X
年始年末セール

MPEG(Moving Picture Experts Group、動画専門家集団)はビデオとオーディオの圧縮基準の開発するISO/IECのワーキンググループです。グループの略称ではありながら、策定したビデオやオーディオの標準規格の名称としても使われています。
そんなMPEGが開発した、日常生活の中でよく使われている国際規格はMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4の三種類があります。その中、MPEG-1とMPEG-2規格で圧縮した動画ファイルの拡張子は.mpgや.mpegであって、MPEG-4の拡張子はMP4の場合が多いです。 MPEG-4はネット動画配信やモバイル端末などのジャンルで幅広く使われているほか、MPEG-2より高画質・低容量とされています。そんな特徴があるから、所持している.mpgや.mpegの動画ファイルをネットで共有したい時やデバイスに入れたい時は、MPEG-4規格のMP4形式に変換した方がいいと思います。そして今日は簡単にMPEG動画をMP4に変換できる方法を皆さんに紹介したいと思います。

まずはこれから使う人気メディア変換ソフト「FonePaw スーパーメディア変換」を紹介しましょう。ほぼ全てのオーディオ、ビデオ形式の変換に対応していて、動画の編集や動画配信サイトからのダウンロードもできるほど多彩の機能を持つソフトです。
しかも、このソフトにはWindows版とMac版もあるので、Macでも簡単にMPEGをMP4に変換できます。今すぐ下のリンクをクリックして、「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードしましょう!

Windows Version DownloadMac Version Download

MPG、MPEGをMP4に変換する方法


Step 1.MPEGファイルを追加
「FonePaw スーパーメディア変換」をインストールし終わったら起動します。 下記のようなウィンドウが出てきたら、「ファイルを追加」ボタンをクリックし、変換したいMPEG動画ファイルをプログラムに追加します。

MPEGファイルを追加

Step 2.出力形式をMP4に指定
「プロフィール」ドロップダウンメニューをクリックし、「普通のビデオ」カテゴリから「MPEG-4 ビデオ(*.mp4)」を出力形式として選択します。
或いは直接「プロフィールを検索」欄で「mp4」を入力し、全てのMP4フォーマットを見つけることができます。その中から一つを選んで、出力形式に指定します。
ちなみに、変換後ファイルの保存先を変えた人は、一番下の保存先欄の「参照」ボタンを押せば変換できます。

出力形式をMP4に指定

Step 3.MPEG-MP4変換開始
最後に「変換」ボタンを押して、MPEG-MP4変換の始まりです。

MPEG-MP4変換開始

同じ操作で、MP4をMPEGに変換することも簡単にできます。今すぐ上記の手順に従って、MPEGをMP4に、或いはMP4をMPEGに変換してみましょう!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   759   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾