新しいiOSにアップデートしようとすると、突然iPhoneの画面にはiTunesのアイコンが表示されて、頂部には「support.apple.com/iphone/restore」のメッセージがあります。その場合にはiOSへのアップデートが失敗になるため、対策を練らないといけません。

関連記事:
iPhoneがリカバリーモードに入ってもすぐ解除・脱出できる方法
iTunesがiPhone/iPadに接続できない(値が見つかりません)問題の解決策
バックアップなしでiPhoneのデータを復元する方法

support.apple.com/iphone/restore

iPhoneエラー「support.apple.com/iphone/restore」の原因と対策


「support.apple.com/iphone/restore」はiOSアップデート中によく発生するエラーですが、その具体的な原因はまだ明らかにされていません。iOSアップデートが失敗した時にはまず次の方法を参考にして問題を解決してみてください。

1、iPhoneを強制再起動します。


まずは再起動でiPhoneを治してみましょう。

iPhone 8 以降の再起動:
ステップ1、音量ボタン[+]ボタンを押します。
ステップ2、音量ボタン[-]ボタンを押します。
ステップ3、iPhone画面にAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しします。

iPhone 7、iPhone 7 Plusの再起動:
Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンと音量[-]ボタンを同時に十秒以上長押しします。

2、システム修復ソフトでiPhone異常を修復


FonePaw iOSシステム修復」のような修復ソフトを利用して、「support.apple.com/iphone/restore」問題を直してみることも選択肢の一つです。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1、ソフトを実行
まずは「FonePaw iOSシステム修復」をパソコンにダウンロードして、そしてインストールします。次にはiPhoneをPCに接続してください。ソフトのメイン画面の「iOS システム修復」を選び、次の画面に「スタート」をクリックします。

iOS修復開始

ステップ2、iPhoneの状態や情報を確認
これで、エラー「support.apple.com/iphone/restore」が自動的にソフトに検出されます。iPhoneがソフトに検出されると「確認」ボタンを押します。次の画面ではiPhoneのタイプやiOSバージョンなどの詳細情報を確認できます。では、「修復」を押してください。

iPhone 情報 確認

注意:iPhoneのシステム異常が「FonePaw iOSシステム修復」に修復されると、デバイスのiOSバージョンが自動的に最新になります。

ステップ3、ファームウェアパッケージをダウンロード
これで、iPhoneエラー「support.apple.com/iphone/restore」に対応するファームウェアパッケージがダウンロードされます。ダウンロードが終わるとiPhoneのシステム修復が始まります。

iPhone 修復完了

Windows Version DownloadMac Version Download

3、iTunes経由でiOSを再インストール


もし上記の二つの方法で問題を解決できなかったら、iPhone画面のお知らせの通りに、iTunesを通じてiPhoneのiOSを再インストールして、「support.apple.com/iphone/restore」を修復してみましょう。

ステップ1、まずはiTunesを最新バージョンに更新します。
ステップ2、USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋いでください。
ステップ3、iTunesがiPhoneを認識すると「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」というお知らせが出ます。「アップデート」を選択します。
ステップ4、これでiPhoneのiOSが再インストールされます。

アップデート

以上は「support.apple.com/iphone/restore」を修復する三つの解決方法です。iPhoneがiOS更新中にこのエラーメッセージが表示されると、本記事の紹介した方法に従って操作してみましょう。


評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾