PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

「iForgot」の意味というと、Apple IDやそのパスワードを忘れてしまう時に利用される機能なのです。Appleサイト内の「iForgot」を利用すれば、Apple IDのアカウントがロックされた時にはそのロックを解除して、Apple IDのパスワードをリセットすることができますので、Apple IDのパスワードを忘れた時の再設定には役に立ちます。


Apple IDやパスワードを忘れたユーザーのために、ここでは「iForgot」の使い方を解説しながら、Apple IDのロックを解除できるほかのやり方についても紹介します。

一、Apple公式サイトの「iForgot」機能でApple IDロックを解除する

Apple IDやそのパスワードを忘れて、或いはApple IDがロックされた時、とりあえず「iForgot」に入ってください。最初にはApple IDの入力を要求されます。Apple IDを覚えているなら直接入力してください。そしてApple IDに使用している電話番号も入力する必要があります。

サインインできませんか

もしApple IDを忘れたら、「こちらで検索できます」をクリックして、Apple IDに関連した名前とメールアドレスを入力して、Apple IDを検索してみてください。

こちらで検索できます

Apple IDの情報を確認した後、次はパスワードです。詳細な操作手順は端末に表示されている通知を参考にしてください。

もしApple IDがサインインしているiOS端末にはアクセスできないと、お使いの新しいiOS端末やMacやほかの人のiOS端末でApple IDのパスワードをリセットすることができます。

注意:もしご利用のAppleデバイスにアクセスできないなら、パスワードをリセットするためにはいくつかの情報で本人確認を行う必要があるため、大変時間がかかります。

デバイスにアクセスできない

次のステップはご利用の端末によって異なります。「iForgot」ページでもその操作手順を解説しますが、具体的にはデバイス画面上の手順に従う必要があります。

操作手順 解説

Apple IDのパスワードをリセットするには、一般的には「ご登録メールアドレスの認証」・「セキュリティ質問に答える」・「2 ファクタ認証」という三つの方法を選択して利用します。Apple IDがロックされている時、この三つの方法でパスワードを再設定すると、パスワードがリセットされて、Apple IDロックも解除されます。

もし「iForgot」では問題を解決できない、或い「iForgot」でパスワードをリセットするのがあまりにも面倒くさいと考えているなら、ほかの方法を試しましょう。

二、ほかの方法でApple IDロックを解除する

Apple公式サイト内の「iForgot」ページでパスワードのリセットやApple IDの検索などをやりたくない時、専門的なロック解除ソフトで直接元のApple IDをiPhoneから消去し、そして新たなApple IDでiPhoneにサインインしてはどうでしょうか。ソフト「FonePaw iPhoneロック解除」はこのApple ID消去機能が搭載していますので、興味があればぜひ試してください。

Windows Version DownloadWindows Version Download

ステップ1、インストールされた「FonePaw iPhoneロック解除」を実行し、三つの機能の中から「Apple ID消去」を押します。そしてApple IDを消去したいiOS端末をPCと繋ぎます。

起動 ホーム

ステップ2、iPhoneがソフトに検出されたら、iPhone側で「信頼」を押してください。そしてソフト画面での「完了」を押します。

信頼

ステップ3、次にはソフトのApple ID消去機能を利用する前の注意事項を読みます。この機能はiPhoneに関連したApple IDを直接消去できますが、その同時にiPhoneでのすべてのデータも削除されます。そして、この機能を利用するためには最後までiPhoneとパソコンの接続を維持する必要があります。

元のApple IDを消去しようと決めると、「スタート」を押してください。

消去スタート

ステップ4、Apple ID消去の結果はiPhoneのiOSバージョンと設定によって違います。

iPhoneの「iPhoneを探す」がオフになっている場合、Apple ID消去が成功し、端末上のデータも全部消去されます。iPhoneは初期化されて、デバイスが再起動された後には初期設定画面になります。

ロック解除 成功

「iPhoneを探す」がオンになっている場合、iOS 11.4以前のバージョンは同じくApple IDを消去できますが、iOS 11.4以降のバージョンの場合には「デバイスをサポートしません!」がソフト画面に表示されてしまいます。

デバイスをサポートしません

「FonePaw iPhoneロック解除」でApple IDを消去した後の注意事項

このソフトでApple IDを消去したとしても、注意すべきところがあります。

1、これからはiTunesでiPhoneを復元・更新しないでください。
2、これからはiPhoneでの「すべてのコンテンツと設定を消去」機能を使わないでください。

上記の操作は元のApple IDをiOSデバイスに永続的に関連させます。それなら、iPhoneを起動する時にはまだ元のApple IDやパスワードを入力するステップを要求されるかもしれません。その場合、Apple IDやパスワードを何度も間違えて入力してしまうと、再びApple IDロックがかかってしまいますので、ぜひ注意してください。

Windows Version DownloadWindows Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾