ここ数年、無料SNSアプリのLINEは色んな人の日常生活に不可欠な社交ツールと呼ばれてきました。もしある日突然、そんな大事なアプリが不具合に遭って消えてしまったら使用者が大変困るのでしょう。だからここで、LINEのアプリが消えた非常時の対応策を皆さんに紹介したいと思います。

おすすめ記事:

LINEの写真をダウンロード・保存する方法
LINEをアップデートする方法とアップデートできない時の解決案
LINEの通話をパソコンで録音する方法

目次
1.LINEアプリ自体が消えた時の復元方法
2.LINEの中ののデータが消えた時の復元方法

また、LINEアプリが消えたせいでデータが失った場合、PCソフト「FonePaw iPhoneデータ復元」でデータを復活する方法をおすすめしています。ソフトは下記ダウンロードボタンからPCに保存できます。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.LINEアプリ自体が消えた時の復元方法


LINEアプリ自体が勝手に消えるのは滅多にないことですが、不運にそんな事に遭っても焦る必要はありません。まず最初からアプリが消える原因を特定してから、それぞれのシチュエーションによって適な対応策を取れば問題がないと思います。

・最初に確認すべきこと


LINEのアプリが消えたら、最初にはアプリのインストール状態を確認すべきです。確認手段も簡単です。Android系のデバイスならばGoogle Play、iPhoneならばApp Storeをアクセスしたらいいです。それからアプリ検索機能で「LINE」を入力して、アプリ情報ページまでたどり着いたらインストール状態の確認ができます。

簡単に言うと、インストール済み状態のLINEアプリがデバイスに存在すると、「開く」というボタンがアプリストアに備えています。それをタップして、LINEアプリを開けるかどうかを確認してください。

LINE アプリストア

・LINEアプリが消える原因と対策


アプリストアのインストールページでLINEのインストール状況確認したら、場合によってアプりが消えた原因を考えられます。もしインストールされていない場合ならば、再インストールしてLINEのアプリを復元すれば問題を解決できると思うが、インストール済みなのにアプリが消えた場合は以下の原因が考えられます。なぜLINEのアプリが消えるのかを分かってから、その対策を試してみましょう。

1.ランチャーの不具合

普通、ランチャーには携帯メーカーから用意された標準ランチャーとサードパーティー製ランチャーの区別があります。前者の使い勝手がよくないと思ってから後者に移したが、元のアプリをトレイからデスクトップ画面にもう一度設定しないと、メイン画面で探したいアプリが見つけられないかもしれません。この場合では、トレイ領域からLINEアプリを見つけて、もう一度メイン画面へ追加すれば問題を解決できます。

LINE メイン画面から消えた

2.LINEがアップデート中

アプリの自動更新を設定した方ならば、偶には自動更新によってLINEアプリが不可用になって、更に消えてしまうことがあります。そういうことに遭わない為、予め設定の「アプリの自動更新」「自動更新しない」に設定する方がおすすめです。

アプリ 自動更新

3.誤操作によってショートカットアイコンが削除された

サードパーティー製のランチャーを使わなくても、うっかりしてメイン画面からLINEのショートカットを削除することもないとは言えません。極めて少ない状況ですが、ここは一応原因のリストに入ろうと思います。もし本当にそんなことだったら、簡単にアプリ一覧画面、即ちトレイからアプリを改めてメイン画面へ追加すればいいです。一番目の手順と同じ、簡単に対応できる状況だと思います。

LINEのアプリの中のデータが消えた時の復元方法


LINEのアプリ本体ではなく、トーク履歴等のデータのみが消えた時には、アプリのバックアップ復元からデータを取り戻すことが可能です。バックアップのない場合では、サードパーティー製復元ソフトによって直接にデバイス本体からデータを復旧してみましょう。iPhoneのユーザならば、本記事で紹介された「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って、LINEの消えたデータを復元することを試してください。

1.ダウンロードボタンから、「FonePaw iPhoneデータ復元」の最新バーションを入手できます。ソフトを起動して、LINEのトーク履歴が消えたiPhoneをパソコンと繋がってください。iPhoneのデータを処理する権限を得る為に、iPhone側出た「このパソコンを信頼しますか?」のポップアップで「信頼」のボタンをタップしてください。次には「iOSデバイスから復元」機能タブの「スキャン開始」を押して進みましょう。

PCを信頼

2.データの量によって、スキャンにかかる時間も異なっています。ここでは気長くお待ちください。スキャン完了後、例示の画像のようにデバイスに残っているLINEのトーク履歴を直にプレビューことができます。注意すべきのはデバイスの状況によって、データが上書きされたからスキャンしても必ずや検出できるとは言えません。故にLINEのデータが失ったらすぐにiPhoneの使用を止めて、ソフトでデータをスキャンする方が一番成功率高くておすすめです。

LINE トーク プレビュー

3.トーク履歴だけではなく、LINEの画像データが紛失された時も「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って失った画像を検出して復元することが可能です。もし特定なファイル名でとある画像ファイルを検出したいならば、右上の検索ボックスを使ってみてください。

LINE 画像 プレビュー

4.復元したいLINEデータ(トーク履歴や画像ファイルを含め)を選んで、「復元」ボタンを押せば、保存先を決めるウインドウが出てきます。そこでストレージの残量が多いドライブを選んでからLINEのデータをパソコンに復元してください。

LINE 復元 確認

以上では、LINEのバックアップなしで直にデバイスから消えたデータを復元する手順の紹介でした。一方、LINEのバックアップではなく、iTunes/iCloudでバックアップしたことがある場合、このソフトによってバックアップファイルからLINEに関するデータだけをパソコンに復元することも可能です。「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」と「iCloudバックアップファイルから復元」機能を使ってみてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

もし事前にトーク履歴のバックアップが行ったことがあるならば、同一アカウントでLINEにサインインするとデータを引き継くことが可能です。関連記事でiPhoneのみでLINEデータを復旧する方法を参考してください。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾