拡張子が「.jpg」のJPEG形式は非常によく使われている形式で、その汎用性のために、大切なJPEGファイルを誤って削除したり、紛失したりする場合も時々あります。撮影に関する仕事をしている方や、パソコンで絵を描く方にとって、仕事に関するJPGが破損したり、失ったりすると、深刻な事態になってしまいますね。

もし不正な使い方でJPGファイルを壊した、または間違えて消した場合、一刻も速く破損したJPGを修復することがすすめです。この記事は、ユーザーに「FonePaw データ復元」で破損したJPEGファイルを復元する方法を紹介したいと思います。

関連記事:
エラー「レジストリに対する値が無効です」の解決方法
PDFファイルをJPGやJPEGなどに変換する方法
iPhoneからHEICファイルをパソコンに転送する方法

Windows Version DownloadMac Version Download

一、JPG画像の破損を防ぐには
二、 手軽く破損したJPGファイルを復元する方法

一、JPG画像の破損を防ぐには


JPEG画像が破損するには、いくつかの原因があります。一度破損してしまったら、かならず復元できる保証はどこにもありませんので、日常からやれることをやって、大切なJPEGファイルはできるだけ注意して扱いましょう。

1.USBの接続を丁寧に
使用中のUSBや、カメラを繋がっているパソコンから直接に抜き出すことで、USBに保存したJPEGを破損する恐れもあります。もし「このファイルを開けません」が表示されたりなどの情况ができたら、そのJPGファイルは破損した可能性があります。

このような状況にならないように、普段USB、フラッシュメモリ、SDカードなどをPCやスマホに接続する時、急に接続を切ったりしないでください。USBをPCから取り外す時、かならず操作が全て終えた後で、タスクトレイの「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」ボタンをクリックしてから、USBを取り外してください。

2.大切なJPEG画像をUSBから切り取りで移動しない
ファイルを移動する時、よく「切り取り」→「ペースト」の操作をしますが、もしJPEGがUSBに保存されているなら、できるだけその方法でPCに移動しないでください。もしペーストの最中に接続が切れたら、ファイルがそのまま破損か紛失になってしまいますので、かならずコピーアンドペーストの操作で移動しましょう。

3.大切なJPEG画像はバックアップ
どんなに丁寧に扱っても、HDDやメモリデバイスの損傷は突然起きるものなので、スマホのSDカードやPCのHDDのJPEG画像は、タイミングを見てバックアップしましょう。特にクラウドサービスにアップできれば、なお安心できます。

もしJPEGの画像が既に紛失・破損になってしまったら、次の方法でJPEGを修復しましょう。

二、 手軽く破損したJPGファイルを復元する方法


FonePaw データ復元」はパソコンのハードディスクから削除したJPEGを復元できるだけでなく、不正な使い方で破損したJPGをSDカード、USBメモリからを修復することもできます。ですから、これらの原因でJPGを破損・削除したら、どうぞこのソフトで復元して試しましょう。

1、「FonePaw データ復元」をパソコンにダウンロード・インストールします。

2、削除・破損したJPEGファイルを復元しますので、ホーム画面のリカバリーしたいデータのカテゴリで「画像」にチェックを入れます。該当JPGファイルの保存場所を選定します。そして、「スキャン」をクリックします。

保存場所 スキャン

3、選択した場所はスキャンされています。その過程で、パソコンの動作や読み込みスピードが遅くなる可能性もありますので、この時はパソコンは使わない方がいいと思います。

スキャン中

4、復元するのは削除・壊れたJPEGファイルですから、簡単にプレービューできます。復元したいJPGファイルにチェックを入れます。または左側の「画像」「JPG」を選定して、全部の破損したJPEGを復元しましょう。

画像 選定

5、「リカバリー」を押して、保存先を選定した後、「確認」で壊れたJPGファイルを復元しましょう。

保存先 選定

6、削除したJPEG、または壊れたしたJPGファイルは復元されました。

削除 JPEG 復元

Windows Version DownloadMac Version Download

以上が「FonePaw データ復元」を利用することで、破損・削除したJPGファイルを手軽く復元する方法です。皆さんも一度使って見れば、きっとこのソフトの強力に驚きます。

また、今のスマホは綺麗に写真を撮られますね。撮影に興味があって、常にスマホで写真を撮る方もいると思います。

その中で、iOS11搭載のiPhoneで撮影した動画はJPEGファイルではなく、HEIC(The High Efficiency Image File)の形式です。でも最新の画像ファイルとして、まだWindowsパソコンやAndroidスマホでの交換性は低い状態です。WinとアンドロイドでiOS11の写真を見る場合、HEICをJPEGファイルに変換する必要があります。必要ならこちらの「FonePaw HEIC変換」も試しましょうね。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   3   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾