PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

iPhoneやパソコンでiTunes・iCloud・App StoreなどのAppleサービスを利用しようとしている時、たまにもApple IDやそのパスワードを忘れてしまう時があります。Apple IDやパスワードが分からないと不便なところが多いです。


その時には新たなApple IDでサインインしたり、元のApple IDを復旧・検索したりすることで問題を解決できます。ここではApple IDを忘れた時の対策について紹介しますので、次のやり方を参考にしてください。

一、Apple IDがわからない時の対処法

iPhoneでのApple IDやパスワードを忘れた時、そのApple IDとiPhoneの結びつきを解除して、新しいApple IDでiPhoneにサインインすることも解決策の一つです。特に中古iPhoneの新たな持ち主として、iPhoneのApple IDやパスワードが分からない時には大変役に立ちます。iPhoneここでは専門的なソフトFonePaw iPhoneロック解除でApple IDを消去するやり方について説明します。

Windows Version DownloadWindows Version Download

ステップ1、まずは「FonePaw iPhoneロック解除」をパソコンにダウンロードしてください。インストールが済んだ後、「FonePaw iPhoneロック解除」を起動してメイン画面で「Apple ID消去」を選びます。

注意:ソフトの「Apple ID消去」機能を利用するためにはパソコンに最新バージョンのiTunesをインストールしておくことが必要です。

iPhoneロック解除 起動

ステップ2、Apple IDやパスワードを忘れたiPhone・iPadをパソコンに接続してください。これで接続したiPhone・iPadはソフトに検出されるようになります。パソコンに認識されるために、iPhoneで「信頼」をタップしてください。そしてソフト画面での「完了」をクリックします。

iPhone 信頼

ステップ3、Apple ID消去を始める前に、この機能の注意事項が表示されます。

1、Apple IDを消去すれば、iPhoneのすべてのデータも消去されます。
2、この機能を実行する中にはデバイスをパソコンに接続し続けます。

それでもApple ID消去機能を利用しようと決めると、「スタート」を押してください。

Apple ID 消去 開始

次のステップはiPhoneのiOSバージョンとiPhoneの「iPhoneを探す」機能のオン・オフによって異なります。

「iPhoneを探す」がオフである場合、Apple IDが数秒の間に消去されて、デバイス上のすべてのデータも削除されます。そしてiPhoneは初期化されて、再起動した後は初期設定画面に入ります。

Apple ID 消去 成功

「iPhoneを探す」がオンである場合、iOS 11.4以前のバージョンならば同じくApple IDとiPhoneのすべてのデータが消去されます。しかし、iOS 11.4以降のバージョンに、「FonePaw iPhoneロック解除」画面では「デバイスをサポートしません!」というメッセージが表示されます。

デバイスをサポートしません

このソフトでApple IDを削除した後の注意事項


1、このソフトでApple IDを削除した後、iTunesを通じてiPhoneを復元・更新しないでください。
2、このソフトでApple IDを削除した後、iPhoneでの「すべてのコンテンツと設定を消去」機能を使用しないでください。


上記の操作はどちらでも元のApple IDをiPhoneに永続的に関連させます。そうしたら、iPhoneを起動する時には、再び元のApple IDやパスワードを入力するステップに入るようになります。もう一度AppleIDの入力を強要されますので、Apple IDやパスワードがわからない、或いはApple IDやパスワードを忘れたユーザーは要注意してください。

Windows Version DownloadWindows Version Download

二、Apple IDを忘れた時の検索・復旧・確認方法

方法1、忘れたApple IDを検索してみる

Apple IDを忘れた時、まずは公式のApple ID復旧ページにアクセスして調べましょう。「iforgot」でGoogle検索すればこのAppleアカウント復旧ページが確認できます。Apple IDを忘れてしまった場合にはぜひこのページを活用してください。

サインインできませんか?

Apple IDサインイン画面での「Apple IDをお忘れですか?」や「こちらで検索できます」をクリックして、そして自分の名前とメールアドレスなどを入力すればそれに一致するApple IDを検索するようになります。

Apple ID 検索

Apple ID(アカウント)が見つかるとこのように直接ページに表示されます。

Apple ID 検索結果

方法2、iPhone・iTunes・Macの情報でApple IDを確認する

自分のApple IDがわからなない場合には、実は手元のiPhoneで簡単に確認できます。iPhoneの「設定」画面でユーザー名をタップすれば、「iTunes StoreとApple Store」に入ってサインインしていたApple IDを確認できます。(iOS11以前のiPhoneは「設定」>「iCloud」で確認してください。)

Apple ID 確認

iTunes Storeでは何か購入したことがあるなら、その購入履歴を調べると購入者のApple IDが表示されます。iTunesの「ライブラリ」で購入したファイルをクリックしてから、iTunes頂部のメニューの「編集」>「情報を見る」>「ファイル」タブを選び、詳細情報の中の「購入者」を見てください。

Apple ID iTunes Store 購入者

ちなみに、Macの「システム環境設定」>「iCloud」画面、そして「メッセージ」・「メール」・「カレンダー」などのアプリの「環境設定」>「アカウント」にも手軽にサインインしているApple IDを確認できますので、自分のApple IDを忘れた時、慌てずにチェックしてください。

Apple ID Mac

三、Apple IDのパスワードを忘れた時のリセット方法

Apple IDのパスワードを忘れた時、Apple ID管理ページに入り、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」を押して自分のApple IDを入力して、そして「パスワードをリセット」を選び、「続ける」をクリックしてください。

次には、メールアドレス・セキュリティ質問という二つのパスワードリセット方法でApple IDのパスワードをリセットできます。(復旧キーの入力画面が表示される時、次の操作手順で対処します。)

AppleID リセットメール送信

その前にはApple IDを保護するために2ステップ確認を設定しておいた場合、ここでは2ステップ確認を有効にした時に提供された復旧キーを入力する必要があります。

AppleID 復旧キー入力

復旧キーを入力して「続ける」を押した後、信頼しているデバイス(電話番号)を選択した後、確認コードが送信されます。その6桁の確認コードを入力すれば、パスワードをリセットして新たなパスワードを入力できるようになります。

最終手段:Appleサポートチームに問い合わせ


もし上記の解決策でもApple IDやパスワードを忘れた時の復旧問題を解決できないなら、Appleサポートチームに連絡して、メール・電話での問い合わせで解決しましょう。Apple公式サポートページにアクセスして、サポート製品種類から「Apple ID」を選び、そして自分の問題やサポート方法なども選び、公式ページの案内に沿って最後まで進んでください。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾