X

インターネットで配信されている動画はほとんどWMV形式になっているためiPhone、iPadなどのアップルデバイスでは再生できません。ではどうすればWMVをMP4に変換できるのでしょうか?
WMV、ウィンドウズ・メディア・ビデオ(Windows media video)とはマイクロソフト社より開発し発展した動画形式の一種で、ウィンドウズメディアプレイヤーで再生することと、インターネットでの配信に用いられています。またXBOX 360とクリエイティブZENなどのポータブルメディアプレイヤーでも再生可能です。

しかしアップル製品の持ち主(MACユーザーとiPhone、iPad、iPodユーザー)にとって、WMVが相当不便な動画形式でしょう。なぜかというと、WMV形式はiMovieというMACユーザーに好まれている動画編集ソフトには認識されないし、よく使われているQuickTimeやポータブルアップルデバイス(iPhone、iPod、iPad)にも認識できないためです。

もし手元のWMVファイルをMP4に変換してお手持ちのiPhone/iPod/iPad、またはPSP MP4プレイヤーで利用できるようにしたいなら、「FonePaw スーパーメディア変換」が一番オススメです。このプロなWMV動画変換ソフトを使えば手軽にWMVをMP4に変換でき、変換したファイルをiPad、iPod、iPhone、携帯電話、XBOX 360、Zune、Apple TV、SONY PSP及びほかの多くのポータブルデバイスで観賞できるようになります。

「FonePaw スーパーメディア変換」試用版を無料ダウンロードしてください。


Windows Version DownloadMac Version Download

WMVをMP4に変換する方法


ステップ1.ソフトをダウンロードしインストール
ご使用中のパソコンに無料ダウンロードしてからインストール。実行すると下図に示すウィンドウが出ます。
ソフトをダウンロードしインストール


ステップ2.WMVファイルをロード
「ファイルをロード」ボタンをクリックしWMVファイルを追加。複数変換モードではいくつかのWMVファイルを同時に追加可能。
WMVファイルをロード


ステップ3.出力形式と出力先を選択
「プロフィール」ボタンをクリックしたらプロフィール設定ウィンドウがポップアップし、「普通のビデオ」で「MP4」形式を選択。お手持ちのデバイス型番を選択してもいいです。「参照」ボタンをクリックしてダイアログボックスで出力フォルダを選択
出力形式と出力先を選択


ステップ4.出力先を選択しMP4に変換
上記のセッティングを完成した後、右下の「変換」ボタンをクリックしWMVをMP4に変換開始させます。
出力先を選択しMP4に変換


コツ:
1.変換ウィンドウでは、「コンピュータをシャットダウン」という動作を選択することでWMVがMP4に変換成功したらパソコンが自動的にシャットダウンされます。

2.サイズの大きいWMVファイルを処理しようとすれば、WMVからMP4への変換を夜、又はパソコンのアイドルタイムに行うほうがオススメです。

これでMP4変換が完了。「FonePaw スーパーメディア変換」の使い方とMP4動画変換の方法をゲットしましたでしょうか。この方法でMOVとMP4、AVIとMP4、WMVとMP4、またはほかの任意の動画変換が簡単にできます。
このソフトを利用し動画をWMA、ACC、MP3に変換することで音声を抽出することも可能。さっそくお試しみまませんか!

FonePaw スーパーメディア変換」は総合的な動画変換ソフトです。WMVをMP4への変換をサポートしているだけではなく、WMV、AVI、MKV、MOV、MPEG、MP4など全ての動画形式間の変換もサポートしています。さらにクリップ、クロップ、結合、ウォーターマークなどの編集機能で動画を編集することも可能です。必要がありましたどうぞお試しください!


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   679   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ