X
年始年末セール

iOS 8以前のバージョンは「ゴミ箱」の概念がないため、撮影した写真と動画を削除すると、バックアップからしか復元できません。幸いなことに、iOS 8以降のバージョンが「ゴミ箱」らしきな機能が付け加えました。お使いのiOS 8にアップグレートしたiPhone/iPad/iPod touchで「写真」アプリを起動したら、アルバムのところで「最近削除した項目」というアルバムがあります。そこから30日間で削除された写真や動画を復元することが可能です。

もし復元したい写真や動画が1ヶ月前で削除された場合またはお使いのデバイスはiOS 8以前のバージョンならば、データの復活が不可能でしょうか。日本ソフトウェア技術の進歩に伴い、iPhone/iPad/iPod touchのデータ復元に対応する「FonePaw iPhoneデータ復元」が開発されました。三つの復元モードが搭載されていて、ここで一つの復元モード「iCloudバックアップファイルリカバリー」の使用方法を紹介します。


Windows Version DownloadMac Version Download

iCloudバックアップから写真を見る・復元する方法


ステップ1.iCloudでバックアップを作成したことがありましたら、「iCloudバックアップファイルリカバリー」モードが利用できます。「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動したら、モード3を選択します。以下の画像のように、Apple IDとパスワードを入力してください。プライバシーを保護するため、アカウント情報は記録しません。

iCloudから写真を復元

ステップ2.アカウントをサインインしたら、全てのiCloudバックアップが表示されます。「ダウンロード」をワンクリックします。もし一部のデータだけを復元しようとすれば、時間を省くため、選択的にデータをダウンロードすることも可能です。

iCloudから写真をダウンロード

ステップ3.iPhone/iPad/iPod touchのiCloudバックアップから写真を確認した後、「復元」ボタンをワンクリックすれば、失われたiCloud写真を復元できます。

iCloudからiOSデバイスの写真を復元

この方法を使えば、写真ばかりでなく、iPhone/iPad/iPod touchの連絡先やメッセージや動画やメモなどデータも抽出・復元することができるようになります。是非FonePaw iPhoneデータ復元を試してください。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   5463   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾