X
年始年末セール

Google Chromeでサイトを閲覧した後のページは90 日間Google Chromeの閲覧履歴に保存されます。面白いページを見つかって、ブックマークにし忘れた場合、閲覧履歴なら該当のページを再び探し出して、保存することができるから便利です。

同時に、閲覧履歴はとてもプライベートなものですので、他人に見られるのが嫌だと考える方もいるではないでしょうか。パソコンやスマホを使用した後、閲覧履歴を削除せずに個人情報や個人趣味などを他の人に見られたら、ちょっと気まずいですね。

閲覧履歴を他人に見られたくないなら、シークレットモード機能法を利用すれば、パソコンでもスマホでも閲覧したページは履歴に残りませんが、でも、もしシークレットモードを利用し忘れた場合、サイトを閲覧した後、履歴を削除できる便利で、いい方法はありませんか。

答案はもちろんあります。ここで、手軽くパソコンとスマホから閲覧履歴を削除する方法についてを説明します。

一、パソコンのGoogle Chromeの閲覧履歴を削除するやり方
「FonePaw MacMaster」を使ってMacから一気にChromeのプライバシー情報を消去
二、スマホからグーグルクロームの閲覧履歴を削除する手順

一、パソコンのGoogle Chromeの閲覧履歴を削除するやり方


Google Chromeには閲覧履歴を削除する機能があります。シークレットモードを利用し忘れた場合、この機能を利用してGoogle Chromeの閲覧履歴をWindows・Macパソコンから削除することができます。

1、グーグルを起動して、右側の「┆」のようなアイコンをクリックします

グーグル 起動 アイコン

2、「履歴」選択しを押します。

グーグル 起動 選択

3、「閲覧履歴データを消去する」を押します。

グーグル 閲覧 履歴 削除

4、ポップアップの「閲覧履歴」にチェックを入れます。

グーグル 閲覧 履歴 データ

5、削除したい閲覧履歴の時間を選択した後、「データを消去」で閲覧履歴をChromeから削除します。

グーグル 閲覧 履歴 データ

「FonePaw MacMaster」を使ってMacから一気にChromeのプライバシー情報を消去


Chrome自身の機能を利用して削除することもできますが、複数のブラウザを使っている場合、Chromeの履歴を一部だけ削除したい場合、MacMasterをおすすめします。

また、FonePaw MacMasterはMac専用のクリーンアップソフトで、Chromeの閲覧履歴を含めて、他にもMacの画像、メール、キャッシュなど、様々な不要のデータをMacから削除することでユーザーのディスクの容量を取り戻すことができるツールです。

1、「FonePaw MacMaster」をMacにダウンロード・インストールします。

Mac Version Download

2、左側の「プライバシー」をクリックして、「スキャン」ボタンで進みます。検出した結果の中削除したいブラウザと閲覧履歴を選択して、「クリーン」ボタンを押します。

GOOGLE プライバシー クリーン

3、すると、選択した閲覧履歴が削除されます。

GOOGLE プライバシー 削除


二、スマホからグーグルクロームの閲覧履歴を削除する手順


パソコンと同じアカウントにログインする場合、スマホでGoogle Chromeの閲覧履歴を削除したら、パソコンで閲覧したページも同時に削除されます。もし突然パソコンの閲覧履歴を削除し忘れたことを思い出したら、この方法でパソコンで閲覧したパージを削除することもできます。

1、スマホのGoogle Chromeを起動します。

2、右側の「三」みたいなアイコンをタップします。

Chrome 履歴 メニュー

3、部分の履歴を削除したいなら、削除したい履歴の右側の「☓」をタップします。全部の履歴を削除したいなら、「閲覧履歴データの消去…」をタップすることで全部の履歴を削除します。

Chrome 閲覧 履歴 消去

4、「閲覧履歴」にチェックを入れて、「クリア」をタップすることでGoogle Chromeの閲覧履歴をスマホから削除します。

Chrome 閲覧 履歴 キャッシュ

スマホの削除手順を更に詳しく知りたい場合、こちらの記事をお読みください:AndroidスマホのGoogle検索履歴を削除する方法

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾