PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

WindowsパソコンやSDカードでデータが紛失してしまう時、パソコン・SDカード向けのデータ復元ソフトを利用すれば、紛失したデータを検出してそれを取り戻すのが可能です。ここではメモリカード・ハードディスクなど様々な場所から紛失したデータを復旧する優秀なデータ復元ソフトをまとめて紹介します。この中から最強なデータ復元ソフトを見つけ出しましょう。


おすすめその1.「FonePawデータ復元」

データ復元の初心者にとって、「FonePawデータ復元」は簡単かつ強力なデータ復元ソフトとして最適な選択とも言えます。このソフトはWindowsのHDD(ハードディスクドライブ)、SDカードなどのメモリカード、そして外付けHDDやUSBメモリーなどでのデータ復元には役に立ちます。

ソフトをパソコンにインストールした後、このソフトでパソコンやPCに接続した外付けデバイスを高速スキャンできます。スキャンが終了したら、保存されたファイルが検出されて種類ごとに分類されます。失くなったデータにチェックを入れて「リカバリー」を押すだけで、そのデータを取り戻すのが可能です。

Windows Version DownloadMac Version Download

データ復元起動

便利なデータ復元ソフトとして操作手順がわかりやすくて数ステップだけで紛失したファイルを検出して復旧できます。様々なファイルシステムのデータ復元に対応しますので、専門的なデータ復元ソフトを探しているなら「FonePawデータ復元」をお勧めします。

でも、注意すべきなのは、この復元ソフトはWindows・Mac向けのソフトで、スマホアプリではなく、ソフトの復元機能を利用するためには事前にソフトをWindowsやMacなどのパソコンにインストールしておく必要があります。

おすすめその2.「Recuva」

Piriformが開発したWindows向けのデータ復旧ソフト「Recuva」は画像・音楽・ドキュメント・動画・メールなど多種類のファイルの復元に対応します。Windowsパソコンでのごみ箱やMP3プレーヤーなどのデータが失われた時には役に立つでしょう。削除されたデータを復元する前にはそのファイルを検索して詳細情報をプレビューすることができて、ファイル復元の成功率さえも表示されます。シンプルなソフト画面がわかりやすいし、基本的な復旧機能のほかに、検出されたデータを復元されないように消去する機能も搭載しています。

Recuva

おすすめその3.「Disk Drill」

数多くのユーザーに愛用されるWindows・Mac向けのデータ復元ソフトとして、「Disk Drill」は紛失したデータを復旧するのだけではなく、読み取りができなくなったファイルを復元するのもできます。誤ってファイルを削除してしまい、或いは突然ファイルが開けなくなった時にはこのソフトを利用してみましょう。USBメモリーやSDカードなどが不明な不具合で利用できない時、或いはドライブを誤ってフォーマットしてまった場合にも、このソフトでデータを取り戻してみてください。

「Disk Drill」はデータ復元のほかに、特別な「データ保護」機能も搭載しています。これでは指定したパーティション・ドライブを監視できます。「データ保護」機能によってドライブ・パーティションに保存したファイルが削除される場合、ファイルのメタデータが保存されてデータ復元の成功率を上げることができます。

Disk Drill

おすすめその4.「MiniTool Power Data Recovery」

非常にきれいで直感的なソフト画面でパソコンのドライブを選び、ファイルスキャンで紛失されたファイルを検出して、そして復元したいデータにチェックを入れて保存先を決めるだけで簡単に復元することができます。

しかし、復元の成功率を最大限まで上げるためですか。ソフトのスキャンがとても遅いですので、スキャンが完了まで待つより、スキャン中には「一時停止」を押して検出されたファイルを確認するほうがいいかもしれません。

minitool

おすすめその5.「Stellar Data Recovery」

Stellarが開発したWindows向けデータ復元ソフトとして「Stellar Data Recovery」は写真・ビデオ・音楽などのメディアデータを含めて多種類のファイルの復元に対応し、WindowsやMacでファイルが消えた時のデータ復元には大きな役割を果たします。HDD・外付けHDD・メモリカード・フラッシュドライブ・CD/Blu-ray/DVD(PROバージョンのみ)などからのデータ復元に対応します。データ復元するうちには復元したいファイルの種類、そしてスキャン範囲を特定することができます。スキャンが完了すると、ファイルの詳細が表示されて、復元したいファイルを選んで気軽に復元できます。

WindowsのHDDを暗号化したとしても、「Stellar Data Recovery」を通じてはその中のデータを回復する機能があります。「Stellar Data Recovery」のデメリットというと、その値段はほかのデータ復元ソフトと比べてはかなり高いことです。「Stellar Data Recovery」は無料版でもありますがソフトの機能には制限がかかっています。

Stellar

データ復元ソフトといえばどちらでも高度な機能を持ちますが、その対応形式と搭載機能は様々ですので、データ復元の効率やインターフェースの使い心地などはソフトのプレビューを読むだけで実感できないでしょう。そのため、もし上記の強力なデータ復元ソフトに興味があれば、やはりソフトの無料体験版などをダウンロードして使ってみて、パソコンのデータをスキャンして復元できるかどうか自分で確認してみるほうが賢明です。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾