X
平成新春セール

「Mac OS Xで、ライブラリフォルダの中のキャッシュファイルを安全に削除する方法、ありますか?キャッシュファイルのサイズがとても大きく、全部で3.86GBあります。容量を解消したいですが……」

このように、Macユーザーの中には、アプリキャッシュについて疑問を持つ方も少なくないでしょう。ですから、この記事では、以下の問題について解説します:アプリキャッシュを削除できますか?どうすれば安全にMac OS X/macOSでアプリキャッシュをクリアできますか?

関連記事

Macで重くなったSafariを高速化する方法
大きすぎるMacのシステム容量を減らす方法

目次

一、Macのアプリキャッシュを削除できるか?
二、どうすればMac OS X/macOSでアプリキャッシュをクリアできる?
1.【簡単】専門アプリでアプリキャッシュをクリアする方法
2.手動でMacのキャッシュを削除

一、Macのアプリキャッシュを削除できる?


はい、できます。実は、Macはアプリを実行するために、たくさんの情報を頻繁に再参照するので、一時的にそれらの情報を格納します。格納されたファイルは、キャッシュファイルとして保存されます。Macのハードディスクに情報を保存することで、アプリの情報を読み込む時間が短縮され、実行速度がもっと早くなります。

iMac/MacBookで、これらのキャッシュファイルを削除してもぜんぜん問題ありません。もし削除したキャッシュはアプリに対して必要の場合、次の起動後、アプリは自動的にキャッシュファイルをもう一度作成します。ですから、重要なデータが削除されることやクラッシュ問題が発生することを心配する必要がありません。

一般的に、アプリがキャッシュを保存するのは理由があります。しかし、一部のアプリがめったに使わないキャッシュを大量に作成する場合もあります。これらのキャッシュを削除して、容量を解消しましょう。しかし、my Macでキャッシュを削除することはできません。

二、どうすれば安全にMac OS X/macOSでアプリキャッシュをクリアできる?


キャッシュフォルダ中のすべてのファイルを直接削除することはお勧めしません。削除すべきキャッシュファイルは以下です。

①アンインストールされたアプリケーションが残されたキャッシュファイル

②大容量のキャッシュファイル、特にめったに使わないアプリが作成したもの


Mac上でアプリキャッシュをクリアするには、2つの方法があります:方法一は不要なキャッシュを手動で選択して削除すること、方法二はMacクリーナーでアプリのキャッシュをクリアすることです。本記事はMac掃除専門アプリを利用してキャッシュをクリアする方法から紹介したいと思います。

1.専門アプリでアプリキャッシュをクリアする方法


FonePaw MacMasterとは、Macでアプリキャッシュをスキャンして削除できるMacクリーナーです。この掃除専門アプリによってMacのキャッシュを削除するには、手動的にキャッシュを消去すると比べてよほど簡単です。

また、メールキャッシュ、ブラウザキャッシュ、システムログを含めて、アプリキャッシュ以外の不要なファイルをクリーンすることも可能です。iTunesのバックアップファイル、大きめのファイルや古いファイルのチェックや削除など、Macを完全にクリーンアップすることも手軽に行えます。

下記のダウンロードボタンをクリックすると、「FonePaw MacMaster」を無料でダウンロードしてみましょう。

Mac Version Download

「FonePaw MacMaster」でMacキャッシュを削除する方法:

ステップ1.iMac / MacBookでソフトを起動します。 「システムジャンク」カテゴリで「スキャン」ボタンをクリックします。

ジャンク ファイル スキャン

ステップ2.Macからすべての不要なファイルをスキャンしますので、少し時間がかかります。

Mac Book スキャン

ステップ3.スキャンが終了したら、アプリケーションキャッシュを選択して、サイズまたは名前でキャッシュファイルをソートできます。不要なMacキャッシュを確認したらチェックを入れて、そのまま「クリーン」ボタンをクリックするだけでキャッシュファイルを削除できます。

ジャンク ファイル プレビュー

ステップ4.クリーン完了後、Macのキャッシュを削除することによって利用可能になったストレージの容量が表示されます。

ジャンク ファイル 削除

「FonePaw MacMaster」を利用すれば、ほんの数クリックで簡単に要らないキャッシュデータをMacから削除できます。それ以外の色んなMacファイル整理・システム最適化機能も備えているので興味があればどうぞダウンロードして、実際使って試してください。

Mac Version Download

2.手動でMacのキャッシュを削除


ステップ1. Command + Shift + Gを押せば、「Go to the folder」ウィンドウが表示されます。「~/Library/Caches/」を入力すれば、キャッシュフォルダに移動されます。

ステップ2.キャッシュを削除したいのアプリの名前を検索して、そのアプリのキャッシュを探します。Command + Deleteをクリックすれば、ファイルがゴミ箱に移動されます。

ステップ3.大きなキャッシュファイルをすばやく特定するには、「キャッシュ」フォルダから、「View menu」>「Show View Options」の順にクリックします。そして、「Calculate all sizes」にチェックを入れます。すると、各アプリのフォルダには、フォルダのサイズが表示されます。「Size」をクリックすると、サイズ順にフォルダを並べ替えることができます。

Mac アプリ キャッシュ リスト

もしMacでアプリキャッシュを削除することについて、なにか質問がある場合、下記のコメント欄でコメントを残してください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾