FlashはAdobe会社から開発された動画やゲーム等を扱う為の一つの規格です。動画形式として人々に知られているのswf形式は、Macronmedia社が販売しているWeb用アニメーション作成ソフトの「Flash」によって作成された動画ファイル形式です。一般には、再生するため「Flash Player」を使うのが必要です。

ここ数年来、HTML5に注目度がどんどん高まる一方、Flashのユーザー数だんだん下がっています。それどころか、セキュリティ問題が指摘されて、スクリーンタッチにも対応できず、Flash技術は規格の一つとして、既に時代遅れと呼ばれています。ついに、開発会社のAdobeから、2020年にFlashを終了すると発表しました。

Flashの時代は終わり?


前文の言った通り、近年来スマホの普及によって、2011年にモバイル用Flashの開発を破棄したから時代遅れたAdobe会社は、2020年にこの規格を終了することを宣言しました。その中には当然、指摘された安全性への考慮があります。それから、HTML5という上位交換の規格が出現した以上、旧式なFlash規格も歴史の舞台から降りるしかできません。

各ブラウザの対応


Adobe会社の宣言に対して、各ブラウザはどのように対応するのでしょう。

●Chrome


Googleから開発したChromeでは、現在Flashの内容をユーザーから許可された後実行するように設定しています。2020年末、ChromeブラウザはFlashのサポートを完全に中止することになっています。

●Firefox


Google Chromeと同じく、今後Flashのサポートを終了する予定があります。現在ではプラグインの形式でFlashの動作確認を求めて、後ほどはデフォルトでFlash機能を排除します。

●IE/Edge


現在Flash実行にユーザー許可を確認するようになっています。2019年になると、デフォルトでFlashを無効にして、AdobeがFlashのサポートが終了後、使えなくなります。

HTML5の新時代にFlash動画をHTML5規格に変換する方法は?


Flash規格がHTML5規格に取って代わることが決まった以上、手元のFlash動画、つまり.swf拡張子の動画ファイルをHTML5に対応できる形式に変換する必要も出現しました。ならばどうしたらFlash動画をHTML5に適用な形式にコンバートできますか?答えは簡単です。本記事で推薦されるHTML5動画変換ソフト、FonePaw スーパーメディア変換を使ってください。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.まずはダウンロードボタンによって、「FonePaw スーパーメディア変換」をパソコンにインストールしてください。そして、ソフトを起動します。「ファイルを追加」ボタンをクリックしたら、変換したいFlash(*.swf)動画を変換リストに追加することができます。

ファイルを追加

2.次には「プロフィール」から変換先のフォーマットを選ぶことです。HTML5に対応できる動画形式というと、Googleから開発されたWebM形式です。検索ボックスにWebMを入力したあと、右側の選択欄で対応できるWebMビデオ形式が表示されます。それから希望な形式を選んで、Flash動画を変換してください。

プロフィール

3.メイン画面から「変換」ボタンを押すと、Flash(*.swf)動画が変換始まります。完了まで暫く待ってください。

変換

*現在のところ、HTML5に埋め込める動画要素はWebM形式以外のOgg、MPEG-4形式があります。

Flash(*.swf)動画はHTML5の時代前に、長い年月の中にたくさんの面白い内容を我々に伝えてきました。現在のところは色んな原因で、歴史舞台から降りなければならないが、優秀な動画内容をHTML5に対応できる形式に変換したら、またインターネットで他の人々にシェアすることができます。もし興味があれば今すぐ「FonePaw スーパーメディア変換」を使って、Flash(*.swf)動画をHTML5規格に変えてみてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾