PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

iPhoneのパスコードが合っているのにロックが解除できない!?そういうエラーが発生した時にはどうすればいいのでしょうか。iPhoneの画面ロックを解除するために、ここで紹介した対処法で問題を解決してみてください。


一、iPhoneのパスコードが合っているのにロック解除できない時の解決方法

パスコードが合っているのにiPhoneは開かない場合、iPhoneの画面ロックを解除するために何回もパスコードを入力してしまうと、「iPhoneは使用できません XX分後にやり直してください」というメッセージが表示されます。その時にはまずiPhoneのメッセージに従い、XX分後に再びパスコードを入力してみましょう。

もしそれでもiPhoneのロックが解除できないと、iPhone側に「間違えすぎた」と認識されて「iPhoneは使用できません iTunesに接続」というメッセージまで表示されるリスクがあります。その場合にはパスワードを間違えすぎた時の対処法を参考にしてください。

もしそこまでの状況になっていない場合、とりあえず次の対処法でエラーを解消することをお勧めします。

方法1、iPhoneを再起動

iPhoneのパスコードが合っているなら、開かない問題はパスコードを間違えたせいではなくてiPhone側には不具合が発生した可能性があります。iPhoneの不具合を直すためにはまず「再起動」をしてみてください。

iPhoneが再起動された後、もしiPhoneのズレが直されると再びパスコードを入力すれば画面ロックが解除されるはずです。

方法2、iPhoneを放置してみる

再起動のほかに、ちょっとiPhoneを放置してから、もう一度パスコードを入力すればiPhoneが開けるようになる可能性もあります。でも、1時間くらい放置した後でもiPhoneは開かない場合、できるだけ早く問題を解決してiPhoneを利用するためにはやはり次の解決策を試してください。

方法3、iPhoneロック解除ソフトを利用

iPhoneのパスコードが合っているのに開かない時、直接iPhone向けのロック解除ソフトで画面ロックを解除するのも対処法の一つです。ここではFonePaw iPhoneロック解除で開かないiPhoneのエラーを解消するやり方について説明します。まずはこのソフトをパソコンにダウンロードして、インストールしてください。

Windows Version DownloadWindows Version Download

ステップ1、インストール済みの「FonePaw iPhoneロック解除」を起動すれば、メイン画面では三つの機能が表示されます。ロックを解除するためには「パスコード解除」を選んでください。

起動画面

ステップ2、次には「スタート」を押して、開かないiPhoneをPCに繋いでください。これでソフトが接続されたiPhoneを自動的に検出できるはずです。

パスコード解除機能

ステップ3、iPhoneが検出されると、そのデバイス情報がソフト画面に表示されます。もちろん、表示されたiPhone情報が正しくない場合には自分で変更することもできます。ソフト画面のデバイス情報を確認した後、もう一度「スタート」を押してください。

デバイス 情報 選択

ステップ4、これでデバイス情報によってロック解除のためのファームウェアパッケージのダウンロードが開始します。ダウンロードが終了した後、「アンロック」を押してロック解除前の確認画面に入ります。ここでは「0000」を入力して「アンロック」をクリックして、開かないiPhoneのロック解除を始めましょう。

解除 確認

ステップ5、ソフト「FonePaw iPhoneロック解除」でのロック解除が始まり、進捗状況はソフトに表示されます。そのうちには操作ガイドによって手動でiPhoneをリカバリーモードにする場合もありますので注意してください。

解除終了

このソフトのパスコード解除が完了すると、iPhoneパスコードとともに、Face ID、Touch ID、そしてiPhoneの全てのデータも解消されます。もし事前にiTunesやiCloudでバックアップを取っておいたら、iPhoneの初期設定画面でバックアップからデータを復旧できます。

iPhoneのパスコードが合っているのに開かない時にはこのソフトでロックを解除できますが、ロック解除した後、端末のバージョンが自動的に最新に更新されます。そして、もし「iPhoneを探す」をオンにしている場合、ロック解除した後にはiCloudのパスコードを入力してiPhoneをリセットする必要があります。

Windows Version DownloadWindows Version Download

方法4、Apple修理先に連絡

Appleサポートや修理ショップに連絡して、iPhoneの修理を依頼することもできますが、修理代金が少々高い同時に、iPhoneを修理するためには約1週間がかかりますので、その間には自分のiPhoneが使えなくて大変でしょう。

そのほか、Apple製品の修理店の修理方法といえばiPhoneの中のデータが画面ロック解除と伴って消去される可能性が高いです。でも、もし上記の方法で自己解決できない場合、色々不便なことが多いですが、やはりAppleサポートに頼むほうがいいでしょう。

二、iPhoneのパスコードが合っているのに開かない不具合を防止する対策

パスコードが合っているのにiPhoneが開かない場合、問題を解決するためにはほとんどパスコードだけではなくiPhoneの中身のデータもすべて消去する必要がありますので、今後同じ問題が発生しないように、できるだけ防止策を講じてください。

対策1、定期的にiPhoneを最新のiOSバージョンに更新する

iPhoneのiOSバージョンの更新と伴って数知れないバグが直されます。iPhoneのパスコードが合っているのにiPhoneの画面ロックが解除できない問題はiPhone側の不具合で発生したトラブルならば、iPhoneのiOSを定期的にアップデートすることで防止できるはずです。

iPhoneの「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」ではiPhoneのiOSバージョンに関わるアップデートを確認できます。

ソフトウェア・アップデート

対策2、定期的にiPhoneのバックアップを作成する

iTunesやiCloudなどのAppleサービス、或いは「iOSデータバックアップ・復元」などのソフトは専門的なバックアップ作成機能が搭載しています。iPhoneのバックアップを定期的に取ることではiPhoneデータの紛失を最低限に抑えて、二度とiPhoneのパスコードが合っているのに開かないエラーが発生してiPhoneのデータがすべて消去されても、作成したバックアップからiPhoneデータを取り戻せます。

iPhoneのバックアップは多ければ多いほど重要なiPhoneデータを安全に保存することができますので、様々なiPhoneバックアップサービスを活用して複数のバックアップを作成してiPhoneデータを管理するのも悪くありません。


対策3、定期的にiPhoneの容量不足を解消する

iPhoneのストレージ容量が足りないと色々な不具合が生じますので、定期的にiPhoneの空き容量を増やすことではパスコードが合っているのにiPhoneが開かない問題の発生を未然に防ぐことができます。iOSデバイス(iPhoneやiPad)でのファイルの管理・削除はAppleの仕様によってほかのスマホより困難ですので、「FonePaw DoTrans」などのiPhoneデータ管理ソフトを活用してiPhoneの不要なファイルをPCに転送したり削除したりすることをお勧めします。


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾