「PawEditor」で動画を編集する時、「ストップモーション」機能を利用すれば、タイムラインでの動画素材にフリーズフレームを追加して、動画のシーンを一時停止することができます。

動画編集関連記事:
豊富かつ多彩なAVI動画編集方法
【YouTube】動画編集解説・全OSツール推薦
【2019年最新】無料MP4動画編集ソフトおすすめ

動画のあるシーンを強調して、或いは説明文をつける際には大きな役割を果たす機能ですので、ここではフリーズフレームの作成方法について解説します。まずは動画編集用のソフトPawEditorの無料体験版をダウンロードして、パソコンにインストールしてください。

「PawEditor」の無料試用版ダウンロード:

Windows Version Download

PCにインストールした「PawEditor」を起動した後、まずは新規プロジェクトを作成して、ソフトメニューのインポートボタンから「PawEditor」に素材を入れる必要があります。

動画 編集 メイン画面

動画素材を「PawEditor」のライブラリにインポートしてから、下部のタイムラインに追加します。

動画 ファイル インポート

タイムラインに追加された動画素材には「ストップモーション」機能を利用できます。カーソルでフレームを選定してから、右クリックして「ストップモーション」を押してください。

動画 ストップモーション

これで、選定したフレームが3秒フリーズされて、フリーズフレームが元の動画素材から分割されます。フリーズフレームの両端をドラッグすることで継続時間を調整できます。

動画 フリーズフレーム

フリーズフレームが追加された動画を再生してチェックしてください。「PawEditor」画面右上のプレビュー画面を通じては、フレームをフリーズした後の「一時停止」効果を確認できます。

プレビュー ビデオ

映像を一時停止してから、静止した画面に文字を書き出して説明したいなどの場合には、本機能を活用して、フレームをフリーズしてから、動画に字幕を入れて解説することはお勧めします。

プレビュー 動画 テキスト

テキストを入れるほかに、エフェクトやフィルターなどの特殊効果もフリーズフレームに追加できます。「PawEditor」の編集機能を把握して、素敵な動画を作りましょう。

「PawEditor」の無料試用版ダウンロード:

Windows Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾