PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

ここでは手軽にMKV動画をDVDに変換する方法を紹介します。初心者でも分かりやすいやり方なので、次の操作チュートリアルに従って、MKV動画をDVD対応形式に変換してから、動画ファイルをDVDディスクに焼いて、DVDプレイヤーやDVDドライブで再生してみましょう。


MKV動画をDVDビデオに変換するやり方

MKVからDVDに変換したいなら、専門的な動画変換ソフト「FonePaw スーパーメディア変換」を使ってみてください。この変換ソフトは百種以上のビデオ形式を対応して、MKVを簡単にDVDを含む多くの形式に変換できます。ソフトは無料体験可能ですので、興味があればぜひダウンロードして試用してください。

「FonePaw スーパーメディア変換」無料ダウンロード
Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1、「FonePaw スーパーメディア変換」をパソコンにダウンロード、インストールします。ソフトを起動後、「+」あるいは「ファイルを追加」を押して、DVDに変換したいMKV動画ファイルをソフトに追加します。

MKV追加

ステップ2、「出力形式」をクリックすれば、ソフトの対応形式一覧が表示されます。MKVをDVD対応の形式に変換したいなら、「VOB」を選んでください。

出力形式

ステップ3、上記の「出力形式」画面で右側の歯車アイコンをクリックすれば、プロファイル編集の画面に入れます。ここでは動画のフレームレート・解像度・ビットレートなどを調整可能です、必要があればここで設定を変更しましょう。

詳細設定

ステップ4、出力形式の設定が完了後、メイン画面「変換」をクリックします。これでMKVからDVDへの変換が開始します。変換中ソフト画面では進行状況を表示します、変換が完了したら、保存先フォルダでDVD対応の動画ファイルを確認できます。

MKV変換

最後は「VideoSolo DVD 作成」などのDVD作成ソフトを利用して、DVD動画をDVDディスクに焼けば、DVDプレイヤーで動画を視聴できます。

DVD作成

「FonePaw スーパーメディア変換」はDVDとMKV以外、ほかにもたくさんの動画形式を対応してます。MP4、AVI、MOVなど形式の動画を変換したい場合も、ぜひ本ソフトをご利用ください。

Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾