ファイルを保存する前にAdobe Illustrator(イラレ)がクラッシュしてしまい、作業中の内容が失われたことがありますか?その問題が発生して、即座にイラレを再起動したが、「最近使用したファイルを開く」の一欄にお目当てのファイルが表示されず、何をすべきかわからない状況に陥いたことがありますか?この記事では、Adobe Illustratorで保存し損ねた・紛失したファイルやデータを復元する3つの方法と、Adobe Illustratorが起動中あるいは保存中にクラッシュした場合の解決策についてご紹介いたします。

関連記事:
Adobe PhotoshopのPSDデータを復元する一番簡単な方法
破損したJPEG(JPG)画像を復元する対策
RAW画像データの復元方法

Adobe Illustrator(イラレ)データを復元ソフトで復元する


イラレの自動保存をオンにしていなかった場合は、FonePawデータ復元などのデータ復元ソフトを試してください。MacやWindows PCを対応する「FonePawデータ復元」を使えば、紛失または削除されたIllustratorファイルを復元することができます。

データ 復旧

Illustratorファイルの復元だけではなく、画像、ビデオ、音声、その他の種類のドキュメントやアーカイブも、「FonePawデータ復元」で復元することができます。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.復元したいファイルの種類とスキャン先となるハードディスクを選択します。
ステップ2.ファイルやデータのスキャンがはじまります。スキャンしたファイルはリストアップされます。
ステップ3 Illustratorファイルの拡張子は「.ai」です。リストアップされたファイルやデータの中で「.ai」ファイルを見つけて、「リカバリー」をクリックして復元します。必要なファイルが見つからない場合は、ディープスキャンを試してください。

イラレ 復元

Adobe Illustrator(イラレ)の自動保存機能でバックアップからファイルを復元


Adobe Illustratorは2015年にリリースしたバージョンから、自動保存機能が付け加えたことにより、保存し損ねたIllustratorファイルの復元がより簡単にできるようになりました。イラレが何か不具合により終了された場合(例えば強制終了あるいはクラッシュなどの場合)、ソフトを再度開くと、前回編集中のファイルが自動的に表示されますので、「ファイル」>「名前を付けて保存」でファイルの名前を変更して保存できます。

自動的に表示されいない時もあります。イラレの自動保存機能がオンにされた場合、自動保存機能によって保存されていたバックアップファイルは通常、Windowsの「C:\Users\\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator[Adobe Illustratorのバージョン]Settings\ja_JP\CrashRecovery」に保存されています。

そのため、イラレがクラッシュした場合、あるいは誤ってIllustratorファイルを上書きしてしまったり、作業中にセーブし忘れてそのままイラレを閉じたりした場合は、以下の手順通りにバックアップファイルからお目当てのIllustratorファイルを復元することもできます。

ステップ1 イラレのデフォルトの自動保存場所(CrashRecoveryフォルダー)に移動します。

イラレ 自動保存 場所

バックアップの場所を変更したことがある場合は、「環境設定」>「ファイル管理・クリップボード」>「データの復元」に移動して、バックアップデータの保存先となるフォルダを確認することができます。

ステップ2 「recovery」などの単語が名前についているファイルを探します。
ステップ3 復元したいファイルを選択し、名前を変更します。
ステップ4 イラレでそのファイルを開きます。
ステップ5 イラレで、「ファイル」>「名前を付けて保存」をクリックします。新しいファイル名を入力してファイルを保存します。

Adobe Illustrator(イラレ)の自動保存機能をオンにするには


Adobe Illustratorを再起動した後に前回編集しているファイルが自動的に開いてない場合は、おそらく自動保存機能をオンにしていない可能性があります。次の手順で自動保存機能をオンにすることができます。

「環境設定」>「ファイル管理・クリップボード」>「データの復元」に移動するか、Ctrl /CMD+Kのショートカットを使用して設定パネルを開きます。

ファイル管理・クリップボード

復帰データを次の間隔で自動保存:チェックボックスにチェックを入れれば、データの自動保存起動がオンになります。
間隔:作業を保存する頻度を設定します。
複雑なドキュメントではデータの復元を無効にする:サイズの大きいファイルや複雑なファイルはワークフローを遅くする可能性があります。チェックボックスにチェックを入れて、大きいファイルのデータ復元機能をオフにすることができます。

Adobe Illustrator(イラレ)が起動中/保存中にクラッシュした場合の解決策


Adobe Illustratorがクラッシュした場合、ワークフローが中断されるだけでなく、編集しているファイルやデータが失われることもあります。以下では、Adobe Illustratorが頻繁にクラッシュするのを防ぐためのヒントをご紹介いたします。

「データの復元」機能を有効にする


Adobe Illustratorで「データ復元」機能を有効にすることが重要です。「データ復元」機能を有効にすれば、編集中のファイルを保存せずにイラレを閉じてしまった場合に、その編集中のファイルやデータを取り戻すことができます。

PCのスペックが低い場合、「複雑なドキュメントではデータの復元を無効にする」オプションをオンにして、自動保存の頻度を低く設定してください。イラレは、編集中のファイル(特に複雑なドキュメント)を頻繁に保存しようとする場合、クラッシュしやすくなります。

診断を実行する


クラッシュの原因がわからない場合は、再起動後にAdobe Illustratorで診断が行われます。

イラレ 診断を実行する

再起動後に表示されるダイアログボックスで「診断を実行」をクリックして、診断を開始します。

Illustratorをセーフモードで開く


前の手順で診断を実行すると、Illustratorはセーフモードで開きます。 セーフモードボックスには、互換性に関する不具合、ドライバーが古い、プラグインの不具合、フォントの破損など、クラッシュの原因になりうる問題が一覧表示されます。

トラブルシューティングのヒントは、特定の項目の解決策を示します。指示に従って問題を修正し、ダイアログボックスの下部にある「再起動時に有効にする」をクリックします。

イラレ セーフモード

注意:Illustratorは、問題が解決するまでセーフモードで動作し続けます。アプリケーションバーの「セーフモード」をクリックすると、「セーフモード」ダイアログボックスが表示されます。

結論として、Illustratorファイルの復元はそう難しくはありません。本記事ではIllustratorファイルを復元する3つの方法を紹介しました。

・Illustratorをもう一度起動して、自動保存がオンにしていれば自動で回復する時があります。
・Illustratorの自動保存のバックアップファイルから復元します。
・「FonePawデータ復元」などのデータ復元ソフトを使用します。

Windows Version DownloadMac Version Download

また、イラレは、クラッシュしたときにセーフモードで実行され、問題を解決する際に役立つ指示が出ます。ただし、最も重要なことは、イラレの自動保存機能を有効にして、データの損失を最小限に抑えることです。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾