X
年始年末セール

iPadのデータ管理に困っていますか。どんなスマホデバイスもデータのやり取りがあります。削除したり、追加したり、常に中のデータが更新されています。そして、中にはいらなくなったデータや、人に見せたくないデータもあります。これらのデータを削除する時は、どうしたらいいですか。 iPadを他人に譲る時、まずしなきゃいけないのは、iCloudアクティベーションロックの解除と、データの全消去です。また、日常の使用にも、写真を削除したり、動画を削除したりする時があります。その方法とは?

iPadのデータを一気に全部消去する方法


iPadを譲渡する場合、すべてのデータを削除してましょう。削除する前には、iCloudアクティベーションロックを解除してください。
1.「設定」をタップします。
2.「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  ipad データ 削除
これですべての情報を削除することができ、iPadが初期化されます。

要らないiPadのデータを便利に削除する


iPadの画面をタップしてデータを1つづつ削除する以外、PCでデータを削除する方法もあります。今回紹介するのは、管理ソフト「FonePaw iOS転送」を使っての方法です。このソフトを利用すれば、Windows PCやMacで便利にiPadのデータを整理でき、要らないファイルを削除することができます。
   Windows Version DownloadMac Version Download  

1. USB経由でiPadをPCと接続します。「FonePaw iOS転送」はiPadを認識します。
2. 左のメニューからデータの種類を選択できます。写真・動画・音楽・連絡先などに対応しています。
3. データ種類を選択し、削除したいデータを選択します。そして上のゴミ箱削除ボタンをクリックすれば削除完了です。

ipad 削除

ご注意:一部削除できないデータもありますので、まずは試用版をダウンロードして対応機能をご確認ください。
 
 「FonePaw iOS転送」の利点
iTunesとの同期作業が不要で、直感的な操作でデータを削除することができます。音楽を削除する場合、曲を選択して削除するだけで、再同期の手間も省けられます。更にiPad管理機能もありますので、パソコンを持っているユーザにおすすめします。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾