動画加工を行う際、手元の動画・画像素材をクロップして、不要な部分を画面から切り取ることもあります。ここでは専門的な動画編集ソフト「PawEditor」で動画・画像素材の一部を切り抜くやり方を紹介します。

動画編集関連記事:
豊富かつ多彩なAVI動画編集方法
卒業紀念ムービーにお勧めの動画作成・編集ソフト
【2019年最新】無料MP4動画編集ソフトおすすめ

動画の余計なパートを画面からカットしたいでしたら、まずはPawEditorをパソコンにダウンロードしてインストールして、それから本記事の操作を参考してください。

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

「PawEditor」で動画をクロップするやり方


ステップ1、素材をインポート

「PawEditor」を起動し、新規プロジェクトを作った後、まずはクロップ対象の動画や画像の素材をソフトの「ライブラリ」に入れてください。

動画 インポート

ライブラリの素材を右クリックして「ソースをラフカット」機能を利用することができます。「ラフカット」画面にはクリップをドラッグすることで素材の長さを調整できます。

ビデオ ラフカット動画 ラフカット

ステップ2、クロップを開始

動画や画像をドラッグして下部のタイムラインに追加してください。トラックに入れた素材を右クリックして「画面カット」を選択すれば、プレビュー画面を見ながら左上の編集ウィンドウで素材のクロップ効果を微調整できます。

画面 クロップ

テンプレート編集画面でシェイプを選択してから、「水平」・「垂直」・「幅」・「高さ」・「回転」・「柔性」などのパラメータを調整して素材のクロップ効果を変更できます。ちなみに、右上のプレビュー画面の「画面トリミング」ボタンを押しても、同じく動画のクロップ効果の編集画面に入れます。

動画 クロップ

クロップ後の動画画面の位置と大きさを調整したり素材を回転させたりしたい場合、プレビュー画面の上部の「位置指定ズーム回転」を押してください。「画面カット・画面トリミング」のクロップ機能と合わせて活用すると好きなだけ素材を切り取ることができます。

位置指定ズーム回転

ステップ3、高度な機能で素材を編集して出力

不要なパートを切り取った後、「PawEditor」のほかの編集機能でより魅力的な動画を作り出すことができます。例えば、上部の「エフェクト」・「色(フィルター)」・「トランジション」で動画に特殊効果を付けて、ユニークな雰囲気を引き出すことが可能だし、キーフレームを追加してアニメーション効果を動画につけることもできます。

フィルター 編集

もうこれ以上動画を編集する必要がない場合、頂部の「エクスポート」ボタンを押して、出力ファイルの設定を確認してください。右下の「エクスポート」を押したら、クロップ後の動画ファイルが出力されます。

プロジェクト 出力

「PawEditor」は動画クロップ以外にも多くの機能を搭載して、操作も簡単な動画編集ソフトで、初心者から上級者まで簡単にを使いこなせます。もし興味があれば、今「PawEditor」の無料体験版を試用して動画をクロップしてみましょう。

「PawEditor」無料体験版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾