PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

誤ったパスワード・パスコードをiPhone・iPadに連続6回以上入力すれば、「iPhone・iPadは使用できません XX分後にやり直してください」が表示されて、続けてパスコードを入力することができなくなります。

画面に表示されたメッセージの通りに、XX分後に正しいパスワード・パスコードを入力すればロックを解除してiPhone・iPadを利用できますが、もしその時にも誤ったパスワードを何度も入力してしまうと、パスワードを間違え過ぎたせいで「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」になります。

そのほか、iOSアップデートが終了してiOS端末が起動する時にも「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」となって突然のエラーで画面ロックが解除できない場合があります。本記事はその時の対処方法について解説します。パスコードを間違え続けるせいで、手元のデバイスは「iPhone/iPadは使用できません」という不具合に陥ってしまう場合に、ぜひ次の対策を参考にしてください。

iPhoneを使用できません

方法1、使用できないiPhone・iPadのパスコードを今すぐ解除

iPhoneのパスコード・ロック解除が失敗してしまった時、専門的なiOSロック解除ソフトFonePaw iPhoneロック解除を利用すれば簡単にiPhone・iPadのパスコードを解除できます。「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」となったデバイスの問題をできるだけ早く解決したいなら、ぜひこのソフトを活用してください。次にはソフトの使用方法について紹介します。

Windows Version DownloadWindows Version Download

注意事項:
1、パスコードの解除によって、iOS端末の中のすべてのデータが削除されます。バックアップを作成した場合にはその後では初期設定画面でバックアップからデータを復旧できます。
2、パスコードが解除されると、端末のバージョンが自動的に最新にアップデートされます。
3、「iPhoneを探す」をオンにしていた場合、iCloudのパスコードを入力してiPhone・iPadを初期化する必要があります。

ステップ1、まずは「FonePaw iPhoneロック解除」をパソコンにダウンロードしてインストールしてください。ソフトがインストールされた後、「FonePaw iPhoneロック解除」を起動して、メイン画面では「パスコード解除」、「Apple ID消去」、「スクリーンタイム」三つの機能が選択できます。

メイン

ステップ2、「パスコード解除」を選び、そして「スタート」を押して、「iPhone/iPadは使用できません」となった端末をパソコンと接続します。

パスワード解除

ステップ3、次には接続した端末の詳細情報を確認します。一般的には端末の詳細がソフトに自動的に検出されますが、それは正しくない場合にはデバイスのカテゴリ・タイプ・モデルを自由に変更できます。デバイスの情報が大丈夫だったら「スタート」を押してください。

情報を確認

ステップ4、これで画面ロック解除するためのファームウェアパッケージがダウンロードされます。ダウンロードが終了した後、「アンロック」を押せば最後の確認画面に入ります。ここで「0000」を入力し、再び「アンロック」を押して、パスコード解除を始めましょう。

アンロック

その後、iPhone/iPadのパスコード解除が開始して、その進捗状況はソフトで確認できます。その間にIPhone・iPadは自動的にリカバリーモードに入ります。もし端末がリカバリーモードにならなくても、ソフトのガイド画面に従ってリカバリーモードにすることが可能です。

注意すべきなのは、これでパスコードの解除が終了されると、画面ロック(パスコード)と伴って、iPhone・iPadのすべてのデータ、そしてTouch IDやFace IDなどの設定も全部消去されます。

iPhoneは使用できません 解除

Windows Version DownloadWindows Version Download

方法2、iTunesで「iPhone/iPadは使用できません」問題を解決

「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」のメッセージの通りに、この不具合が発生する場合にはiPhone・iPadをパソコンに接続して、iTunesでの「iPhone/iPadを復元」機能を通じて端末のパスコード(画面ロック)と保存されたすべてのデータを消去して問題を解決できます。

でも、この復元方法を利用するためには、その前にパソコンでiPhoneとiTunesを同期してバックアップを作成したことが必須条件です。

ステップ1、iPhone・iPadなどのiOS端末をパソコンに接続し、そしてiTunesを起動します。
ステップ2、iTunesに表示されたiPhoneマークを押して、左側の「概要」を選びます。
ステップ3、「iPhoneを復元」/「iPadを復元」を押して復元を始めます。

iTunesのバックアップから復元

ステップ4、これでiOS端末のパスワードとデータが削除されて、端末が初期化されます。その後には復元された端末を新しいiPhone・iPadとして設定することができます。初期設定画面で「iTunesのバックアップから復元」を選択して、iTunesのバックアップからデータを復元されたiPhone・iPadに取り戻しましょう。

Appとデータ

方法3、「iPhoneを探す」機能で「iPhoneは使用できません」を解決

もしiPhone・iPadの「デバイスを探す」機能がオンになっている場合、「iPhoneを消去」機能でiPhone・iPadのデータとパスコードを消去して、「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」問題を解決できます。iTunesに接続できない場合、或いはパソコンがない場合に、端末のパスコード・画面ロックの解除が失敗してしまったら、この方法を試すことをお勧めします。

この方法でiPhoneを初期化した後、消去されたデータはiCloudのバックアップから復元できます。もちろん、その前にはiCloudでバックアップを取っておく必要があります。

操作手順:

ステップ1、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインします。
ステップ2、サインインした後、iCloud画面で「iPhoneを探す」を押して、「全てのデバイス」を選び、その中からパスコードを消去したいデバイスを選択します。
ステップ3、「iPhoneの消去」を押して、デバイスのパスコードを解除します。
ステップ4、これで端末を新しいiPhone・iPadとして設定することができて、初期設定画面で「iCloudバックアップからデータを復元」などを選び、作成したバックアップからデータを復旧できます。

iPhoneの消去

方法4、修復ソフトで「iPhone/iPadは使用できません」エラーを解決


もし上記の方法でも「iPhone/iPadは使用できません iTunesに接続」エラーを解決できなかったら、iOSの異常状況を解決できるソフトFonePaw iOSシステム修復を利用してみてください。

注意:本ソフトを利用してiPhone・iPadの不具合を解決するためにはその中のデータを消去する可能性があります。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1、インストールした「FonePaw iOSシステム修復」を起動してメイン画面の「iOSシステム修復」を選びます。
ステップ2、「iPhone/iPadは使用できません」となったデバイスをパソコンに接続して「スタート」を押して、デバイス問題を修復し始めます。
ステップ3、修復モードの選択画面でモードを選びます。「標準モード」はデバイスのデータを消去しませんが、「高級モード」はデータを削除します。
ステップ4、次にはiPhoneをDFUモードにすることです。DFUモードにした後、ソフトの修復プロセスが続行されます。
ステップ5、次にはデバイスの情報を選択する画面です。接続したiPhone・iPadの詳細情報がソフトに検出されます。表示された情報を確認して「修復」を押してください。
ステップ6、これで修復が始まります。システム修復用のファームウェアパッケージがダウンロードされ、ダウンロードが終了するとデバイス修復が始まります。

iPhone iPad 詳細情報

注意すべきなのは、ダウンロード・修復の時、デバイスとパソコンの接続状態を維持してiOSデバイスを操作しないでください。「修復が完了」が表示された後、iPhone・iPadは使用できるようになるかどうか、確認してみてください。

パスワードを間違えすぎたせいでiPhone/iPadは使用できない問題を防止

上記の方法で「iPhone・iPadは使用できません iTunesに接続」問題を解決した後、再びiPhoneやiPadのパスコードを間違え続けるせいでiOS端末が使用できない状況を防止するためには、次の対処法をお勧めします。

1、パスコードの代わりにTouch ID(指紋認証)やFace IDを使用する
2、iTunes・iCloudなどで定期的にバックアップを作成しておく


パスワードを紛失してしまうと、色々と取り返しができなくなりますので、ぜひご注意ください。

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾