PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

macOS Sierra、High Sierra、Mojaveで動作しているMacでは、Macのストレージ容量の一部がパージ可能のストレージとして計算されていることがわかります。パージ可能とはどういう意味ですか? そして、パージ可能のストレージがMacでかなりの量のストレージを占めているため、大きなファイルをダウンロードしたり、macOSアップデートをインストールしたり、特定のアプリケーションをインストールしたりすることができない可能性があります。それではどのようにMacのパージ可能なスペースを削除することができるのでしょうか?

パージ可能領域が何であるかを調べるため、またはパージ可能領域を削除するためのオプションはありませんので、以下のヒントが必要です。

ストレージ状態一覧

以下の記事も必要になるかもしれません:

大きすぎるMacのシステム容量を減らす方法
Macのストレージを占拠する「その他」を削除する方法

目次

Macのパージ可能領域とは?
Macのパージ可能領域を削除する方法とは?

Macのパージ可能領域とは?


どのファイルがそのストレージスペースを占有しているかを表示することを可能にするアプリケーション、iOSファイルおよび他の種類のストレージとは異なり、パージ可能領域はすべてのパージ可能なファイルを表示しません。したがって、パージ可能領域に何が含まれているのかを知る方法はありません。

実は、その名前が示しているように、パージ可能領域は、空きスペースが必要なときにmacOSによって自動的に解放できるストレージスペースです。 パージできるファイルは、次のようなものです。

・写真、iCloudに保存されているドキュメンツ。
・iTunesから購入済みの観たことのある映画やテレビ番組。
・めったに使用しないかもしれない大きなフォント、辞書、言語ファイル。
・システムキャッシュ、ログ、Safariからの重複ダウンロードデータ。

「このMacについて」>「ストレージ」「ストレージを最適化」機能がオンになっていると、パージ可能領域が現れます。

ストレージを最適化

パージ可能領域は本当に空きスペースではありません。


Macの空きスペースは、空き容量とパージ可能領域で構成されます。たとえば、Macに10GBの空き容量と56GBのパージ可能領域がある場合、使用可能な容量の合計は66GBになります。パージ可能領域は空のスペースではありません。実は、パージ可能ファイルはディスクのスペースを占めています。12GBのファイルをダウンロードするときに、12GBのデータをダウンロードできるようにシステムはスペースを空けるためにパージ可能領域の一部を削除します。

ただし、パージ可能領域が常に期待どおりに機能するとは限りません。時々、56GBのパージ可能領域があるにも関わらず、12GBのファイルをダウンロードすることすらできないことだってあります。

Macのパージ可能領域を削除する方法とは?


どのファイルをパージ可能にし、いつ削除するかを決定するのはmacOSであるため、手動でMacのパージ可能領域を削除するのは困難です。ユーザーは、Macのパージ可能領域をいつ削除するかを決めることができません(そして、Appleによると手動でMacのパージ可能領域を削除する必要はありません)。しかし、本当にパージ可能領域の占用に悩まされている場合は、パージ可能領域を削除する2つの方法があります。

Macクリーナー:「FonePaw MacMaster」を使います。


Macのパージ可能領域を直接削除することはできませんが、パージ可能とされるかもしれないファイルを削除することはできます。その時でFonePaw MacMasterはあなたのお役に立ちます。「FonePaw MacMaster」は、システムのキャッシュファイル、ログ、重複したファイル、大きいファイルや古いファイル、メールのキャッシュ/添付ファイルなどを削除することによって、Macのディスクのスペースを解放することができます。


ステップ1.Macに「FonePaw MacMaster」をダウンロードしてインストールします。

Mac Version Download

ステップ2 .「FonePaw MacMaster」を起動します。「マスタースキャン」という機能によって、ほぼ全種類のシステムゴミファイルを検出して削除することが可能です。

MacMaster

ステップ3.Macのストレージを占めているアイテムを選んで、削除してみましょう。 例えば、「アプリキャッシュ」をチェックしたら、手軽にMacにインストールされているアプリのキャッシュファイルを見つけ出して削除できます。その他、システムキャッシュ、ローカライズファイル、ユーザーログなどの検出や削除することも便利です。これらはシステムにパージ可能なファイルにされるかもしれませんので、時には不要なファイルをクリーンアップする方がおすすめです。

ジャンクファイル

「古い大容量ファイル」機能では、簡単にMacに残って不要なファイルを検出することができます。環境設定に入ると検出するファイルのサイズを調整し、検出範囲を指定することが可能です。ここに検出されたファイルもパージ可能領域にある大容量ファイルが含まれているかもしれません。必要のない写真、ドキュメント、ムービー、その他のファイルをすべて選択し、「削除」をクリックしてそれらを削除してみましょう。

古い大容量ファイル削除

重複ファイルのボタンをクリックしたら、Mac上の重複ファイルを削除してパージ可能領域を解放できます。

重複ファイルを削除

MacMasterのスキャン結果に従って、不要なファイルをすべて削除してください。 その後、このMacについて>ストレージに移動し、解放されたスペースを確認してください。

大きなファイルを作成して、Macのパージ可能領域を削除します。


macOSが新しいアプリやファイルのために空きスペースを作る必要があると判断するまでパージ可能領域が削除されないので、パージ可能ファイルによって占められるスペースを取り戻すために十分大きなファイルを作成するという考えもあります。以下の手順に従ってください。

ステップ1 スポットライトを起動してターミナルを入力します。ターミナルを開きます。

スポットライトを起動

ステップ2 ターミナルウィンドウで、「mkdir ~/largefiles」を入力して、Enterキーを押します。これにより、ディスクでlargefilesという新しいフォルダが作成されます。

ステップ3 次に、次の行を実行します:
「dd if=/dev/random of=~/largefiles/largefile bs=15m」

これで、largefilesフォルダーに「largefile」という15 MBの新しいファイルが作成されます。しばらく時間がかかります。約5分後、ターミナルウィンドウでControl + Cを押してコマンドを終了します。

ステップ4 そして、「cp ~/largefiles/largefile ~/largefiles/largefile2」というコマンドを実行します。これで、largefile2というコピーが作成されます。

ステップ5 cpコマンドを実行して、ファイルのコピーを作成します。別のコピーを作成するには、コピーの名前をlargefile3、largefile4などに変更する必要があります。

ステップ6 ディスクがほぼ占められているというメッセージを表示されるまで、cpコマンドを実行してください。

ステップ7 「rm -rf ~/largefiles/」を実行します。これで、作成したすべてのlargefileのコピーが削除されます。もちろん、ゴミ箱を空にします。

最後に、このMacについて>ストレージに戻ってください。パージ可能領域が小さくなったはずです。

まとめ


コマンドについて何も知らないユーザーにとって、コマンドでパージ可能領域を消すのは少し複雑かもしれません。「FonePaw MacMaster」を使えば、より簡単で効果的です。

Mac Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾