください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾