製品紹介 >>
X

iPhoneのリカバリーモードにあったことがありませんか?あるいは、聞いたことがありませんか?リカバリーモードとは、iOSが起動・書き換えをする時にトラブルが発生したため、iPhone・iPodなどのデバイスが操作できなくなり、初期化を要求するモードです。リカバリーモードを実行したら、iPhoneはまた使えるようになりますが、データが全て初期化されます。特にiOSのアップグレードやバックアップする時に現れ易い。特にiPhone 6/6 Plusに乗り換え予定、またはiOS 8にアップグレードしたいiPhoneユーザーには、リカバリーモードに入らないように注意しなければなりません。
iPhoneがリカバリーモードに入って復元できない状況になったら、まずは落ち着いて、以下の手順を試みましょう。くれぐれも、リカバリーモードを実行しないでください。


① iPhoneを再起動
② バックアップデータがあるのかを確認、バックアップから復元

それでも戻れない場合は、復元ソフトを頼ることになります。「FonePaw iPhoneデータ復元」で、簡単なステップでリカバリーモードををすぐ復元・解除することができます。また、「FonePaw iPhoneデータ復元」で、バックアップからデータを復元することもできます。今直ぐ、リカバリーモードを復元しましょう!


モード1:直接リカバリーモードを解除する
モード2:バックアップからリカバリーモードを実行したiPhoneのデータを復元

Windows Version DownloadMac Version Download

モード1:直接リカバリーモードを解除する


「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って、直接リカバリーモードを解除することが出来ます。まずは、リカバリーモードになったiPhoneをパソコンと接続してください。下記の画面が出てきます。「再起動」のボタンを押してください。

アイフォンを再起動

そしたら、デバイスの解析が始まります。しばらく待つとソフトが自動的にiPhoneのリカバリーモードを解除します。

iPhoneのリカバリーモードを解除

モード2:バックアップからリカバリーモードを実行したiPhoneのデータを復元


もうリカバリーモードを実行した方はどうしたらいいのでしょうか。「FonePaw iPhoneデータ復元」は、iTunes・iCloudのバックアップからデータを復元することで、iPhoneを復元することができる。まだまだデータを諦めるには早いです。

iTunesのバックアップから復元するには、「iTunesバックアップファイルから復元」をお試しください。「FonePaw iPhoneデータ復元」は自動的にバックアップからファイルを解析し、復元できるファイルをプレビュー画面で表示します。復元ボタンを押せば、データを復元することができます。

iTunesからアイフォンを復活

iCloudバックアップからの復元するには、「iCloudバックアップファイルから復元」をお試しください。復元したいiCloudのバックアップファイルを選択。それからはiTunesから復元するのと同じ、プレビュー画面が出て、ファイルを選択して復元を開始します。

iCloudからデータを見る

補足
FonePaw iPhoneデータ復元」は、iPhone・iPad・iPodなどの全てのiOSデバイスに対応しています。そのため、iPhoneだけではなく、全てのiOSデバイスのリカバリーモードを解除することがきます。iPhoneについては、新しいiPhone 6/6 Plus/5sから旧型の4/3 GSまで全部対応しています。

また、どんな状況でも対応できるように、大切なデータにはバックアップを取りましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3846   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ