MKVとはMatroska Videoの略称で、一種のマルチメディアコンテナフォーマットです、動画・音声・字幕などの情報をひとつにファイルに格納することができます。MKVの特徴は多くのコーデックに対応でき、そして画質も優れています。複数の音声を搭載可能で、高度な字幕効果も対応できるので、その利用範囲がますます広がっています。しかしその一方、MKV形式動画の汎用性はイマイチです。MKV動画を対応できないデバイスが多くあり、例えばiPhoneやiPadなどは直接MKV形式の動画を再生することができません。もしMKVの動画をモバイルデバイスとか入れて、いつでも楽しめることにしたいなら、MKVファイルをMP4ファイルに変換することがおすすめです。

関連記事:
Windows/MacでMOVをMP4に変換する方法
MP4動画を編集するテクニック (Windows/Mac)
WindowsでMKVファイルを再生できない・音が出ない原因と対処法

MKVとMP4の違いは?


MKVと同じく動画ファイルの拡張子としよく使用されるMP4の最大な特徴はその高い汎用性です。数多くのデバイスに対応でき、動画再生機能があるデバイスなら、MP4は大抵それで再生できます。今や最も普及している動画形式と言っても過言ではありません。

MKVと同じコーデックを使用する場合、MP4の画質はMKVより少し劣るですが、MP4ファイルのサイズはもっと小さく、もしスマホとかに入れる場合、MP4は汎用性以外、動画のサイズもMKVより優勢があります。ではこれから「FonePaw スーパーメディア変換」というメディア形式変換ソフトでMKV動画をMP4形式に変換する方法を説明します。

「FonePaw スーパーメディア変換」でMKVをMP4に変換



Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.MKVファイルをインポート

FonePaw スーパーメディア変換」をパソコンにインストールし、実行してください。メイン画面にある「ファイルを追加」ボタンで、変換したいMKV動画をソフトに追加します(直接MKV動画をソフトにドラッグすることでも追加できます)。

MKVファイルをインポート

ステップ2.出力形式を選択

「プロフィール」ボタンをクリックし、動画変換の出力形式をMP4に選択します。本ソフトの対応形式は多いので、もしMP4を見つからない場合、直接下の検索機能でMP4形式を検索することもできます。

出力形式を選択

ステップ3.出力先を指定しMP4に変換

変換後の動画ファイルの保存先は「参照」ボタンで設定できます、お好きな位置に設定してください。動画ファイルの保存フォルダをセッティング完了したら、「変換」ボタンをクリックしMKVをMP4に変換させます。変換中は進行状況と残り時間なども確認できます。

動画をAVIに変換

MKVを無劣化でMP4に変換するのは可能ですか?


動画の形式変換と言ったら、皆さんが最も気になる問題の一つは画質や音質の劣化ですね。実際どんなソフトでも、動画の編集や形式変換は再エンコードなどが必要ですので、100%無劣化で完成するのは不可能です。しかし「FonePaw スーパーメディア変換」はその高効率的かつ安全なアルゴリズムによって、変換中の画質と音質の劣化を最小限に抑えることができ、動画の劣化を普通に再生して鑑賞する際に気付けないレベルに留まることが可能です。だからもしMKVの品質を最大限に保留しながらMP4に変換したいなら、「FonePaw スーパーメディア変換」はベストな選択です。

FonePaw スーパーメディア変換」はMKVをMP4に変換できる以外にも様々の形式変換にサポートでき、WMVをMP4に変換したい、もしくは動画をAVIに変換したいなどの状況でもお役に立てる実用的な形式変換ソフトです。下のダウンロードボタンをクリックすれば無料体験できますので、是非お試しください。


Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾