オンラインツール

普通、iPhoneで動画を撮ると、ビデオはMOV形式で保存されます。このMOV形式の動画ファイルをほかの人にシェアして、又は動画共有サイト、SNSにシェアする前に、まず編集すると考える方も数多いと思います。そこで、今日の記事でWindows 10とMac OS環境でMOV動画を編集できるソフトを皆さんにおすすめしたいと思います。

1.MOVファイルを編集する:Win/Mac両対応のサードパーティー製ソフトでのやり方
2.MOVファイルを編集する:Windows 10の標準アプリ「フォト」でのやり方

1.MOVファイルを編集する:Win/Mac両対応のサードパーティー製ソフトでのやり方


Mac、又はWindows PCでMOV動画を編集したい方々には、「FonePaw スーパーメディア変換」が一押しです。これからは「FonePaw スーパーメディア変換」を使って、MOV形式のビデオファイルに色々な編集操作の手順を紹介するので、興味のあればどうぞダウンロードボタンによってソフトを無料ダウンロードしてから手順を従ってMOV動画を編集してみましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.まずはソフトをインストール・起動します。それからメイン画面へ編集したいMOVファイルをドラッグ&ドロップして追加します。メイン画面上部の「ファイルを追加」から動画をソフトに入れることも可能です。

メディア変換 ファイル 追加

2.動画ファイルの追加を確認したら、ソフト上部にある一欄の編集ボタンをクリックすることができます。これからは編集機能を各々紹介させてください。

メディア変換 ファイル 編集画面

まずはビデオトリミング機能から紹介させましょう。「カット」ボタンを押せば、MOVビデオを好きのようにトリミング・結合することが可能です。

メディア変換 ファイル トリミング

次は動画ファイルの編集、強化機能の紹介です。「強化」「3D」「編集」のどれを押しても、編集ウインドウを開けます。その中の「回転」機能によって、動画を周り回転、又は左右/上下反転することができます。iPhoneで撮るビデオによってはとても便利な編集機能だと思います。

メディア変換 ファイル 編集

3D」タブでは、普通のビデオに3D効果をつけることができます。

メディア変換 ファイル 3D効果

クロップ」機能を利用すれば、自由にMOVビデオのサイズを指定することができます。

メディア変換 編集 クロップ

効果」タブに入ると、オーディオのボリューム、ビデオの輝度、彩度とコントラストなどの数値を好みによって調整することができます。

メディア変換 編集 効果

強化」機能は、自動的にビデオ品質を上げることができます。解像度・輝度・コントラスト・ビデオノイズ除去・手ブレ減らす等の機能が備えています。

メディア変換 編集 強化

ウォーターマーク」機能では、ビデオにテキスト/画像の透かしをつけることができます。これで自作ビデオの著作権を守れます。

メディア変換 編集 ウォーターマーク

3.編集完了後、ビデオをMP4等のほかの形式に変換するか、そのままMOVで出力するか、プロフィールメニューから出力先のビデオフォーマットを決めってください。

メディア変換 出力先

プロフィール設定から出力ビデオの詳しい設定を行うことも可能です。全部設定済んだら、メイン画面の「変換」ボタンを押して、編集された内容を適用しましょう。

メディア変換 詳しい設定

4.最後は、変換完了まで暫く待ってばいいです。

メディア変換 変換完了

2.MOVファイルを編集する:Windows 10の標準アプリ「フォト」でのやり方


以前のWindowsシステムでは標準の動画編集アプリ「ムービーメーカー」がありますが、今はもうサービス終了になってしまいました。替りに、Windows 10の標準アプリ「フォト」でMOV動画を編集することが可能です。以下では、その使い方法の説明です。

1.まずは「フォト」を起動してください。極少数の場合以外、Windowsのスタートメニューからフォトアプリを直接に起動することが出来ます。もしパソコンにプリセットされていないならば、自らマイクロソフトのアプリストアからアプリをインストールしてください。

フォト アイコン

2.アプリメイン画面から「ビデオプロジェクト」をクリックすると、新規ビデオ編集ウインドウを開くことが出来ます。そこで「写真とビデオを追加」をクリックしてください。それから編集したいMOVファイルをアプリに追加して、編集を始めましょう。

フォト 写真とビデオを追加

3.「プロジェクト ライブラリ」に素材を複数に追加することが出来ます。ご覧のとおり、MOVを追加することがサポートしています。追加済み後のビデオ素材は、自由にライブラリからタイムラインにドラッグ&ドロップすることができます。

フォト プロジェクト ライブラリ

4.編集に入る前に、タイムラインへ素材をドラッグ&ドロップの方法で追加してください。

フォト タイムライン

5.タイムライン上の「トリミング」ボタンを押すと、追加されたMOV動画から要らない部分をカットすることができます。

フォト トリミンッグ

フィルター」ボタンを押すと、動画にオシャレなフィルターを追加することができます。

フォト フィルダー

テキスト」追加機能もあります。それを使ったら動画の字幕を作れます。

フォト テキスト

モーション」機能によって、カメラの動きも指定できます。

フォト モーション

メイン画面の「3D効果」ボタンをクリックすると、いくつの効果動画をMOVに追加することができます。その大きさやボリューム、位置などを自由に調整することが可能です。

フォト 3D効果

6.編集済みの動画は、メイン画面右上のエクスポートボタンをクリックして出力してください。三つの規格から、自分の需要によって画質、ビデオサイズを選んでください。

フォト エクスポート 共有

以上では、Windows 10の公式標準ソフト「フォト」とWindows PCとMac両方で使えるサードパーティー製編集ソフトの「FonePaw スーパーメディア変換」を利用して、MOV形式の動画ファイルを編集する方法の説明でした。もしこの記事が役に立てると思ったら、どうぞ友達にシェアしてください。紹介されたソフトに興味があれば、ダウンロードボタンを押して、ソフトを無料ダウンロードして試しましょうか。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾