「なぜMacのシステムの容量がそんなに大きいのか」って、多くのMacBookやiMacユーザーが似たような不満を述べ、Macのシステムの容量を減らす方法を知りたいと思っています。特に、お持ちのMacBookもしくはiMacのストレージが128GBならば、システムの容量が大きくなると問題になりかねません。ストレージが一杯のせいでMacの動きに影響を与えないように、この記事で皆さんにMacのストレージ「システム」部分容量が大き過ぎる時の対処法を説明しようと思います。

Mac システム 容量

以下の記事も必要になるかもしれません:

簡単にMacのアプリキャッシュを削除する方法
Mac容量不足解消:「起動ディスクはほとんど一杯です」エラーについて


目次

パート1.Macのシステム容量とは何ですか
パート2.Macのシステム容量を減らす方法
1、キャッシュとログファイルを削除
2、iTunesから不要なファイルを削除
3、ゴミ箱を空にする
4、メールの添付ファイルを削除

パート1.Macのシステム容量とは何ですか


解決法を紹介する前に、Macのシステム容量について教えておいたほうがいいでしょう。「このMacについて」>「ストレージ」では、Macのストレージが写真、アプリケーション、iOSファイル、オーディオ、システムなどの異なるグループに分類されています。システムストレージは複雑で、なかに何が保存されているかを説明するのが難しいです。システムストレージに分類されているファイルは、アプリ、ビデオ、画像、音楽、またはドキュメントに分類できないものです。たとえば、コンピュータを起動してアプリケーションを起動するに役立つオペレーティングシステム(macOS)、macOSオペレーティングシステムを正しく機能させるための重要なファイル、システムログファイルとキャッシュ、ブラウザ、メール、写真、サードパーティアプリケーションのキャッシュ、ゴミデータなどがあります。

パート2.Macのシステム容量を減らす方法


Macのシステム容量が大きくてストレージを圧迫すると、幾つの方法でシステム容量不足を解消できます。

システムが正常に動作するためには、macOSシステムとそのシステムファイルを削除することはできませんが、残りの部分を削除してMacのシステム容量を減らすことができます。ここでは、自らシステム容量を膨大させたゴミファイルを探すより、専門なMacクリーナーアプリ:FonePaw MacMasterの方がおすすめです。これを使えば、数クリックで簡単にMacのシステム容量を減らすことができます。

1、キャッシュとログファイルを削除


Macのシステム容量が肥大化していれば、まずキャッシュとログファイルをクリアする必要があります。これからは「FonePaw MacMaster」を利用し、Macからアプリキャッシュやシステムキャッシュ、及びシステムユーザーログ等の削除方法を案内させてください。

ステップ1.MacBookまたはiMacにMacMasterをダウンロードします。

Mac Version Download

ステップ2.「FonePaw MacMaster」を開き、「システムジャンク」を選択して「スキャン」をクリックします。
ステップ3.スキャン結果が表示されると、その中のログとキャッシュファイルを選択してください。

システムジャンク

ステップ4.「クリーン」をクリックすればMacのシステム容量からキャッシュやログファイルを削除できます。ちなみに「ローカル言語」を選んだら、アプリをインストールする時連れてきた日本語以外の多言語ファイルを削除することもできます。そうすると、更にMacのシステム容量を解放できます。

システムジャンククリーンアップ

2、iTunesから不要なファイルを削除


二番目のMacシステム容量減らす方法はiTunesから不要なファイルを削除することです。 iOSシステムのアップデートをiTunes経由で行うことができるので、アップデートファイルやiOSデバイスのバックアップデータはシステムストレージを大きくする可能性があります。iPhoneのバックアップデータとiOSのアップデートファイルは、Macで10 GB以上の容量を占める可能性があります。 iTunesファイルを削除することは、Macのシステムストレージを減らすには一番効果的な方法かもしれません。

手順は以下になります:

ステップ1.「iTunes」「環境設定」「デバイス」の順で進みます。
ステップ2.削除したいバックアップファイルを選択します。右クリックメニューから「Finderに表示」を選択すればバックアップファイルのサイズを見えます。
ステップ3.「バックアップを削除」をクリックし、削除することを確定します。将来同じようにバックアップが溜まることを避ける為、「~を自動的に同期しない。」をチェック入れる方がおすすめです。

iTunesバックアップファイル削除



「FonePaw MacMaster」を使えば、もっと簡単に削除することができます。ちなみにiTunesのキャッシュやiOSのアップデートファイル、iTunesの破損ダウンロードファイルにすら削除できます。

ステップ1.「FonePaw MacMaster」では、「iTunesジャンク」をスキャンして、不要なバックアップやアップデートファイルを探し出します。
ステップ2.結果は右のコラムに表示されます。 削除するためには、「クリーン」をクリックしてください。

itunesジャンクファイル

3、ゴミ箱を空にする


必要のないファイルをゴミ箱に移動しても、Macから完全に削除したわけではありません。しかし、ゴミ箱を空にすれば、完全に削除できます。私たちは皆、ごみ箱にあるファイルを忘れがちで、そのせいでゴミファイルがシステムストレージを大きく占めることになります。以下の手順に従ってごみ箱を空にして、システムストレージを減らしましょう。

ステップ1.ゴミ箱アイコンをクリックしたままにするか、あるいはマウスで右下を押します。
ステップ2.「ゴミ箱を空にする」というポップアップが表示されます。それを選んでください。
ステップ3.または、「Finder」を開き、ゴミ箱を空にすることもできます。

ゴミ箱を空にする

又は、「FonePaw MacMaster」で1クリックで確実にゴミ箱中の不要ファイルを消去してみましょう。

ゴミ箱 クリーンアップ

4、メールの添付ファイルを削除


すべての電子メールとその添付ファイルは、オフラインでも読めるようにMacに保存されています。添付ファイルが蓄積されると、システムストレージに大きな負担がかかります。 Macのシステム容量を減らすには、必要のない添付ファイルを削除する必要があります。添付ファイルが多すぎる場合や、メールによって生成されたキャッシュがある場合、MacMasterを使って削除してしまえば、Macの動作が速くなります。

ステップ1.プログラムを使ってシステムをスキャンした後、右のコラムに表示される添付ファイルとゴミを選択します。
ステップ2.「クリーン」ボタンをクリックして、一部の添付ファイルを選んで削除することもできますし、すべての添付ファイルを一度に削除することもできます。

プレビュー メール添付ファイル

「FonePaw MacMaster」によって削除された添付ファイルをメールサーバー再びダウンロードすることもできますので失われる心配はありません。

以上、この記事がMacのシステム容量を減らすのに役立つことを祈ります。もし何かご質問やご意見があった場合、遠慮なく教えてください!この記事がお役に立ったら、お友達にシェアしてくださいね!

Mac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾