Macのストレージが足りなくて、調査してみたら「その他」というわけがわからない正体不明の謎データが大量にMacのストレージを食い込んで、容量不足になるのわけです。
ところが、このMacのストレージに「その他」と標記されてる部分は一体なんでしょうか、どうすればMacのストレージを「その他」の圧迫から解放できるか、この記事で対応策を紹介させてください。

Macストレージ中の「その他」の正体は?




「このMacについて」ウインドウを開けば、Macのストレージ使用状況を確認できます。
偶に、「その他」というファイル類別が妙に膨大してることがあります。

その正体を聞くと、実は写真でも音楽でもビデオファイルでもない、分類できないデータの揃えなんです。アプリキャッシュやiOSデバイスのバックアップファイル等、皆「その他」の構成部です。片付けなければどんどん積み重ねて、大量のストレージを占拠し、Macの動作も重くなります。

もしこんな状況になったら、早速Macのストレージ中にある膨大な「その他」の中不要なデータを選別して削除しましょう。

Mac ストレージ その他

以下の記事も必要になるかもしれません:

大きすぎるMacのシステム容量を減らす方法
Macのパージ可能領域を削除する方法

目次

1、簡単にMacストレージ中の「その他」データを安全削除する
2、「スマートフォルダ」「その他」ファイルを検出する
3、iOSデバイスのバックアップファイルを削除する

1、簡単にMacストレージ中の「その他」データを安全削除する


ここでMacのストレージから「その他」に食込まれた部分を解放したい方々に紹介したいのはFonePaw MacMasterという、操作が極めて分かりやすいMacクリーナーアプリです。

自ら一つずつゴミデータを特定したら手間もかかるし、誤ってゴミではない大事なデータを消したら困ります。でも「FonePaw MacMaster」を活かしたらそんな心配は要りません。専門な「クリーンアップ」機能で、簡単な手順でMacのストレージから「その他」データを検出し、削除することができます。対応できるデータ種類はゴミデータ、不要ファイル、古い大容量ファイルとかiOSデバイスのバックアップなど色々を含んでいます。これからはMacの「その他」データを削除する方法を紹介させてください。

Mac Version Download

1、インストールされた「FonePaw MacMaster」を起動します。メイン画面から一目瞭然でストレージやメモリの使用状況が見えます。ここでMacのストレージの容量と使用量を確認してからクリーンアップしてみましょう。

Mac その他 削除

2、左側のタブをクリックして具体的なクリーンアップ機能に入ることもできます。ここでは「システムジャンク」を一例として挙げて、その手順を説明します。まずはメイン画面の「スキャン」でゴミデータのスキャンを始めます。

システムジャンク

3、スキャンの結果はこのようにリストされます。その中要らないデータを選定して、「クリーン」で削除します。

システムジャンククリーンアップ

4、簡単なステップでシステムジャンクデータを消したら、次は写真キャッシュ・メール不要ファイル等のクリーンアップを繰り返してみましょう。これらの機能でスキャン出せるゴミデータは全てMacストレージ中の「その他」の構成部です。

その他 クリーンアップ

「FonePaw MacMaster」では最も簡単な手順でMacのストレージを「その他」の圧迫から解放することができます。空き領域を最大化すれば、使用体験もよくなるでしょう。もしこの使いやすい、スキャンも削除も素早いソフトが気に入ったら、早速ソフトを手に入れて「その他」の中からゴミデータを検出、削除してみましょう。

2、「スマートフォルダ」「その他」ファイルを検出する


Macの「スマートフォルダ」でファイルをサイスの順で検出することができます。もしその中要らないでかいゴミデータが発見すれば早速ゴミボックスに捨てましょう。これから紹介するのは「スマートフォルダ」ででかいファイルを検出するため手順です。

1、まずは「Finder」「ファイル」「新規スマートフォルダ」で進みます。

新規スマートフォルダ作成

2、現れた「新規スマートフォルダ」で右にある「+」ボタンを押します。

新規スマートフォルダ 検索設定

3、例え以下画像のように設定すれば、200MB以上の「その他」ファイルのみ検出することができます。ゴミデータを発見すれば、ゴミボックスに捨てればいいです。その後、ゴミ箱を空きにすることを忘れないでくださいね。

スマートフォルダ 検索結果

Macのストレージから「その他」ファイルを削除する為に、iOSデバイスのバックアップファイルも削除して試してください。一般に、iOSデバイスとMacを同時に使用していると、自動的にバックアップすることがあります。知らないうちに複数のバックアップファイルが溜まって、「その他」ファイルのサイズが膨大されることも珍しくありません。

3、iOSデバイスのバックアップファイルを削除する


iPhoneやiPadなどのバックアップファイルは各デバイス別で保存されます。例えば機種変更する時、古いデバイスのバックアップは既に新しいデバイスに復元したら、今後は新しいデバイスのバックアップのみ保存すればいいです。下記の手順で、iOSデバイスのバックアップファイルを削除してMacの空き領域を増えることができます。

1、「iTunes」を起動して、「環境設定」にはいります。
2、「デバイス」タブを選択します。
3、削除したいバックアップを選定し、一つ以上のバックアップファイルがあれば、マウスのポインタをバックアップの上に置くと、詳しい情報を確認できます。
4、「バックアップを削除」でバックアップを削除します。
5、二度と不要なバックアップファイルを作成しないように、同じウインドウの「~を自動的に同期しない」前のチェックを入れる方がおすすめです。

iTunes 環境設定

iTunesの操作が複雑だと思う人には「FonePaw MacMaster」をおすすめします。搭載されているiTunes不要ファイル掃除機能で、簡単にiOSバックアップファイルをクリーンアップすることが可能です。

それ以外のiTunes破損ダウンロードファイル、iOSアップデートファイル、iTunesキャッシュの掃除も対応できますよ。

iTunes クリーンアップ

以上ではMacでの「その他」を削除する方法の紹介でした。もしMacのストレージ中の「その他」が肥大化していれば、どうぞ本記事で紹介されている方法を試してください。

Mac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾