X

iPhoneの「メッセージ」アプリには特別なiMessage機能を搭載しています。連絡相手は同じiOSユーザーである場合にはiMessageを送り、連絡相手はiOSユーザーではない場合にはただのSMSメッセージやメールを送信します。

iPhoneのメッセージ機能はテキストだけではなく、写真や動画、または録音などのメディアデータも簡単に添付ファイルとして送信可能です。相手に送ったメッセージは閲覧されたら、「開封済み」というサインが付けて、既読されたかどうか確認することにはとても便利です。そして、今iMessageは有効期限を設定することもできるようになり、有効期限が過ぎたらそのiMessageは自動的に削除されますので、特別な情報を伝えたい時には役に立ちます。

重要な機能ですので、昔のメッセージはユーザーの人生の細部を記録していたとも言えます。定期的にiTunesやiCloud、または「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」などのツールでバックアップを取っておくことはオススメです。そして、iPhoneのメッセージが紛失してしまった場合、「FonePaw iPhoneデータ復元」で携帯の消したメッセージを取り戻してみることもおすすめします。

「追加説明」なぜ削除されたテキストメッセージを取り戻せるのでしょうか?

では、なぜ「FonePaw iPhoneデータ復元」はiPhoneのメッセージを復元できますか。実は、iPhoneなどのiOSデバイスが自動的にテキストメッセージデータをSQLiteというデータベースに保存します。メッセージが削除されても、ただ「割り当て済み状態」から「割り当てられていない状態」になりますだけで、「削除された元メッセージ」はまだSQLiteに残っています。でも、いつかまた新たなテキストメッセージの受信や送信が発生する時、データベースの入口は塞がってしまい、その中に保存している「割り当てられていない状態の元メッセージ」は「新たなテキストメッセージ」に書き替えられます。

削除されたテキストメッセージを復元

そのため、削除されたテキストメッセージを取り戻す手順を実行する前に、メッセージアプリの使用を一旦中断して、お持ちのデバイスを機内モードにしたほうがいいです。

ご注意:iOS復元専用ツールとして、「FonePaw iPhoneデータ復元」はiPhoneのSMSメッセージ(iMessage)のテキストメッセージ、グループ会話メッセージから、地図情報、写真の名前までのデータを復元できます。復活されたデータは直接iPhoneに復元するのではなく、パソコンに保存することになります。

    iPhoneのメッセージを復元

モード1.iPhone本体からSMSを復元
モード2.iTunesバックアップファイルからSMSを復元
モード3.iCloudバックアップファイルからSMSを復元

Windows Version DownloadMac Version Download

モード1.iPhone本体からSMSを復元


iPhoneのiTunesまたはiCloudのバックアップを取っていなくても、「FonePaw iPhoneデータ復元」を利用すれば、iPhone本体からSMSメッセージを復元することが可能です。

ステップ1.まず、パソコンに「FonePaw iPhoneデータ復元」をインストールしてから、iPhoneをPcに接続してください。繋いだiPhoneは自動的にソフトに分析されます。

iPhoneを分析

ステップ2.iPhoneが認識された後、「スキャン開始」をクリックしてiPhoneのデータをスキャンし始めましょう。データが検出された後、左側の「メッセージ」をクリックすれば、iPhoneに保存したメッセージをチェックできます。

iPhoneメッセージを検出

ステップ3.削除されたが取り戻したいメッセージを見つけたら、それをチェックボックスに入れてから、右下の「復元」ボタンを押して復元しましょう。

iPhoneのSMSを復元

モード2.iTunesバックアップファイルからSMSを復元


iTunesでバックアップを作成しておけば、本モードでバックアップの中身をチェックして、メッセージのみまたは全てのバックアップデータを取り戻すことが可能です。

ステップ1、本モードを使いたいなら、まずiTunesにあるバックアップを確認しましょう。本ソフトを起動して、モード2を選択すれば、全部のiTunesバックアップが表示されます。自分の復元したいバックアップを選んで、「スキャン開始」をクリックしてください。

iTunesファイルからSMSを復旧

ステップ2.「メッセージ」または「添付ファイル」を選択して、データをプレビューして、取り出したいSMSメッセージを選んでください。

iTunesからiPhoneメッセージを検出

ステップ3.「復元」をクリックして、保存先を任意に指定してから、紛失したメッセージを復元します。

iPhoneメッセージを復元

モード3.iCloudバックアップファイルからSMSを復元


ステップ1.「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動して、モード3を選んでから、Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインします。

iCloudからiPhoneのSMSを復旧

ステップ2.これで、全部のiCloudバックアップデータが表示されます。特定のバックアップを復元したいなら、まずは「ダウンロード」を押して、そのバックアップのデータをPcにダウンロードする必要があります。(バックアップをダウンロード中に、インターネットに接続した状態を保ってください。)

iCloudバックアップをダウンロード

ステップ3.左側の「メッセージ」や「添付ファイル」を選んだら、今のバックアップにあるデータをチェックできます。右下の「復元」を押したら指定したメッセージを復元できます。

アイクラウドからアイフォンのSMSを復元


Windows Version DownloadMac Version Download


復元できるiPhoneのSMSメッセージ

一.iPhoneの不具合で消されたメッセージ
iPhoneのiOSアップデート失敗、脱獄、故障やバグなどの不具合によりメッセージが消えた場合、「FonePaw iPhoneデータ復元」の三つの復元モードで削除したメッセージを復元することができます。

二.誤って削除されたメッセージ
容量不足などの原因で、iPhoneにあるメッセージが消されてしまった時、本ソフトでiPhone本体やiTunes・iCloudのバックアップから紛失したメッセージの有無を確認してから、一部またはすべてのメッセージを復元してみることはおすすめです。

三.初期化・リセットで消去されたメッセージ
iPhoneの初期化(リセット)で中身のメッセージが全部消された場合、ソフトでiTunesやiCloudに作成されたバックアップの中身を確認できます、その中に復元したいメッセージを見つけたら、ソフトでそれだけ抽出することが可能です。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3539   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ