X
平成新春セール
関連記事    

Macのストレージを占拠する「その他」を削除する方法    
Macのパージ可能領域を削除する方法    

Macを長期間使用すれば、写真や動画またはアプリなどのファイルが増えていて、遂に容量不足になります。こういう時どうすればいいのか?あまり使わないファイルをクラウドや外付けハードウェアに移動、もしくは各々の不要なファイルを削除してMacの空き容量を増やすことができます。下記の具体的な方法をご覧下さい。

目次

  オススメ:専門ソフトでMacの空き容量を増やす方法
  1. MacOS Sierra 以降で「ストレージを最適化」機能を利用
  2. Mac容量を増やすためのおすすめの方法
  3.「音楽制作」のコンテンツを削除
  4.不要な書類を削除する
  5. Finderで写真を整理する
  6. Finderで動画を整理する
  7. Finderであまり使わないアプリを削除する
  8. 手動で不要なファイルをゴミ箱に移動し、ゴミ箱を空にします
  9. iTunesの不要な「Podcast」ファイルを削除
  10. iTunesで不要なiOSデバイスのバックアップを削除
  11.iCloud Driveの不要なフォルダを削除する
  12.定期に不要なメールを削除します
  13. ファイルを圧縮と移動
  14.セーフブートでキャッシュを削除する
  15.Finderでサイズの大きなファイルをチェックして削除

1. MacOS Sierra 以降で「ストレージを最適化」機能を利用


MacOS Sierra 以降に「ストレージを最適化」という機能が搭載されています。この機能を利用してコンテンツをクラウドに保存することでMacの空き容量を増やすことができます。Mac容量不足の場合、あまり使わない写真、ビデオ、メールの添付ファイルなどが自動的にクラウドに保存され、Macに残っているファイルのアイコンタップすると、ファイルがクラウドからダウンロードされます。最近使ったファイルや最適化したバージョンの写真がMacに残ります。

Sierra にアップグレードしていない場合は下記のほかの方法を試してみてください。

2. Mac容量を増やすためのおすすめの方法


Appleメニューから「このMacについて」>「ストレージ」の順にクリックすると、利用可能な容量と各々のカテゴリが占有している容量は表示されます。

このMacについて

ストレージ 状態

「管理」ボタンをクリックすると容量を最適化する方法が表示されます。画面の指示に従って「iCloud に保存」、「ストレージを最適化」、「ゴミ箱を自動的に空にする」、「不要なファイルを削除」4つの機能を利用してMacの空き容量を増やします。

オススメ 削除機能

3.「音楽制作」のコンテンツを削除


「GarageBand」はMacBookに搭載されている音楽制作アプリで、占有している容量もかなり大きいです。だから、Macの空き容量を増やすために、音楽制作に興味を持っていないユーザーはそのコンテンツを削除することがお勧めです。先ほどのストレージ管理画面で左バーから「音楽制作」をクリックし、「GrageBand サウンドライブラリを削除」>「削除」の順にクリックしましょう。

GrageBand 削除

4.不要な書類を削除する


ストレージ管理画面の左バーから「書類」をクリックすると、書類の一覧が表示されます。「大きいファイル」をクリックしてファイルを大きいサイズ順に並びます。

書類 削除

5. Finderで写真を整理する


MacでDockから「Finder」を起動し、左バーにある「ピクチャ」をクリックすると、右の画面で「写真ライブラリ」のサイズを確認できます。写真が大きいな容量を占有している場合、写真を外付けのドライブに移動または直接に削除すると、Macの空き容量が大幅に増やします。

写真 削除

6. Finderで動画を整理する


「Finder」で左バーから「ムービー」を選択します。一般的に、動画のサイズが写真などのファイルより大きいので、動画ファイルを削除することで空き容量を大幅に増やすことができます。Macで動画をよく視聴する人にとっては、なおさらでしょう。

7. Finderであまり使わないアプリを削除する


「Finder」の左バーにある「アプリケーション」フォルダをクリックすると、Macにインストールしたすべてのアプリが表示されます。アプリ一覧から不要なアプリを探して「App Cleaner」を使ってアンインストールします。アプリが多すぎる場合、「サイズ」をクリックすれば、アプリが大きなサイズ順に並ぶようになります。

アプリ 削除

8. 手動で不要なファイルをゴミ箱に移動し、ゴミ箱を空にします。


削除したファイルがゴミ箱に詰まったら、ゴミ箱のサイズは大きくなります。Macの空き容量を増やしたい場合は、定期に「ゴミ箱を空にする」をクリックしてください。

「ダウンロード」などのフォルダ内不要なファイルを探しましょう。

ゴミ箱 整理

9. iTunesの不要な「Podcast」ファイルを削除


「iTunes」でコンテンツを購読しているユーザーにとって、購読したファイルが詰まってしまうので、視聴済みの不要なファイルを削除してMacの空き容量を大きく増やしましょう。

podcast 削除

10. iTunesで不要なiOSデバイスのバックアップを削除


複数のiOSデバイスのバックアップがMacに存在している場合、Mac容量不足問題を解決するために、今が使っていないiOSデバイスのバックアップを削除してください。

Macで「iTunes」を開き、画面頂部のメニューバーから「iTunes」をクリックし、「環境設定」>「デバイス」の順にクリックします。表示されたデバイスのバックアップ一覧から使用していない項目を選択して「バックアップを削除」をクリックします。

バックアップ 削除

または、Appleメニューから「この Mac について」>「ストレージ」>「管理」の順にクリックし、左バーから「iOSファイル」を選択します。右の画面で削除したいファイルをマウスカーソルを重ねて、横に表示された「X」アイコンをクリックすることでバックアップやアップデートファイルを削除します。

mac iosバックアップ削除

11.iCloud Driveの不要なフォルダを削除する


もし「iCloud」を介してファイルを複数のMac やiOSデバイスの間に共有している場合、書類ファイルが「iCloud Drive」に保存されます。不要な書類ファイルがあるかどうかを確認してください。

ちなみに、「システム環境設定」>「iCloud」>「iCloud Drive」項目の横にある「オプション」をクリックし、個別のアプリごとにiCloudに書類やデータを保存するかどうかを設定できます。

12.定期に不要なメールを削除します。


「メール」アプリを開き、「メールボックス」>「迷惑メールを消去」の順にクリックします。その後、「メールボックス」>「削除済み項目を消去」を選択してゴミ箱を空にします。

13. ファイルを圧縮と移動


あまり使わないファイルを圧縮または外付けのドライブに移動することでMacの空き容量を増やします。

14.セーフブートでキャッシュを削除する


電源ボタンを押しし、Macを起動します。起動音が聞こえた後、すぐに「Shift」キーを長押しします。Appleアイコンとギアマークが表示されたら、指を「Shift」キーから離してMacをセーフブートで起動します。このモードでキャッシュをクリアします。

15.Finderでサイズの大きなファイルをチェックして削除


一般的に、容量不足問題の最大の元凶は大きなファイルです。上記の方法を使ってMacの各々のファイルを整理した後、Macにまだ大きなファイルが残っているかどうかを最終チェックしましょう。「Finder」を起動>「ファイル」>「新規スマートフォルダ」の順にクリックします。

新規 作成

検索対象を「このMac」にして「保存」ボタンの傍にある「+」アイコンをクリックします。「種類」をクリックして「その他」を選択し、表示された検索属性一覧から「ファイルサイズ」にチェックを入れます。

検索 属性一覧

検索条件を「ファイルサイズ」にして条件の数値(例えば、1GB)をテキストボックスに入力してください。「より大きい」を選択します。こうすると、ファイルサイズの大きなファイルが検出されます。

検索 結果

専門ソフトでMacの空き容量を増やす方法


以上が紹介した手動で不要なデータをMacbookから削除することでMacの容量を増やす方法以外、専門のソフトを使って、Macをクリーンアップする方法もあります。それは専門のクリーンアップソフトFonePaw MacMasterのことです。

「FonePaw MacMaster」はいくつかMacの容量を救出する機能が搭載されています。例えば「アンインストーラ」機能はMacBookにインストールしたソフトウェアを一気に、徹底的に削除できます。その機能を通じて、ユーザーが迅速で必要のないソフトをMacから削除することで、MacBookの容量を増せます。

1、「FonePaw MacMaster」を下のアイコンでMacbookにダウンロードしましょう。

Mac Version Download

2、右側の「アンインストーラ」項目で「スキャン」をクリックすることで、Macにインストールしたソフトをスキャンします。

アンインストーラ メイン画面

3、スキャンが完成したら、一覧でソフトが表示されます。普段、使わないソフトにチェックを入れて、「クリーン」を押すことで選択したソフトをMacからアンインストーラします。

アンインストーラ 一覧画面

4、ソフトがMacから削除され、空き容量が増えました。

アプリ削除 完了

ジャンクファイルを削除する


また、「FonePaw MacMaster」には「システムジャンク」、「写真キャッシュ」、「古い大容量ファイル」、「重複ファイル検索」、「類似写真検索」などの機能もあります。

1、例えば、ジャンクファイルを削除したい場合、まずホーム画面で「システムジャンク」を押して、ジャンクファイルをスキャンさせます。

メイン ジャンクファイル


3、そして、下の画面に入ります。一覧でジャンクファイルのカテゴリにチェックを入れて、「クリーン」を押します。

ジャンクファイル 削除

4、選択したジャンクファイルが削除されました。

整理完了

重複ファイルを削除する


1、Macの重複ファイルを削除する場合、左側の「重複ファイル検索」をクリックして、「重複ファイル検索」機能の画面に入ります。「クリーン」で全部の重複ファイルをMacから削除します。

重複ファイル プレビュー

2、重複ファイルが削除されました。

重複ファイル 削除完了

他のなどの削除する方法も以上の通りにいればいいです。このように、ただ2つか3つのステップだけで、不要なファイルやアプリをMacから削除して、Macの空き容量を増やしました。迅速かつ便利、操作しやすいのは「FonePaw MacMaster」が誇られるメリットだと思います。パソコンに苦手な方やあまりMacを整理する時間のない方に推奨します。

Mac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾