PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

OneDriveはクラウドストレージサービスです。ユーザーがOneDriveを利用してクラウドにファイルと個人データを保存し、Android、iOSなどのモバイルデバイス、あるいはWindowsおよびmacOSPCー間でファイルの共有・同期ができます。無料ストレージスペースは5GBまでです。

OneDriveは多機能で強いとはいえ、ユーザーは時々同期されない問題に遭遇します。本文では、OneDriveの同期が終わらない原因と、その修正方法について徹底的に説明しましょう。また、OneDriveの代わりに、ファイルを共有する別の方法を紹介します。

OneDriveを介してPCとスマホの間でファイルを共有すると、低速のネットワーク接続によって中断される可能性があります。USBケーブルを介したファイル共有は、より信頼できる選択肢でおすすめです。

FonePaw DoTransは、iOS、Android、WindowsPC間でファイルをワンクリックで同期し、インターネットなしでもファイルを転送できるため、インターネットスピードの問題やその他の設定の問題を防ぐことができます。

「FonePaw Dotrans」無料ダウンロード
Windows Version Download

ステップ1.スマートフォンをUSBケーブルでPCに接続します。
ステップ2.DoTransがスマホを検出すると、ファイルを表示してPCにエクスポートできます。

PCにエクスポート

OneDriveの同期が終わらないの原因は?

OneDriveが同期できない原因はたくさんありますが、最も一般的な原因のいくつかを以下に示します。

•ストレージが不足している。
•OneDriveのバージョンが古い。
•ファイル名に制限された文字が含まれている。
•アカウント接続の問題。
•ファイルやフォルダーにアクセスできない。
•ファイル名はすでに存在している。
•ファイルが開かれている。

この通り、OneDriveが同期を停止した原因はさまざまです。同様の状況が発生している場合は、以下の解決策が役立つはずだと思います。

解決策1:ストレージの容量を開ける

OneDriveは、5GBの無料ストレージ容量のみを提供しますので、アカウントの容量が不足になると、同期が停止します。

ストレージを確認するには、タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックして、[その他]→[設定]を選択します。

設定

そして、[アカウント]タブをクリックすると、使用したストレージ容量が表示されます。

onedrive アカウント

スペースが不足している場合は、必要のない古いファイルを削除してください。すべてのファイルが重要であれば、ファイルを他のデバイスに転送するか、またはアカウントをアップグレードすることで、より大きなストレージスペースができます。

解決策2:OneDriveをアンインストールしてから再インストールする

古いバージョンのOneDriveをアンインストールし、新しいバージョンを再インストールすることで治ることがあります。

step1.Windows+Rを同時に押して、ポップアップの[実行]ダイアログにappwiz.cplと入力します。

appwiz.cpl

step2.リストからOneDriveを見つけて、[アンインストール]をクリックします。

アンインストール

step3.onedrive.live.comにアクセスして、最新バージョンのOneDriveをダウンロードします。PCを再起動して、機能するかどうかを確認します。

解決策3:制限された文字の使用を避ける

ファイル名がスペースや[*:<→?/\]のような特定の文字で始まっていないことを確認してください。文字制限を除いて、ファイル名は〜$で始まる、または.lock、CON、PRN、AUX、NUL、COMI-COM9、LPT1、-LPT9、_vit_、desktop.iniを含む場合には、OneDriveサービスは使用できません。

解決策4:パスを短くしておく

OneDriveの公式ドキュメントによると、ファイル名と拡張子を含むパスは400文字以内にしなければならない。そのため、同期の問題を防ぐには、フォルダー名とファイル名を短くしておきましょう。

解決策5:ファイルを圧縮する

ファイルが20GB未満であることを確認してください。ファイルが20GBを超えると、ファイルが大きすぎてアップロードできない、またはアップロードするファイルのサイズを小さくしてくださいというエラーメッセージが出てきます。そのような場合、ファイルサイズを小さくするか、他のクラウドサービスを選択します。

解決策6:インターネット接続速度を確認する

OneDriveフォルダーが同期していないか、アップロード中に遅延している場合は、インターネット接続速度の影響を受ける可能性があります。大きなファイルを同期する場合は、Wi-Fi環境でアップロードすることをおすすめします。

その間に、ネットワーク設定で「制限しない」を選択しておいてください。

onedrive ネットワーク設定

タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックし、[ネットワーク]→[制限しない]をクリックします。

解決策7:セキュリティ権限を確認する

セキュリティ権限により、フォルダやファイルにアクセスできないことがあります。ファイルにアクセスできない場合、ファイルをOneDriveにアップロードできません。

アクセス許可を変更するには、Windows Explorerに移動し、OneDriveアプリを見つけてください。それを右クリックして、[プロパティ]→[セキュリティ]→[システム]を選択します。

[編集]をクリックして、すべての権限を[許可]に変更します。
[詳細]をクリックし、[すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリを置き換える...]をオンにして、[応用]をクリックします。
これで、OneDriveのフォルダーとファイルを完全にコントロールできます。

解決策8:Officeを再インストールする

Microsoft OfficeがOneDrive同期クライアントと競合する場合があります。この問題を解決するには、Microsoft Officeのアプリをアンインストールして再インストールします。

Officeのアプリをアンインストールするには、[設定]→[アプリ]→[アプリと機能]→[MicrosoftOfficeを検索]という順でクリックし、[アンインストール]をクリックします。

Officeを再インストールするには、www.office.comにアクセスしてください。オフィスアカウントでサインインし、[Officeのインストール]をクリックします。

office アプリ

Officeアプリを再インストールすると、ファイルの同期が正常に開始されます。

解決策9:OneDriveをリセットする

上記の方法をすべて試しても、Windows10でOneDriveがまだ同期できない場合は、最後の方法を試してください。

step1.[Windowsキー+X]を押して、コマンドプロンプトを検索して、[管理者として実行する]をクリックします。
step2.以下の内容を入力してEnterキーを押します。
%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe/reset

コマンドプロンプト

注意:この操作は以前にOneDriveに対して行ったすべての設定を消去します。

解決策10:OneDriveがAndroidで同期できない場合

Androidユーザーの場合、アンドロイドスマホのOneDriveアプリが写真をアップロードできなかった場合は、以下の操作を行ってください。

step1.OneDriveアプリで、[自分]→[設定]→[カメラのアップロード]をタップします。
step2.カメラのアップロードアカウントが正しいかを確認してください。さらに、一部の機能はWi-Fiに接続されている場合にのみ機能します。

解決策11:MacでOneDriveが同期されない場合

Macユーザーは、corrupted.DS_Storeファイルに注意を払う必要があります。それによって、OneDriveの同期が正しくさせないことがあります。破損したファイルを削除すると、OneDriveの同期にまた終われるようになります。

「アップロードがブロックされた」というエラーメッセージが表示される場合、またはOfficeファイルを同期できない場合は、Officeのアップロードをオフにしてみてください。

step1.メニューバーの[OneDrive]アイコン→[その他]→[環境設定]→[Office]をクリックします。

環境設定

step2.[Officeアプリケーションを使用して、開いてるOfficeファイルを同期する]のチェックを外します。

Mac office

本文では、OneDriveの同期が終わらない原因として考えられるものと、その修正方法について説明しました。また、転送するファイルがたくさんあるがインターネット速度があまり良くない場合は、FonePaw DoTransを代わりにするのもいい方法です。


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾