X
年始年末セール

新しいファイルを入れない、iPhoneやiPadなどのデバイスのバックアップも取れない、アプリケーションのダウンロードすらできない。ストレージの様子を見れば、「その他」というわけがわからない正体不明の謎データが大量にストレージを占拠し、容量不足になるのわけです。

「その他」の正体は?

この「その他」というファイル類別の中身は実は写真でも音楽でもビデオファイルでもない、分類できないデータの揃えなんです。その中には連絡先やカレンダー、アプリやブラウザのプラグインなどのデータがありますが、使えないジャンクファイルもたくさんあります。片付けなければどんどん積み重ねて、大量のストレージを占拠し、Macの動作も重くなります。

もしこんな状況になったら、早速Macのストレージ中にある膨大な「その他」の中不要なデータを選別して削除しましょう。

ストレージ その他

1、「スマートフォルダ」で「その他」の中にでかいファイルを検出する
2、iOSデバイスのバックアップファイルを削除する
3、気楽にMacファイル管理ソフトで「その他」データを削除する

1、「スマートフォルダ」で「その他」の中にでかいファイルを検出する


Macの「スマートフォルダ」でファイルをサイスの順で検出することができます。もしその中要らないでかいゴミデータが発見すれば早速ゴミボックスに捨てましょう。これから紹介するのは「スマートフォルダ」ででかいファイルを検出するため手順です。

1、まずは「Finder」「ファイル」「新規スマートフォルダ」で進みます。

スマートフォルダ ファイル 検出

2、現れた「新規スマートフォルダ」で右にある「+」ボタンを押します。

新規 スマートフォルダ

3、次にでる画面で検索内容を設定することができますので、「種類」メニューを「その他」を選びます。

メニュー その他

4、検索条件を付けばより早く検出させてほしいファイルを検出することができますので、条件を好きなりに設定してください。ファイルサイズで検索することがお勧めです。

検索条件 付く

5、例え以下画像のように設定すれば、1GB以上の「その他」ファイルのみ検出することができます。ゴミデータを発見すれば、ゴミボックスに捨てればいいです。

ゴミデータ 発見

膨大な「その他」ファイルを削除する以外、iOSデバイスのバックアップファイルも削除して試してください。

2、iOSデバイスのバックアップファイルを削除する


iPhoneやiPadなどのバックアップファイルは各デバイス別で保存されます。例えば機種変更する時、古いデバイスのバックアップは既に新しいデバイスに復元したら、今後は新しいデバイスのバックアップのみ保存すればいいです。下記の手順で、iOSデバイスのバックアップファイルを削除してMacの空き領域を増えることができます。

1、「iTunes」を起動して、「環境設定」にはいります。
2、「デバイス」タブを選択します。
3、削除したいバックアップを選定し、一つ以上のバックアップファイルがあれば、マウスのポインタをバックアップの上に置くと、詳しい情報を確認できます。
4、「バックアップを削除」でバックアップを削除します。

バックアップファイル 削除

しかしiTunesではバックアップしか削除できません。もしアプリケーションから生み出したログデータやキャッシュ、重複的保存された類似写真、機能拡張などのデータも一括で検出し、ゴミデータを削除したい場合、手動的一つずつ探し出して、削除するしかないか?実はそんな面倒な方法を使わなくても、ワンクリックでゴミデータを全種類スキャン出すことができるソフトもあります。

3、気楽にMacファイル管理ソフトで「その他」データを削除する


ここで紹介したいのはFonePaw MacMasterという、操作が極めて分かりやすいゴミデータ削除専門ソフトです。

自ら一つずつゴミデータを特定するには手間がかかります。誤ってゴミではない大事なデータを消したら困ります。でも「FonePaw MacMaster」を活かしたらそんな心配は要りません。専門な「クリーンアップ」機能で、簡単な手順でゴミデータを検出し、削除することができます。対応できるデータ種類はゴミデータ、不要ファイル、古い大容量ファイルとかiOSデバイスのバックアップなど色々を含んでいます。これからその使い方を紹介します。

Mac Version Download

1、インストールされた「FonePaw MacMaster」を起動します。メイン画面から一目瞭然でストレージやメモリの使用状況が見えます。

メイン画面 スキャン


2、左側のタブをクリックして具体的なクリーンアップ機能に入ることもできます。ここでは「システムジャンク」を一例として挙げて、その手順を説明します。まずはメイン画面の「スキャン」でゴミデータのスキャンを始めます。

ジャンクファイル スキャン

3、スキャンの結果はこのようにリストされます。その中要らないデータを選定して、「クリーン」で削除します。

ジャンクファイル クリーン

4、簡単のステップでゴミデータを消したら、次のクリーンアップ機能に繰り返すればよいのです。

ゴミデータ 消した

「FonePaw MacMaster」では最も簡単な手順でMacのストレージを解放することができます。空き領域を最大化すれば、使用体験もよくなるでしょう。もしこの使いやすい、スキャンも削除も素早いソフトが気に入ったら、早速ソフトを手に入れて「その他」の中からゴミデータを検出、削除してみましょう。

Mac Version Download




アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾