X
平成新春セール

Chromeは人気ブラウザの一つです。Chromeで動画を視聴したり、パソコンにダウンロード・保存したりすることがよくあります。Chrome拡張機能動画ゲッターで動画をダウンロードすることができます。なお、フリーソフトやアプリを利用することもChromeで動画をダウンロードできます。それ以外、キャッシュからChromeの動画を保存することも可能です。

ただし、YouTubeなど一部のサイトはChromeの拡張機能に対応していません。Chromeとは、YouTubeを運営しているGoogleが開発したブラウザですが、Google の方針によってYouTubeは基本的に動画のダウンロードを禁止されています。なお、Chromeが自動的にアップデートされるため、Chromeで動画のダウンロードに関する拡張機能が制限される場合があります。このような状況に対して、Chrome拡張機能の代わりにほかのフリーソフトを利用して動画をダウンロードしてみてください。

方法一、キャッシュからChrome動画を保存する


Chrome動画をダウンロードしたい場合、ほかのソフトをダウンロードせずにキャッシュから動画を直接に保存することが一番簡単な方法かもしれません。

ステップ1. キャッシュフォルダを見つける

Windows 7/8/Vistaで、Google Chromeのキャッシュが一般的にこのフォルダに保存されます。(「ユーザー名」はスタートメニューで確認できます。)

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache

もしこのパスでChrome動画のキャッシュデータが見つからない場合は、「コンピューター」「Ctrl」「F」キーを同時に押しし、「Cache」をテキストボックスに入力して検索してください。表示された結果から「User Data/Default/Cache」を含むアドレースを選択しましょう。


保存先

注意:パスでのフォルダーは隠されて表示されない場合もありますので、その時にはフォルダの上部の「表示」を選択してから、「隠しファイル」にチェックを入れて、隠されたファイルやフォルダを表示します。

ステップ2.保存したいChrome動画ファイルを見つける

「Cache」フォルダに表示されたキャッシュファイル一覧から保存したいChrome動画ファイルを見つけて保存してください。ファイルを更新日時順に並べた後、一番大きいなファイルを見つけて、それが目的ファイルかどうかを確認しよう。

ステップ3. 目的ファイルの形式を動画ファイルに変換する

「Cache」フォルダに表示されたファイルはすべて拡張子が付いていないので、プレーヤーに認識できません。見つけた動画ファイルのファイル名を変更して「.mp4」「.flv」などの拡張子を添えることでファイルの形式を動画に変換します。そのChrome動画ファイルが再生できるまで、汎用な動画拡張子を一つずつ試してみてください。

この方法でソフトなどをインストールせずにChromeで動画ファイルを保存できますが、拡張子を一つずつ試すのは少々面倒ですね。

方法二、動画ゲッターを使ってChromeで動画をダウンロードする


動画ゲッターとは、Chromeブラウザで利用でる拡張機能です。これがあれば、Chrome動画を解析してパソコンにダウンロードすることができます。

先ずはウェブストアから「動画ゲッター」プラグインをダウンロードしてインストールしましょう。インストールが完了したら、「Douga Getter」を追加しますか?というポップアップが表示されます。「拡張機能を追加」ボタンをクリックすると、「動画ゲッター」がChromeブラウザに追加され、ブラウザ画面の右上に矢印アイコンが付いています。


ダウンロード 動画ゲッター

ダウンロードしたい動画のページにアクセスすれば、その動画が自動的に解析されます。こういう時、画面の右上にある矢印アイコンをクリックすることで動画の解析画面を表示します。保存したい項目の横にあるダウンロードボタンをクリックして動画をダウンロードしましょう。


ダウンロードページ

出てきた確認ウィンドウで保存先を選択して再確認してください。こうすると、Chromeで動画がダウンロードされます。ただし、この方法はYoutubeの動画に対応していません。

方法三、VidPawサイトを利用してChromeで動画をダウンロードする


ChromeでYoutube動画をダウンロードするには、VidPawを利用することが一つの方法です。VidPawサイトはFacebook、WhatsApp、Instagramなどから動画をダウンロードすることに対応しています。

Chromeでダウンロードしたい動画のサイトアドレス(URL)をコピーします。上記のVidPawサイトにアクセスし、先ほどコピーしたURLを画面中央にあるテキストボックスに貼り付けます。横にある「確認」ボタンをクリックして解析を少々待ちください。


vidpaw動画リンク入力ボックス

一般的に、表示された結果の一覧で動画の形式と画質を選択可能です。ターゲットの項目の横にある「ダウンロード」をクリックすると、その動画は新しいページで再生されます。


ダウンロードリスト

出てきたページで動画をプレビューまたは無料でダウンロードすることができます。再生している動画の中央にあるプレーヤー欄で右クリックし、指示に従って操作してください。(スマホの場合は、動画再生画面の右下の「…」をタップします。)ダウンロードウインドウで保存先を選択した後、「保存」ボタンをクリックすると、動画が保存先にダウンロードされます。

方法四、動画ダウンロードソフトを使ってChromeの動画を保存する


Chromeの制限を避けるために、動画ダウンロードソフトを利用するのも一つの手です。動画ダウンロードソフトを通じてほとんどの動画をダウンロードできます。しかも、複数の動画を同時にダウンロードすることも可能になります。

まずはダウンロードボタンでFonePaw スーパーメデイア変換を用意してください。「FonePaw スーパーメデイア変換」はサイト動画のURLで手軽に動画をダウンロードできるソフトです。Chromeで再生する動画のダウンロードにも対応します。

ダウンロード機能以外、MP4動画を圧縮したり、WMVやFLV、MKVをMP4に変換したりすることもできます。

Chromeを開き、好きな動画を検索し、再生してください。再生画面でアドレスバーから動画のURLをコピーします。


コピー動画リンク

「FonePaw スーパーメデイア変換」をダブルクリックして起動させます。メイン画面の上部には六つの機能ボタンがあります。Chromeの動画をダウンロード保存するには左から三番目の「ダウンロード」ボタンを選択します。


メイン画面

「URLを追加」画面が現れるはずです。先ほどコピーした動画のURLを入力欄に貼り付けてから、「分析」をクリックします。


ダウンロード動画ファイル

分析が終わったら、解像度やサイズなどによって複数のファイルが一覧になる場合があります。需要によって、ダウンロードしたい動画の前にチェックを入れてから、「OK」ボタンで動画をソフトに追加します。


ダウンロードリスト

下部の「プロフィール」から保存したい形式を選択し、保存先を決めてください。すべての設定が完成したら、右側の「変換」ボタンを押します。


ビデオ形式一覧

変換の進捗状況が次のような画面で表示されます。作業が完成する前に、中断または停止することが可能です。変換終了になるときに動画を確認したい場合、「出力フォルダを開く」をマークしましょう。Chrome動画のダウンロードができたら、「完成」ボタンを押せばいいです。


ビデオ変換中

以上はChromeで動画をダウンロード・保存する方法について紹介しました。ご参考にしてください。それに、「FonePaw スーパーメデイア変換」を使用すれば、MP4動画を編集することも簡単にできます。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾